先知後行と知行合一

テーマ:
一般社団法人
マジオキ
おそうじビジネス協会

先知後行と知行合一

先知後行とは
知識を先に身に付けて
後から行動すると言うこと。

知行合一とは
知識は行動と共に学ばないと
わからない
と言うこと。

知識を学んで
あーでもない
こうでもない
と考えながら時がズルズル経っていく。
結果として行動に移さなければ
意味がないということです。


知行合一でいくべきです。


物事を決めていくときに

まず始めると言う事が大切です。

その中で軌道修正したり

知識や経験を得たり

することにより進んでいく。

このように行動していくことこそが

最も成功率が高いと言う

データがあります。


当協会は

見切り発車です。

とにかくやってみる。

行動をしないとわからない事がたくさんあると思います。

6日間の講習が

短いと感じるかもしれませんが

基本的な技術知識を身につければ

後はまず行動すること。

そして行動しながら

さらなる技術と経験を

積み重ねへ行く。

行動することによって
いろんなアイディアが生まれてくる。

そのアイディアをまた形にして知行合一の精神で
見切り発車して

進んでいけばよいのです。


この本に
書かれています。


{5D6F0F5D-0F1E-424B-BFB6-160A5643A025}



気になる方は
ぜひ読んでみてください。