自信をつける方法

 

 

LAで活躍されているプロドラマー 桐沢暁さんが行った

自分に自信をつける方法が良さそうだったのでご紹介します。

この方法はミュージシャンだけではなく、幅広いところで使えますので

是非ご参考ください。

 

 

ミュージシャンにとって自信は必要不可欠です。

最終的には自信あるのみ。

では自信をつけるためにはどうすればよいのか??

 

 

 

 

それは「瞑想」することです。

 

 

は?なんのこっちゃ??

それだけかとおもうかもしれません。

最近流行っているし、Google、Yahoo、メルカリ、appleなどの大手企業も

導入しています。瞑想は科学的にも効果があると実証されています。

 

 

ここで興味深いデータです。

世界中の高校生を対象に「自分は価値のある人間だ」と思う人の割合を出した結果

 

アメリカ 57.2%

中国   42.2%

韓国   20.2%

 

そして日本はわずか 7.5%。

 

これは日本の現代病だと。

原因は簡単。自分より地位の高い人からの否定です。

お前には出来るわけがない。やめておけ。です。

その周りからの否定的な言葉から自分の自信がなくなり

自分の価値を見失ってしまうのです。

 

自信というのは土台です。

家で言えば基礎ですね。コンクリートの部分です。

 

ここがしっかりとしていない状態で

アイデンティティを上に乗っけている状態なんです。

 

この基礎=土台=自信がしっかりとしていれば

音楽をやろうが、何しようが上手くいくのです。

 

昨年、桐沢さんはLAの超一流のミュージシャンと

コンサートをし、超有名なスタジオAでレコーディングするという

大きい仕事があったそうですが

メンバーが大物すぎてビビったらしく

そのときにメンバーのトランぺッターのジョントーマスにこれを読めと

紹介してくれた本、それが「サイコサイバネティクス」でした。  

桐沢さんはこの本の瞑想方法を実践したところ

奇跡のように事がうまくいき、本当に楽しめたそうです。

 

 

 

『サイコサイバネティクス瞑想のやり方』

 

①まず褒められたことをリスト化します。

上手いね!、かっこいい、すごいね!など自分の気持ちが高揚した出来事であれば何でもいいそうです。

運動会の徒競走で1番になったとか、スポーツで表彰されたとか、

大きさに関係なくて大丈夫です。今までのことを

思い出して褒められリストノートを作成します。

 

※自信というのは過去の経験からできるものです。

脳は経験を判断しそれが自信にもなりトラウマにもなります。

脳は無意識の記憶を書き換えることができます。瞑想で無意識のところまで持っていき

記憶を書き換えます。

 

②呼吸と言葉でリラックスさせます。

両手足、丹田、頭、体の順番で呼吸と言葉を使いリラックスさ脳を無意識の領域にもっていきます。

まずは体全体の緊張を解きほどきます。

 

桐沢さんはこれをやるときはベットの上で大の字になってアイマスクとヘッドフォンをつけ

波の音を聴きながらやっているそうです。

 

リラックス方法

1⃣まず左手からです。

My left hand is feeling heavy 2回唱えます。

2⃣ゆっくり1回深呼吸します。吐く息を長く。

3⃣I am peace . I am relaxed. 2回唱えます。

4⃣ゆっくり1回深呼吸します。

5⃣My left hand is feeling so heavy. 2回唱えます。

6⃣ゆっくり1回深呼吸します。

7⃣I am peace . I am relaxed. 2回唱えます。

 

以上、左手、左足、右手、右足、丹田、頭、身体と全て行います。

すると全身の緊張が一気にほどかれ、脳は無意識の状態になります。

 

体はかなりのリラックス状態となっており、この状態でかけられた言葉や

思考は全て脳の無意識の領域に届きます。

 

③褒められリストノートを活用する

この無意識の領域でさきほどの褒められリストを活用します。

そのときに湧き上がってくる高揚感、感情を捕まえます。

これをWining feeling (勝利の気持ち)といいます。

 

④未来を出来るだけ細かなディテールで想像し当てはめていく。

Wining feelingを捕まえた状態で、先にある不安要素を書き換えていきます。

ディテールをなるべく細かく想像します。その時の状況ですね。

桐沢さんですと、レコーディングするスタジオAのDVDを見て、スタジオ内の壁やドラムブース、エンジニアの顔や空気感などを

細かく想像しその世界にダイブして初顔合わせでトップミュージシャンとあいさつをするということを想像しました。

 

以上が瞑想方法です。

 

これを桐沢さんは2カ月やり続けました。

結果は大成功!!

こんなにうまくいくことがあるのかというとどの結果だったそうです。

 

自分が価値のある人間であると答えたパーセンテージ

アメリカ57.2%、日本7.5%。

これが音楽業界に影響を及ぼしていると桐沢さんは言っております。

確かに。また音楽業界だけではないですね。

 

サイコサイバネティクスはアメリカで1960年に発行され3000万部うれております。

 

私もやってみようと思います。

では。

 

 

Satoshi Kirisawa You tubeはこちら