一歩ずつ、進んでる?(^_^;)))

テーマ:

「あたし、芽。通称めいめい✨
 母ちゃん宅に来て7年たったよー
 おととい腫瘍取ったけど、もう元気☺️
 今日は牛骨かじってるのー」


今日は涼しくて、とても過ごし易かった母ちゃん地方。
午後からはガッツリ雨が降ってきてしまったので
夜散歩はお休みしました。

7ワン居ますが、全員おうちの中のトイレシートで
ちゃんとおトイレ出来るので、こういう時には助かります🎵

冒頭のめいめいですが、ずっと気になっていた腫瘍を
ついに摘出してきました。
色々な考え方があると思うのですが、
父ちゃん母ちゃんは、出来れば手術したくない派です。
麻酔も恐いし、出来れば病気とうまく付き合えたらなって思っています。
ただし本犬が痛そう、辛そうな場合はその限りではなく、
今回もめいめいが辛そうだったのでサードオピニオンまで受けた上で
とある病院にお願いしました。
我が家に来てから既に7年、実年齢の分からない子、
たくさんのリスクが伴う事は承知の上で
まだまだ一緒に生活したい、
元気一杯、爆弾娘のめいめいが以前の様にハッスル出来るように願いを込めて
手術をしてもらいました。

結果、ビックリするほど元気になりました🎵
喉に出来た腫瘍だったので
ご飯を食べるにも、散歩するにも
本犬はとても違和感があった様です。
(先生からはまだ痛みは出ていないだろうと
 聞いていました)
でも痛みであっても、違和感であっても
生活に支障が出ていて辛そうだったので
今回はこの選択をして良かったのではないかと思っています。

うちに来たばかりの頃は、本当に手に負えず
「なんでー(泣)」とか「止めてー(泣)」と
弱音を吐いたことも有りました(笑)
でも伝え続けた事はいつか伝わる、
ある日気づいたら出来るようになっていた、
そんな7年です。

成犬は難しい、なつかないえーんとよく聞きますが、
本当にそんなことはなく。
先日めいめいが急に「待て‼️」が出来るようになったんです。
飢えていためいめいにとって
ご飯を前に「待て‼️」をすることは
私の想像より遥かに難しいことだと思うんです。
なのでぶっちゃけご飯前の「待て‼️」は
出来ても出来なくても良くって
ただご飯を前にしても私と目が合うようになれば良いかなぁって思っていました。
それが( ̄□ ̄;)!!
つい先日、出来るようになったんです!
本当に犬って凄いなぁ、可能性は無限大だなぁと
痛感しました。


話が我が子ばかりでスミマセン😣💦⤵️

何を言いたいかっていうと、
↓↓


今はまだこんな表情のはる坊ですが、
いつかはもっと表情豊かになる日がきっと来る‼
諦めずに伝え続ければ、彼の未来は明るいはず❗って事です。



犬同士だととても楽しそうにしている、はる坊爆笑

父ちゃん母ちゃん、それから我が家にも
少しずつ慣れて来ました。
最初の頃のように冷蔵庫のドアの開け締めに
細心の注意を払う必要もなくなり、
人並みな生活スタイルに戻った母ちゃん宅。
はる坊にとって、安心な場所という位置付けになったようです。

それと同時に、少し困った事も出てきました。



以前はビビりながらも20分ほど散歩出来ていました。
途中パニックになることはあれど、
都度止まったり木に登ろうとしたり
マンションの植え込みに突進したりしながらも
お外に居られました。

それが…😞🌀
安心な場所、おうち❗が完全にインプットされ
外に出て「超恐いやんけーーーゲロー」になった瞬間、
家に向かって疾走?爆走?しようとします。
そこに通行人が居ようが、車が走っていようが
お構い無し‼️ 問答無用で進みます。
もちろん全力で止めますが、
26kgの体力もて余している彼を止める事は容易ではありません。
おやつなどで気を引こうにもそもそもおやつの概念が無い彼。
しかも人の手からなどとてもじゃないけど、食べられません。
食べ物をもらうのに恐い思いをするくらいなら
飢えて死にます…くらいの暗い目を最初してたはる坊。

んー。
まだガリクソンなはる坊を全力で止めようと
リードを引っ張りまくってる母ちゃん。
見方によっては虐待してると思われかねない…

通報される前に、
少しでも改善されることを熱望します。
んが。なかなか時間掛かりそうだわねー。

ま、彼にとって「戻りたい安心出来る場所」が出来たことを
喜びと捉えますか…(苦笑)

でも次へ繋がる一歩だよね、はる坊?

