コロナ鬱 in 理髪店 | 乳腺専門医かつ形成外科専門医・Dr.松の乳房再建
新型コロナウイルスに関する情報について

乳腺専門医かつ形成外科専門医・Dr.松の乳房再建

乳腺専門医と形成外科専門医のダブルライセンスで
診断~乳がん手術~乳房再建~術後管理まですべての過程を行います。

My Official Homepageはこちら・・・ http://doctor-matsu.com/
(京都駅前) 康生会 武田病院 乳腺外科・形成外科 松谷崇弘

いつまで続くんでしょうか、なんか疲れてきましたね。

コロナ鬱っていう言葉があるようですが、ホント欝っぽくなります。
 
もし自分がコロナにかかってしまったら、周りにはうつしたくない。
もちろん自分もかかりたくはない。
そんな気持ちで必要以上に気を使って生活してきましたが・・・
しかし、感染症に対する心構えは、人それぞれで、かなり温度差があります。
 
マスクがないのなら仕方ないですが、マスクせずに咳をする人(私ならマスク作るぞ)
それをすごく気にする人(もちろん私はこちら側)
そんな環境でも、あまり気にしない人
自粛を求めても、出かけてしまう人・・・ もいるぐらいですもんね
 
予防に努めても、温度差がある限り、どこかで広がります。
 
感染症は、必ず感染源があり、その感染源を封じ込めば克服できます。
しかし、色々な事情があり封じ込めが難しい。
 
今日、意を決して理髪店に行ってきました。
職場で、かなり髪が伸びてるねって、みんなに言われるまで我慢していました。
 
1件目の理髪店は、受付の女性も理容師さんもマスクをしていません。
この時点で、雰囲気を読めばよかった。
 
私がマスクをした状態で髪を切ってもらえますか?と質問したところ
(はぁ?) 皆さんマスクを外してもらってます!
理髪の出来は気にしませんのでマスクしていいですか?って再度聞いたら
この人(私)、ホント大丈夫?っていう雰囲気になってしまいました。
せめて理容師さん、マスクしようよ。
 
そして2件目の理髪店
マスクしてても、理髪はしぶしぶ OK(汗)
しかし、理容師さんに、(すごく控え目に)貴方はマスクしないのですか?と質問したら
機嫌悪そうに、マスクしてるスタッフに代わりますね!って言われる始末
あ、それならマスクしますね、っていう発想にならないんですか?
 
もし私が感染源なら、理容師さんにうつっちゃうでしょうし、数日後、臨時休業しないといけなくなるかもって心配にならないんですね。
 
とある 『世』『私』との間に、かなりの温度差があることを今更ながら自覚しました。
そして、私が神経質過ぎると思われる とある 『世』がある限り、感染源を絶つのは、かなり難しいと感じました。
 
言いたい事は山ほどあるけど、ワクチンや治療薬ができるまで忍ぶしかないのでしょうか。
当分、コロナ欝は続きそうです。