失って空間ができると
そこへ新しい風が吹く。

その風は若々しく
エネルギーに満ちている。

そのエネルギーによって
自分の感覚が若返った様に感じる。

周りにどうみられようが
こうしたいと思ったことは
素直にそうしたいと思うようになり

それは周り人からみたら
クレイジーなのかもしれない。

僕は坊主にしたいと思い
次の日、坊主にした。

坊主にすると
他の毛が大事に思えて、眉毛と髭は
手厚く扱う様になった。

さらけ出しているので
メガネや帽子などのアクセサリー
は重要なアイテムだ。

近くの中古ショップへいって
帽子を買ってきた。
最後に坊主にしたのはもう15年くらい前の20代の頃
だった。
帽子を買って坊主頭に帽子を被ったとき、
その頃の思い出が蘇ってきた。

自由で、自分は何でもできるんだと
思っていた頃だった。

それは失ったことによって
生まれたポジティブなエネルギーと
同調した。


今までいかに常識にとらわれていたのか
を感じた。

坊主にした日から
筋トレを再開した。
坊主にするということは
色んな行動を誘発してくれる。

悩んだら坊主にするのが
一番効くかもしれない。
リセットしてもう一度やり直すという
決意というべきか、今までのことを水に流そう、過去のことだからということなのか、
坊主にしたことは僕にとっては自然なことであったし
僕だけではなくそう思って坊主にした人は
沢山いるだろう。

髪は神聖であり
インディアンは髪の毛を切られるほど屈辱的なことは
ないというほど大切なもの。
侍もそうだし、儀式や形見としても扱われる。

ロン毛の人が不安を抱え
坊主にしたところその不安は
消えて、これは本当なのか確かめたくて
またロン毛にしたら不安になったそう。

いきなり坊主になって
周りの人に色々最初は突っ込まれるけど
案外、人は他人のことをどうとも思ってない。

より楽観的になり
飾らなくなり
素の部分をさらけ出してる感覚がする。

坊主最高!