フォスホチジルコリンと必須脂肪酸 | Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

現役自然療法医師だけが知っている!本物の自然療法の専門知識をくわしく公開。
ロサンゼルスから自然療法、栄養情報、ハーブ、ホメオパシーなど新聞に掲載している記事のアップもしています。


テーマ:

先日久しぶりに収穫の大きなセミナーに行ってまいりました。その概要を報告したいと思いますが、専門的な言葉と、説明が長くなりますので、まず簡単にまとめます。

 

 

●フォスホチジルコリンと必須アミノ酸を使用した神経障害への治療。

 

●今まで治療法がほぼ無いに等しかった自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー、ALS、多発性硬化症(MS)、またADD,ADHD(注意欠陥障害、多動注意欠陥障害)に劇的な改善が期待される治療法です。

 

●ライム病、線維筋痛症、慢性疲労、重金属毒性、慢性カビ毒性、ウィルス感染症の治療にも有効。

 

●セミナーを行ったのはリン脂質と必須脂肪酸の研究と治療を行っているドクターケーン夫妻。

 

●レシチンとフォスホチジルコリンには大きな違いがあり、レシチンは治療効果がない。

 

●リポソームといった球状構造のフォスホチジルコリンでないと意味がない。

 

●必須脂肪酸オメガ6、オメガ3はバランスが重要で4:1の比率が最も重要です。

 

●自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー、ALS、多発性硬化症(MS)、またADD,ADHD(注意欠陥障害、多動注意欠陥障害)は環境によるもので環境を改善することで治癒できる。

 

フォスホチジルコリン あまり聞きなれない名前だと思いますがすべての細胞にとって非常に重要な働きがあります。

 

人間のすべての細胞は細胞膜で覆われています。

 

細胞膜は4つのリン脂質

フォスホチジルコリン

フォスホチジルエタノラミン

フォスホチジルセリン

フォスホチジルイノシトール

から構成されています。

 

細胞膜というのは例えるなら細胞を包み囲む皮膚のようなものです。

 

細胞はDNAに傷がついたとしても活動を続けることができますが、細胞膜へのダメージは細胞の壊死を意味します。

 

ですから細胞膜は生命活動を続ける上で非常に重要な存在です。


この細胞膜には巨大なたんぱく質のチャンネルや受容器が埋め込まれ、信号を送ったり、受け取ったりして他の細胞とコミュニケーションをしたり、神経信号を送ったりしています。

 

リン脂質の細胞膜は全ての神経信号を管理しています。

 

例えると目の網膜では1億個の光を受け取る細胞があります。そしてそれぞれの細胞が1億4千万個ものレシーバーを細胞膜上に備え付けています。

 

そして受け取った光の粒子を脳へ信号として送信します。

 

このリン脂質の細胞膜にダメージがあると物は見えなくなります。

 

また、細胞内にあるミトコンドリアにもこのリン脂質の細胞膜が存在しています。

ミトコンドリアはこのリン脂質の細胞膜により内外に電位の差を作り出しています。

 

そしてこの電位の差により生命活動に必要な全てのエネルギーを作り出しています。

 

リン脂質の構造には頭と足があります。

 

頭の部分は水によく解ける親水基と呼ばれ足の部分は油に溶ける疎水基と呼ばれます。

Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。-リン脂質

細胞膜ではこのリン脂質の足と足が内向きに向き合い、頭の部分がそれぞれ細胞の外側と内側を向く二重構造をとっています。

 

この細胞膜の厚みはわずか3ナノメートル、この3ナノメートルが細胞を外界から守っています。

 

リン脂質の足は2つあります。そのほとんどが必須脂肪酸からできています。

 

必須とは自分の体で作り出すことができない食品から摂取しないといけないという意味です。オメガ6オメガ3と呼ばれるのが必須脂肪酸です。

 

 

このオメガ6とオメガ3のバランスが細胞膜の安定にとって重要となります。最もバランスの取れた比率がオメガ6が4に対してオメガ3が1という4:1の比率だと言われています。

 

4つのリン脂質のうち最も重要なのがフォスホチジルコリンです。

 

細胞膜の50%以上をフォスホチジルコリンで構成しています。

 

フォスホチジルコリンの研究は世界で3万件以上もの研究発表があり、これら全てに目を通すのは不可能ですがフォスホチジルコリンへの注目の大きさがよくわかります。

 

 

その中でも興味深い研究にフォスホチジルコリンと細胞の死との関連です。

 

それによるとフォスホチジルコリンは生化学的バランスの壊れた細胞の活動を正常化に戻し細胞の壊死またはアポトーシスを予防できるというものです。

 

(分かりづらい表現で申し訳ありませんが、生化学的バランスの壊れた細胞によって引き起こされる病気の代表に自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー、ALS、多発性硬化症(MS)などがあります。そしてそれらの病気を正常に戻すことができる可能性が高いということです。)

 

