Rockford,JBL,JL audio,パワーアンプ3機種ガチンコバトル! | カーオーディオ取付&カーセキュリティー取付激闘日記【東京都練馬区ダウンロー】

カーオーディオ取付&カーセキュリティー取付激闘日記【東京都練馬区ダウンロー】

カーオーディオやカーセキュリティーの車種別設置情報が満載!DIY必見のブログです。

最近人気の高いアンプを聴き比べしてみました。

 

数年前と違い、如何に外部アンプといえど安価なラインナップに人気が集中しています。

 

 

スピーカー、アンプ、ヘッドユニット、ケーブル、これらで構成させるオーディオシステムですが、

 

実はアンプの重要度が一番高いということを知っているのは、ある程度詳しい人に限るのは昔も今も変わりません。

 

それでも昔は外部アンプの需要が多かったわけですが、現在はゴツめのドアスピーカーすらナビの内蔵アンプでちょろちょろ鳴らす人が多くて淋しい気持ちになります。

 

 

増幅部分を替えるだけで激変するんですけどねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー1、ロックフォード R300X4

 

 

 

 

 

 

ダウンロー通販担当のブログ
http://www.downlow-web.jp/shopdetail/012001000036/order/

 

 

4Ω時50Wx4ch。

 

 

 

不動のブランド力と手頃な価格設定で、上級機種のパンチシリーズを抑えているアンプです。

 

 

2チャンネル入力ありーの、ハイレベル入力(スピーカーケーブル入力)ありーので、

 

前モデルのR300-4を完全に上回っているのが特徴。

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー2、JBL GTO804EZ

 

 

 

 

 

 


ダウンロー通販担当のブログ
http://www.downlow-web.jp/shopdetail/012003000015/order/

 

 

4Ω時80Wx4ch。

 

 

 

最近はロックフォードを上回る人気のJBL。

 

 

よく考えたら全オーディオ市場の中では圧倒的支持率なわけです。

 

音を聴いたことがない人が製品を選ぶ時に頼るモノはブランドネーム。

安すぎず高すぎずの価格も安心感があります。

 

ぶっちゃけですが、数年前のGTOシリーズには苦い思い出しかないので、正直期待していませんでした。

 

 

(苦い思い出 = 故○率の高さ)

 

 

今となっては笑い話ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーナンバー3、JLオーディオ JX360/4

 

 

 

 

 

 

ダウンロー通販担当のブログ
http://www.downlow-web.jp/shopdetail/012002000003/order/

 

 

4Ω時70Wx4ch。

 

 

 

スピーカー、特にウーファーの品質では他を圧倒する信頼の高いブランド。

 

 

頭のカタイ私は、スピーカー専門メーカーのアンプは駄目だ!との固定概念を持っていましたが

 

ワンランク上のXD400/4を聴いてからは180度意見が変わってしまいました(笑)

 

XD400/4 http://www.downlow-web.jp/shopdetail/012002000001/order/

 

 

なので、このJX360/4には大いに期待を寄せているわけであります。

 

健闘を祈っています。

 

 

 

 

 

この3機種を、

 

 

 

 

 

 

ヘッドユニット:カロッツェリア DEH-970 http://pioneer.jp/carrozzeria/products/deh_970/

 

 

スピーカー:ロックフォード T3652-S http://www.downlow-web.jp/shopdetail/011001000027/order/

 

 

でじっくり鳴らし、聴き比べしてみます。

 

 

 

結果は次回のブログにて!