私は洗剤の研究をしています。

洗剤を作るために有効な成分を組成していくのですが、

成分を0.1%入れるだけで洗剤自体がものすごく良くなることがあります。

その成分を入れるか入れないかで洗剤の完成度が全く違います。

 

その逆も当然あります。

 

入れるか、入れないか。

 

早くキレイに取れる成分だけど、

人や環境に影響を及ぼす可能性のある物質は入れない。

少しでも良くなるものは入れる。

そんな感じで地球と相談しながら作るようにしています。

 

やるか、やらないか。

人や環境を傷つけるような行為はやらない。

自分が出来ることでみんながハッピーになるようなことはやる。

 

自分が当たり前のようにやっていることは、

他人から見ると、当たり前ではないことがある。

楽しいことを突き詰めると、

その分野でプロになるから、その分野について

やっていない人からすると、

とても輝いてみえると思う。

 

役割があると思っている。

私は米を作るのが得意です。

私は野菜を作るのが得意です。

私は狩りが得意です。

 

 

お肉ください。狩りをしてくれるあなたがいるから、

いつも美味しいお肉もらってありがとうね。

 

米をください。あなたが米を作ってくれるおかげで

いつも美味しいご飯が食べれます。ありがとうね。

 

こんな感じで人には役割があって、そのように生きてきたのです。

 

私、米作るの好きだし、今は自分達の食べれる分だけ作ってるけど、

私の作った米を食べて喜んでくれる人が1人でもいたら、少し多く作って喜んでもらいたいな。

 

それをやるのか、やらないのか。

 

それをやれば、必ず米を食べて喜んでくれる人が現れます。

やらなければ、その人に喜びを与えることはできません。


 

この前もらったお米とても美味しかったわぁ。という評判が町で広がります。

私も欲しいという人が増え、1人喜んでくれたことが100人になりました。


私が作っているお米を

沢山の人に食べてもらいたいという思いが、人を動かし、仲間が10人増え、もっとお米を作ります。

10人が一人当たり100人の人のためにお米を作り、

気がついたら喜んでくれる人が1000人になりました。



 最初は1人に喜んでもらったことが、

この仕組みとしては自乗に増えていくようでした。


愛の自乗です。


結果として1000人がハッピーになったことになりなすが、それをやらないという選択肢はどうなのでしょうか。


お米が食べれなくて飢え死にしそうな人もいるでしょう。その中に自分の大切な存在の人がいたとしても?


原爆を落とすより

愛の雫を落とそう。


その愛は自乗で広がる。


アインシュタイン先生はそのようにおっしゃってます。


水面に愛のワンドロップを!