今日は局所麻酔で乳がん手術→そして当日退院 | 乳腺専門医かつ形成外科専門医・Dr.松の乳房再建

乳腺専門医かつ形成外科専門医・Dr.松の乳房再建

乳腺専門医と形成外科専門医のダブルライセンスで
診断~乳がん手術~乳房再建~術後管理まですべての過程を行います。

My Official Homepageはこちら・・・ http://doctor-matsu.com/
(京都駅前) 康生会 武田病院 乳腺外科・形成外科 松谷崇弘


テーマ:

なぜか日本では、乳がんの手術 ≒ 全身麻酔 という構図になってます。

欧米では、日帰りが一般的なのにね。

 

手術って、なんかたいそうなイメージを抱かれる方が多いですが、皮下に存在する乳腺にできた腫瘍を摘出するだけです。

 

局所麻酔をうまく使えば、乳房部分切除だって、乳房切除だってできちゃいます。

もちろんセンチネルリンパ節生検だって問題ありません。

この前、心臓の手術を局所麻酔下でやったニュースがあったっけ。

 

局所麻酔下に手術ができたのなら、オペ室から病棟へは歩いて帰れます。

今日もそうして頂きました。

そして術後、お部屋で退屈だとおっしゃるので売店に一人で行ってもらいました。

 

今回、なぜ、あえて局所麻酔下にやったって?

 

それは、今日の患者さんは看護師さん、そしてご本人の強い希望です。

 

局所麻酔下でも安全に手術できるはずだとおっしゃるので、ご要望にお答えしました。

せっかくだから、手術中に鏡で術野を見てもらいながら、とった組織を触ってもらいながら、そしておしゃべりしながら、手術が終わりました。

多くの方は、ここまで求めてこられないけどね。

 

術後は全然痛くないそうです。

先ほど、笑顔で退院されました。

明後日から仕事するそうです。

もう日帰りで手術をやっていく時代になると思います。

Dr.松さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス