便秘 | Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

現役自然療法医師だけが知っている!本物の自然療法の専門知識をくわしく公開。
ロサンゼルスから自然療法、栄養情報、ハーブ、ホメオパシーなど新聞に掲載している記事のアップもしています。


テーマ:
胃腸の疾患で最も多いのは便秘です。最低一日1回の便通がないと、腸内では悪性の菌が繁殖します。そしてこれらの菌は様々な毒素を排出します。ですから排便が起きるまで腸内から毒素が排出され続けます。これらの毒素は体内を回りアレルギー、免疫疾患、偏頭痛、生理不順、ガン、腸炎などの様々な慢性病の原因になると考えらています。ですから自然療法では全ての健康は胃腸から始まり、便秘の改善は最重要課題としています。

便秘は主に2つのタイプに分けることができます。
まずは無気力タイプの便秘。これは大腸の動きが遅く、排便がなかなか起こらないタイプの便秘です。もう一つは痙攣性タイプの便秘。このタイプは大腸の筋肉が慢性的に緊張し、排便が妨げられてしまいます。

痙攣性タイプの便秘は神経の働きや精神的な要素によるものが多くあります。
一方無気力タイプの便秘は食事の欧米化による食物繊維の不足と糖分の過剰摂取が主な原因です。この他、座りっぱなしの生活、運動不足、水分不足、食物アレルギー、食品過敏症、妊娠、加齢も無気力タイプの原因となります。

便秘の改善にはまず何より野菜やフルーツを沢山食べて食物繊維の摂取を増やしてください。食物繊維は便の量を増やすことで腸を刺激して排便を促します。食物繊維を十分に摂っているかの目安は便が水に浮くかどうかです。食物繊維は腸内の細菌により発酵されガスを発生します。ですから食物繊維を多く含む便はガスを幾分か含み、水に浮くようになります。(ただし、例外として胆石を取除いてしまったりして油を消化できない方の便も水に浮かびます。)白米を玄米に、白パンを全粒粉のパンに代えることでも食物繊維の摂取を増やせます。

食事の内容を直ぐに代えることができない方には食物繊維のサプリメントをおススメします。オオバコのパウダーが無気力タイプの便秘には最も信頼できます。ただしオオバコは痙攣性の便秘の方が使うと症状が悪化しますので注意してください。

次に水分補給ですが平均して一日あたりグラスで8杯と言われていますが、1時間半に一回トイレに行く程度の水分補給が目安となります。水分が不足しますと便は硬くなり、ボリュームも少なくなり、排便をするのにより力まないといけなくなります。

運動不足や椅子に座りがちな生活スタイルは腸の動きをより一層停滞させてしまいますので、毎日最低30分は歩くようにしてください。

以上のことを試しても便通が毎日無い方にはプロバイオティックマグネシウムのサプリメントを試してください。プロバイオティックは乳酸菌などの善玉菌で腸内の細菌環境を整えてくれます。腸内の細菌環境を整えると胃腸の動きがスムーズになり便の通りがよくなります。マグネシウムは大腸内の水分量を増やし便を柔らかくします。またマグネシウムは筋肉の緊張を解きほぐす役割もあるので痙攣性の便秘にも効果的です。

生薬では苦味成分のゲンチアナ、ニガヨモギが胃腸全体を刺激し弱った大腸の働きをサポートしてくれます。

あまりにも頑固な無気力型の便秘には生薬の大黄、センナが有効ですが、これらの生薬は10日間以上使うと大腸の筋肉がバカになりこれらの生薬なしには便が出なくなってしまいますので、最後の手段として使ってください。大黄、センナは痙攣性の便秘にも使用できません。

痙攣性の便秘には温水を使った浣腸、直接お腹を温める(温灸、カイロなど)、手技の治療方法のヴィセラルマニピュレーション、クレニオセイクロ療法、バイオフィードバック、精神の働きを落ち着かせる生薬のホップ、バレリアン(セイヨウカノコソウ)、痙攣を抑えるセントジョーンスワート、ラベンダーなどを組み合わせると有効です。

薬、甲状腺低下症、大腸がんなども便秘の原因となりますので、便秘が長く続く時には医師の診断を受けるようにしてください。








にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へ
にほんブログ村

Dr.Oz 自然療法専門医さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