2019.6.9
 
今年も巨大なイベントに参加してきました。「Mt.富士ヒルクライム」、1万人参加規模のレースは日本最大・・・と思う口笛
 
コースプロフィールは距離24km、獲得標高1255m。
https://www.fujihc.jp/ より引用。
 
まずは前日に受付を済ませ、今回からヘルメットサポートを受ける InterMax社の出店ブースへ。
 
MET社のRIVALE HES を試着させて頂き、Mサイズを受け取りました。白と紺と赤の組み合わせがカッコいいです。
ヒルクライムレースに使うかどうかは計量してから決めようと思っていたのですが、とりあえずカッコいいので今回は使用する事にしました爆笑
 
さて、レース当日。あいにくの雨ショボーンでしたが、小雨なのでDNSは無し。
 
しかし、ここでトラブル発生。駐車場渋滞が凄くて、荷物預けの締め切り時間ギリギリに到着。
 
という訳で今回はwarming up出来ず。GROWTAC社さん、すいません。綺麗なまま自宅に持ち帰りショボーン。でもこんなにコンパクトに纏まるのもGT-Roller M1.1の魅力ですウインク
 
そんなこんなでレーススタート。今回は自転車友達のイケさん、パンダさん、橋口さんと一緒のスタートです。だからといってトレインを組むでもなく、各々のペースで登ります。
 
まずはいつもの様に230〜250wattで一定ペースで登る。序盤は脚の合う人が居なくて一人旅、隙間を縫って走るのが勿体ない。やっぱりというか意外というか、10km走ったところでかなり脚にきてました。
 
これを見れば一目瞭然。up無い為、心拍上がるのに30分もかかっている。逆に言えば30分も無酸素運動していた様なものなので、疲れて当然えーん。upの重要性が身に沁みましたが、最近辛くても脚を止めない根性だけ覚えたのでここからはひたすら我慢のペダリング。
22km地点までは何とか230wをkeepし、いざ平坦ステージに。ここまで我慢した甲斐があり、脚が残っていた為速いトレインを待って便乗させて頂きます。max 41.1km/hで最後の登りに突入しもがいてゴール爆笑
 

2年前より56秒短縮の1時間13分58秒。天候悪く、up無しではあるものの、今一つの結果か・・・ショボーン。それでもPB更新、総合順位 628/6964 と上位1割には入れました。

 

 

5合目は濡れた体には寒く震えながら更衣室で着替えをしていると、何と今中大介さんがやってきました。気軽に話しかけて頂けて、写真も撮らせて頂いて、とても爽やかな方でした照れ
 
大勢の人達と走れるこの大会は、やっぱり楽しいですね。また、頑張りますウインク
 
supported by
HERMET MET RIVALE HES (InterMax)
TRAINER GT-Roller M1.1 (GROWTAC)