多くの研究でフォスホチジルコリンの変性は細胞の壊死を引き起こし、フォスホチジルコリンの再生が細胞の活動を正常化にするということが分かってきています。

 

フォスホチジルコリンは全ての細胞膜とミトコンドリアの膜を構成していることから様々な治療に使用できる可能性があります。

 

元々フォスホチジルコリンの医学的使用は旧東ヨーロッパ共産諸国で盛んに行われていましたが、西欧諸国では関心がもたれませんでした、その原因は自然物質には特許が与えられないことから莫大な資金が必要な薬としての開発はどの製薬会社も行われなかったからです。

 

現在フォスホチジルコリンは大豆レシチンと同義語として使われていますが、残念ながらレシチンとフォスホチジルコリンは別物です。

 

レシチンは確かにフォスホチジルコリンを含んできますが、その最大の違いは分子構造にあります。

 

レシチンは油を含んでいるため絶対にリポソームまたはミセル構造を作り出すことができません。

 

リポソーム構造

 

レシチンをサプリメントから摂ると、消化酵素により分解され、親水基の部分と疎水基の必須脂肪酸部分は引き剥がされてしまいます。

 

そして別々に吸収されていきます。別々に吸収された疎水基と親水基の再結合は残念ながら、不可能に近くレシチンには治療効果が望めません。アメリカで販売されているフォスホチジルコリンの99%が残念ながらレシチンです。

 

フォスホチジルコリンだけを取り出すには非常に労力が要りその分価格に反映してしまいます。

 

しかし純粋なフォスホチジルコリンは存在します。

 

レシチンより油を全て取り除くことでフォスホチジルコリンは球状のミセルもしくはリポソームの構造を作り出します。

 

このリポソーム構造は細胞膜と完全に同じ構造をしています。このリポソーム状のフォスホチジルコリンは胃腸で分解されること無く、吸収され、新しい細胞膜となります。

 

興味深いのはこのリポソームの球状構造です。

 

リポソームは内側に空間があります。自分自身の吸収だけでなく、この内部空間に他の栄養素を取り込むことで他の栄養素の吸収率を格段に上げることができます。

 

また細胞内へ栄養素を運搬することができます。実際、製薬会社の多くはこのリポソームの特性に注目し、薬の吸収率をリポソームを使うことで上昇させています。

 

ですから重要なのはフォスホチジルコリンがリポソーム球状を取っているかどうかです。

 

いくらレシチンがフォスホチジルコリンを多く含んでいても、消化酵素で分解されてしまいますので臨床結果はでません。

 

多くの研究でレシチンをフォスホチジルコリンの代用として使った研究では効果が一切でていません。

 

それだけでなく大量にレシチンを摂取すると健康を害する例も報告されています。

 

リポソーム型のフォスホチジルコリンの生産は世界でドイツが最も優れた技術を持っています。

 

静脈注射の製品は唯一ドイツのみで作られています。

 

 

アメリカでほ2社のみが経口用のリポソーム型フォスホチジルコリン生産しています。

 

 

ドクターケーン夫妻はこのフォスホチジルコリンと必須脂肪酸に注目し独自の治療法を開発してきました。

 

彼らの実証してきたケースによれば自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー、ALS、多発性硬化症(MS)、またADD,ADHD(注意欠陥障害、多動注意欠陥障害)などの神経障害は神経細胞の細胞膜へのダメージもしくは炎症により引き起こされ、ダメージを受けた細胞膜をフォスホチジルコリンを使って再生することで難病とされてきた病気を改善に期待が持てるというものです。

 

彼らは神経病患者の細胞膜を電子顕微鏡を使い治療前、治療後の映像を撮影しました。

 

症状の改善したケースでは細胞膜のダメージが治癒しているのが分かります。

 

非常に興味深いのはこの電子顕微鏡の撮影でダメージを受けた細胞膜には毒性のある有機化学物質、重金属、カビ、ウィルスが付着していることです。

 

ドクターケーン夫妻は

自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー、ALS、多発性硬化症(MS)、またADD,ADHD(注意欠陥障害、多動注意欠陥障害)などの神経障害は環境によるものだと証明しています。

 

また細胞膜に存在する必須脂肪酸の比率もドクターケーン夫妻の治療では重要な要素です。

 

彼らはジョンホプキンス大学病院にある研究機関をつかって細胞膜の必須脂肪酸比率を調べ、神経障害の多くが細胞膜の必須脂肪酸比率を直すこととフォスホチジルコリンを併用することで改善できると立証しています。

 

残念ながら詳しい治療内容はドクターケーン夫妻との機密合意によりブログに書けませんが、彼らの治療は科学的に非常に納得のいくものでその効果にも期待が持てるものでした。

 

 

 

BodyBio社のリポソーム型フォスホチジルコリンは胃腸で分解されること無く、吸収され、細胞膜を修復します。

 

 

液体タイプのリポソーマル型フォスファチジルコリン

 

オメガ3で炎症を軽減

 

 

Dr.Oz 自然療法専門医さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス