【窪み目治療】高い技術が必要な目元の注入治療 | 美容外科医・Dr.安嶋“あじ先生”のブログ『あじブロ』

美容外科医・Dr.安嶋“あじ先生”のブログ『あじブロ』

あじまビューティークリニック・院長の安嶋康治(あじまやすはる)です。

クリニックで行っている美容医療のご紹介から、プライベートのお話まで、色々な事を書いています。
是非ご覧ください(^^)

◆形成外科専門医◆

こんにちは!


いつも応援いただき
ありがとうございます♪

『ブログやインスタ、見てます!』
というお声掛けもたくさんいただき、
エネルギーになります

本当に嬉しく思っています照れ





お目元の治療が大人気のあじクリ。

今回は

  窪み目(上まぶた&下まぶた)に対する  

  注入治療  


 をご紹介させていただきます。




では、早速いきましょう!


⬇︎今回のモニター様の初診時の状態⬇︎

まず上瞼について。

窪み目に対してヒアルロン酸注入を

他院さんでお受けになられたそうです。

…が、

「二重線の周りが膨らんだ割に、

窪みはあまり良くならなかった」

とのことでした。


確かに、眉毛側(上の方)は窪んでいるのに、

二重線あたりは浮腫んだような

モコモコの皮膚になってしまっています。


そして、下瞼。

15年ほど前にクマ取りのために脱脂を

受けたところ凹んでしまったとのことでした。




まずは、不自然に膨らんだ

ヒアルロン酸を注射で溶解します。


⬇︎ヒアルロン酸溶解後⬇︎

だいぶスッキリはしましたが、

やはり窪み目は顕著です。

上瞼も下瞼も窪んで影ができ、

目の周りが一周黒く見えてしまっています。


この状態に対して、

上瞼はヒアルロン酸

下瞼はベビーコラーゲン

を注入しました。


⬇︎注入治療後⬇︎

かなり自然に、窪みが修正されました。


上瞼はもう少し補正しても良いと思いますが、

これまでの失敗体験から治療に対して

ずいぶん慎重になられていたので、

まずはこれくらいで良いのかもしれません。




こうして各時点を並べて見比べると、

その仕上がりの良さは明確です。



目周りは皮膚が薄くてよく動く部位。

注入治療は本当〜〜〜に難しいんですもやもや


とても難しいので、治療メニューとして

導入していないクリニックが多いですし、

導入しているクリニックでの治療後の

修正の相談もとても多いです。



目周りの窪みに困ったら、

最初からあじクリを受診してください!




注意要注意!​注意
最近流行っている

クマ取り・脱脂でも
まぶたが窪むことがある!


くぼみ目の原因は加齢が主ですが、
流行っているクマ取り手術「経結膜脱脂術」
でも、くぼみ目が生じる可能性があります!


ひと言で脱脂と言っても、ドクターにより
脂肪の処理技術は大幅に異なり、
闇雲な切除、過剰切除は
くぼみ目に繋がります!

流行りの手術ですし、あらゆるクリニックで
お手軽にお受けいただけるからこそ
脱脂術後の窪みのご相談
もとても多いです
ほぼ毎日、複数の患者様が修正で受診されます


ダウンこちらのブログも是非ご覧くださいダウン

安易な脱脂は本当に注意してください!









今回の施術の概要


☑︎施術名
 ヒアルロン酸注入
ベビーコラーゲン注入
☑︎ダウンタイムの症状・期間
 軽度の違和感や腫れが生じますが、数日で改善します。
 内出血が生じる事があります。
☑︎リスク
 痛み・感染・凹凸・血管閉塞・アレルギー反応など。

 
☑︎通常料金(税込)
ヒアルロン酸 77,000〜88,000円/1本1cc
ベビーコラーゲン 110,000円/1本1cc
 モニター随時募集中!
(モニター適用には審査があります)