Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

現役自然療法医師だけが知っている!本物の自然療法の専門知識をくわしく公開。
ロサンゼルスから自然療法、栄養情報、ハーブ、ホメオパシーなど新聞に掲載している記事のアップもしています。


テーマ:
長年、葉酸( Folic Acid)と葉酸塩(Folate)は区別なく葉酸として表記されてきました、またその違いにもあまり注意がされてきませんでした。日本で販売されている葉酸のサプリメントも葉酸塩と表記されているものはほぼ皆無だと思います。しかし最近の研究では葉酸の血中濃度が高くなると、ある種のガンや認知症の発生率を高まると結論付けています。(葉酸塩では高まりませんので安心してください。)

葉酸( Folic Acid)と葉酸塩(Folate)では何が違うかと言うと、葉酸( Folic Acid)は天然には存在しない研究室で合成された薬もしくはサプリメントであるのに対して、葉酸塩(Folate)は食品に存在する天然のビタミンBだということです。人間が自然に手を加えるとおかしなことがここでも起きるようです。ただし、葉酸( Folic Acid)が普通の人にとって悪者と言うわけではありません。

少し詳しく説明しますと、人間は葉酸( Folic Acid)そのものを体内で使うことができません。葉酸( Folic Acid)は肝臓内で生理活性の高いメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換されないと体内で利用されません。この変換にはいくつかのステップを踏まないといけません。そして酵素、肝臓、小腸の健全な機能。また十分なビタミンB2,B3,B6、ビタミンC,セリンが必要です。肝臓内で葉酸( Folic Acid)がメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換されると、一度小腸に分泌されます。そして再度、小腸から吸収され体中へと行き渡ります。

ですから、酵素欠陥、吸収障害、消化不良、肝臓病、栄養不足は葉酸( Folic Acid)をメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換するのが難しくなります。特にメチル化テトラヒドロ葉酸塩還元酵素という長い名前の酵素が欠損していると完全に変換がきなくなります。実は、人口の5%がこの酵素の欠損を持っていると言われています。また他の症状にもいえますが、老化によっても葉酸( Folic Acid)のメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換効率が低下します。老化により葉酸( Folic Acid)をメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換できなくなり認知症が多くなるのは理にかなっているよです。

この問題を解決するには食品から葉酸塩(Folate)を摂取するか、生理活性の高いメチル葉酸塩(Methyl Folate)のサプリメントを摂ることで解決できます。

このメチル葉酸塩(Methyl Folate)は最近急に医学会でも注目を浴びています。高用量のメチル葉酸塩(Methyl Folate)は心臓病の危険因子の一つであるホモシスチンを減らすだけでなく、様々な神経精神障害に有効と言う研究がでてきています。一例をあげると認知症、統合障害、不眠、イライラ、健忘症、鬱、精神病、末端神経症、脊髄障害、足ムズムズ症などに有効であるという研究結果がでていますが、研究で使用された一日あたりメチル葉酸塩(Methyl Folate)の摂取量は15-50mg、ホモシスチンの改善には5mgと通常の食事からではほぼ不可能な量です。また日本では生理活性の高いメチル葉酸塩(Methyl Folate)の販売自体が行われていないようです。

このほか葉酸塩(Folate)は妊娠中に特に必要なビタミンとして知られています。妊娠を計画中の全ての女性は800mcg摂取するよう厚生労働省から勧告されています。

葉酸についての詳しい働きなどは☆過去記事を参照してください。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Dr.Oz 自然療法専門医さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。