異業種から学ぶ
そうじの精神






お好み焼き(キャベツ+小麦粉を使ったレシピ)




目の前で調理してくれる職人の技。
毎日同じルーティンがあり、
調味料もいちいち計らず目分量で調整、
鉄板の熱さ、焼く時間、具材の仕入れ先、
切り方など細部までにこだわっている。


もう体に染み付いており、
何も考えないでも自動的に体が動いている。
考えない。無心。

一切無駄の無い動きで
平然と堂々としている。
自信が体から染み出ている。


結果的に評判を呼び、
お客さんが押し寄せてくる。


ハウスクリーニングと料理は似ている。

調味料、時間、道具、熱。

ハウスクリーニング理論のCHAT理論に
そっくりだ。



お好み焼きを作るように。
たこ焼きをくるくる回して焼くように。
ざっくりだけど、繊細に。


感覚的に。

恐らく職人は感覚が優れていると思う。


その感覚こそが正解だと信じている。
信じているが、疑うことも同時に行なっている。

これで良いのかと。
失敗は許されないからだ。

だからほとんど失敗しない。

その分最初は何度も失敗して
微調整を繰り返した結果が
自動的な感覚となっていることは
間違いない。