先日、お取引させて頂いている会社様から介護施設の新築クリーニングの施工をして参りました。



マジ起のメンバーと共に楽しみながら作業することができ、無事綺麗に仕上げることができました。


最近感じたこと。

夜遅くまで仕事をしていた日。
周りを見渡せば週末で家族連れや、お友達と笑顔で歩いている風景。

自分はなんで遅くまで仕事をしているのだろうと。そんな時に、友人からクラウドファンディングの話が来て、知り合いがこういうことをしようとして頑張ってるからよかったら支援してみてという内容だった。

友人のお知り合いの人は自然に対して真剣に考えたランドリー用の洗剤を開発して売り出そうとしていた。その販売資金を集める為にクラウドファンディングをしていた。記事を見ると、もう既に目標の金額に達成しており、凄いなと思った。


人生をどういう方向性にもっていくのかは自分で決めることだから、どういう人生が良いとかは無く、それぞれに良い面がある。

僕の場合は、時間を有意義に使いたいから、自分の人生はみんなに何らかの形で貢献できることをやりたいという考えがある。

自分の時間も、家族との時間も大切で必要不可欠だから、そのバランスは保ちながら、自分に出来ることをやりたいと思う。

僕はすぐクラウドファンディングに支援した。

理由としては、同じマインドで真剣に変えていこうとしている姿に心を奪われたからだ。
逆に言うと、真剣に何かに取り組んでいる人の人口が少ないとも言える。

夜の作業物件で携帯で支援ボタンを押し、こういう頑張っている人が居るんだと思い体が軽くなった。

毎日テレビみて、YouTubeみて、ご飯食べて、風呂入って寝る。
惰性で生きて、生きたと言えるのか。

周りが変えるのでは無い。自分が変わって、周りが変わっていくのだと思い、行動あるのみ。