セレンディピティについて


こうしたいと思ったことを

具体的にしていくと

どっかで行き詰まる。


考えたり、調べたりして

結局一度投げ出してしまう。


アイデアはポンポン出るのに

形になるのはごく僅か。


しかしその投げ出したアイデアは

全て無しにするということではく

心に留めておこう。


そして

自然とまた日々の生活を送り

時は流れていく。


すると

ある日突然その答えが

解けたり、また前に向いて

進める出来事が

向こうからやってくる時がある。


偶然なのか

必然なのか


自分としては

何回かその様な経験が

あったので、


今回の出来事はあの件の

アンサーなのかと

紐付けする癖が出来ていた。

なので分かりやすい。


自分の場合は

自然が教えてくれたり

周りの人から

勧められたりする

ことが多い。


自分が考えも付かなかった

答えを周りの人がさらっと

教えてくれて、


もらった答えを

じっくり考えると

どうやら本当に進むべき

道のようなのだ。


一体どういうことなのかは

よく分からないが、


脳科学的に言うと

意識は自分の中のみに存在するが

無意識の領域は

外界の全てと繋がっているらしい。

脳科学の有名な人が言っているので

真実であろう。


そうなると

先程の心に留めておくと言う行為は

無意識領域であり

それが外界と繋がって

外界がキャッチし

ある日突然、

電話が鳴って

あの時の件、行けそうなので

やって行きませんか?

となるのである。


今日はそう言う日であり

この案件に関しても

無理だろうなと思っていたが、


蓋をあけると

とんとん拍子に進み

また大きな壁にぶち当たったのだが、


その大きな壁こそが

答えだったことには

ある意味衝撃を受けた。


その大きな壁を

やるべきと向こうから

提案してくるなんて。


それは

導きのようであり

そういう流れに

身を任せることが自然であり

タイミングであり

やったことないけど

それを躊躇なく

進めれることが出来るかで

道は変わる。


躊躇があれば

タイミングを逃し

上手く波に乗れないかもしれない。

その波も次はいつ来るかも分からないし

来ないかもしれない。


ここで踏み切るのに

大切なのは

何とかなるという自信と

ワクワク感。

これを個人的な物差しとして。


これさえあれば

タイミングに乗るという

考えになり

事は前に向いて進んで行くだろう。


何とかなる。

そしてまた想像して

そのビジョンをより明確にしていく。


ビジョンが明確になれば

鮮明な未来を想像することができ、


その想像した絵をまた

心に留めて置くのだ。


するとその未来の絵は

無意識の中で外界と繋がり

気付いた時には

それが現実となっていることを

実感するのであろう。


一般社団法人マジ起おそうじビジネス協会