熱中症について

テーマ:

こんにちは。夙川どうぶつさんのクリニック 院長の髙間です。

7月に入り、例年のように暑くなってきました。

 

今月は、そんな暑い時期に気をつけていただきたい熱中症についてお話しいたします。

 

熱中症は、下記の条件が重なると人も動物も発症するため、飼い主の皆さまもよくご存じのことと思います。しかし誤った冷却方法でかえって症状を重くさせてしまうことも少なくありません。

動物の熱中症は、長時間に渡って高温多湿の環境下にいた場合や、過度の運動が原因で発症することがあります。また短頭種や肥満、大型犬などはもともと熱を体外へと放散しにくいため、発症しやすくなります。

熱中症を発症しているときに見られる症状としては、目の充血や頻脈、呼吸速迫があげられますが、より重篤な状態になると嘔吐や下痢、発作、震え、虚脱、意識消失などの症状も見られます。

 

比較的軽度の熱中症の症状が見られた場合は、動物の体を冷やしてあげます。常温の水で動物の体を濡らして、扇風機などで体に送風をしてあげるのが効果的です。気化熱を利用することで、体温を穏やかに下げることができます。動物病院への移動中も濡れタオルで体を包み、常に風を当てて冷やし続けてあげてください。

 

この時、冷水や氷などを用いて急速に冷やすことは避けてください。熱中症のときは、体の深部体温を下げることが大切です。急速に体表を冷やすと抹消血管が収縮し、温度の高い血液が体の深部と流れます。その結果、各臓器への障害が促進され症状を悪化させてしまいます。

 

熱中症は早期の診断・治療がカギになります。しばらく様子をみようかな?と思われることで手遅れになることもあります。

 

熱中症と疑われる症状を見られましたら、すぐに動物病院へご来院ください。