名古屋には緑が少ない。
セントラルパークの木も無くなった。
今はコンクリートとアスファルトで出来ている。
土を踏むことはほとんどない生活。

目を閉じて、耳を傾けると、
工事現場の音と、車の音しか聞こえない。

車の中からボーッと休憩して見る
その風景のほとんどが人工物だということ。

人間は本来自然の中で生きてきた。
人間も自然の一部である。

このまま行き着いた先はどんな光景なのだろうかと想像すると、このまま自然をどんどん失い、
全てが人工的な町になる気がして、ぞっとした。

人間はもっともっとの気持ちで色んな発展を遂げてきた。それは素晴らしいことだし、今の生活に何不自由もなく快適に過ごせれているのも感謝でしかない。でもこれ以上は十分ではないか?と思う。

むしろ、自然に対しての共存が足りないと思う。
車で走っている時に、道の周りは木で生い茂り、鮮やかな鳥たちが空を飛んでいるのを想像したときに、なんて美しい町なのだろうと気分が高揚したことがある。

私は掃除をすることが仕事だから、考えが行き着くと対象物が地球になる。
地球のことを考えて、少しでもキレイに、過ごしやすい地球をと考える。

地球のことを考えると私の頭では到底理解出来ない難しい問題が沢山あるけど、そんな私にでも出来ることは少なからずあると思っている。

人の言っていることも、世の中色んな情報が飛び交っていてどれが真実なのかも分からないけど、単純に考えて、自然の自分として周りを見ると、ちょっと行き過ぎとると思う。

そう思ったのも、ここ最近の話ではない。もう何年も前からそう思っている。でも心のどこかで
自分1人で何ができるか、改善する方法さえも導き出せなかった。結局数年何も変わらずに生きている。

もっともっとという人間の精神、思考は異常に高い。でなければこんなコンクリートジャングルになってない。

それをもっと自然を大切に!!の方向に向けて進んだら、車で走ってても緑を、自然を感じられ
気持ち良い空間になっているだろう。

だから、微力ではあるけど、進めていこうとなった。少しでも貢献できればと思います。

種まきました。

これから環境のことについて少しずつ進めていきます。自分に出来る範囲ですけど。

これも楽しさがあってのこと。少しでも共感してくれる人がいれば私1人だけではない。その感覚を少しでも多くの方が考えるようになったら
町はキレイな森と人工物の共存が生まれるのではないだろうか。

全ては100対0ではく、80対20で考えよう。全てを変えるのは難しいし、私も全て理解できるわけが無いと思う。

考えて終わりでない。行動に移す。
そして少しでも貢献できるように。それが生きた証になるように。