6日間のハウスクリーニング開業研修も大詰めです。全くの未経験から昨日は部屋全体のハウスクリーニングを一人で行うことができました。

課題は山のようにあります。6日間の研修で全てが無意識に出来る様になることはありません。
6日間で全部出来る様になったらプロはいらないですよね。
掃除はキレイにする仕事ですので、時間をかければある程度形にはなります。形になればお金がもらえます。

その後のスキルアップは自己研鑽していくしかないです。それをしないといつまでも稼げなかったり、クレームが出て信用を失い、仕事を失います。ランニングコストが底をつき、不安と焦りが出て、廃業という文字もチラつきます。元に私がそうでした。私は開業に失敗し、一度やめた人間です。仕事が取れない。クレームばかりでる。稼げない。人間関係が上手くいかない。全て自分の思考や行動が伴っていないからで、地域や社会、周りの人間のせいではないと思います。こう言った問題をどうすれば解決できるのかを自分なりに考え、責任を持って決めて、それを行動に移せる人、それが自営です。自分で営業していくわけですから、サービスや経営に関しては自分で判断していかないといけないことです。掃除だったら出来るかもしれないと単純に思う方も多いと思いますが、掃除は難しいですよー。簡単ではないです。


人を変えるということはすごく難しいですが、変えるのは自分自身です。ダメだと言われたら、自分で変えて行かないと、吸収していかないと成長しないのではと感じます。変わるというのは今までの人生や人格を否定することでは全くありません。より良い自分になる為です。
ただその選択も個人の自由なので、マジ起はそれ以上は個人の判断にお任せしています。失敗して気づくこともありますから。
上手くいってないのであれば、上手くいっている人に相談して、聞いたことを吸収して行動すればいいのではないでしょうか。尊敬できるメンターのような存在の人を持つことも大切だと感じます。私はメンターに何度も助けられました。マジ起を作った理由のひとつです。


マジ起は見切り発車スタイル。
基本となるハウスクリーニング方法を学び、あとは現場で責任とプレッシャー感じながら、もがきながら進めていくのが、習得に一番近いからです。また、仕事を辞めて新たにハウスクリーニングで開業するにあたり、ランニングコストがかかりますので、出来るだけ早く開業することで、ランニングコストが抑えられます。ただこれはマジ起の進め方だからできることです。最初から在宅などの難易度の高い仕事や責任の重い仕事をターゲットにして見切り発車は非常に危険です。できないと思います。しっかりと技術があって進めれることだからです。


開業するにあたり、色々なサービスがあると思いますので、それは自分の考えの元で自分に合ったものを選べば良いのではと思います。 

人生で大きく変わる転換期ですから、今まで生きてきた中で一番の気合い見せてください。

それくらいの気合いで丁度いいですよ。
腹をくくってください。