お散歩前のはる坊(o^-^o)

テーマ:
今朝は雨がたくさん降っていたので、
お散歩はお休みだった母ちゃん宅。

午後になって止んだので
順番にお散歩スタート🚶‍♀️

お兄ちゃんお姉ちゃんからスタートし、
はる坊は3番目。(はる坊はまだ1匹散歩です)

賢いので「このお姉ちゃん達が終わったら自分の番爆笑」と分かってきたので
自ら玄関でスタンバイ。




ここまでは良いんですけどねー、
母ちゃんが近づいてリードを装置するところから
ビビりスタート。

彼なりに「恐いことは起こらない‼️」を
頭では理解してくれている様なんです。
実際その場から無理に逃げようとはしないし。
でも体がね~⤵️ガーン
ガクブルが止まらないんです。

んで。
頑張ってリードを付けられて(笑)。
お外に出たら!
「思ってた以上に、チョー恐いやんけーーーゲロー
となるわけです。

まあ、慣れだな、これはね。
時間はたっぷりある、急がなくて良いのだ、はる坊爆笑
今日はワンプロの様子を盗撮してみましたよー

↓↓

はる坊の大きさが、少し伝わるかな?
一緒に遊んでる太陽(白い方ね☺️)の体高が
60cm弱なので、恐らく63cmといった所でしょうか?
誰ですかね、太陽とあまり変わらないように見えるといった方は?(笑)
太陽はデブめなのと、毛がフワッとしているので
あまり変わらなく見えるかも知れませんが
実物は一回りはる坊の方が大きいと思います。



おもちゃでも遊び始めたし、
なんの問題も無いはる坊。

強化合宿は継続するつもりですが、
母ちゃん宅でなくても全然平気だと思います🎵
こんなに可愛すぎるはる坊に、
問い合わせが無いの、不思議だーーーーびっくり

はる坊には、一頭飼育よりも多頭飼育の方がむいてるかなと思います。
先住犬が居てくれたらそれだけで彼の不安は減少するし、
何よりも色々と真似っこして覚えてくれますよウインク
現に母ちゃん宅では先住犬の真似をして
おトイレ完璧でございます🎵
足あげスタイルでのオシッコではありますが
決められた場所で、1日に何度となくします。
外でも出来ますが、パニックになるとそれどころではなく…

一歩ずつ、前進しようねはる坊照れ

8日目のはる坊

テーマ:
おはようございます🎵
今日もはる坊の可愛すぎる写真が撮れたので、
張り切ってブログアップ口笛



ほうらね~、もうなんてイケワンなのでしょうラブ
もう、カッコ良すぎる✨

母ちゃん、携帯のタイマーを使う事を覚えましたのでね、
こんなカッコ良すぎるはる坊も撮れるようになったのですGOOD

今朝のはる坊は、20分散歩をして。
その間、大パニックは3度ほど。

本当は彼の体格、年齢を考えると
1時間以上は歩かせたい。
でも今はまだパニックになってしまい、精神が付いていかないみたいなので、
様子を見ながら…といったところで20分が限界かな。

車に乗せて人があまりいない、他の車の往来もない河原に連れて行くことも考えましたが、
いつかは巣だって行く彼を思うと
住宅街に慣れてもらわなければ、ご縁も限られてしまう…😞🌀

ということで、散歩の後1時間ほど玄関先に座り
はる坊と一緒にボーッとしてみました。
120cmのリードで繋がった、はる坊と母ちゃん。

飛行機の音、遠くで泣く子供の声、
自転車のブレーキ音、近づくトラックの音。
どれもはる坊には恐怖でしかなく、
玄関先でもパニックになります。

母ちゃん宅は本当にごくごくふつーの戸建住宅。
手前に駐車場、4段小上がりがあって玄関。
パニックになるとその小上がりをかけ降りて、車の下に匍匐前進。
車の下で落ち着ければそれでも良いかと思うが、
また別の音が聞こえると、車の下で飛び上がる滝汗
いやいや、車そんなに下から突き上げたら
何かしら部品がイカれてしまいますがな…

そんなこんなで、とにかく少しずつでも経験をと
なんだかんだの1時間。

可哀想なくらい疲弊してましたゲッソリ

なので今は↓↓


疲れきっておりまする。
分かるわぁ、母ちゃんも疲労困憊よ。

はる坊が来てくれてから、なかなかハードな日々を過ごしていますので
体がね若干悲鳴を上げてますゲロー
アクロバティックなパニックの対応で、
今まで経験したことのない背中の筋肉痙攣とか
肩関節の可動域が限界を突破するんじゃないか?とか
夜中足がつって悶絶するとか
色々な意味で母ちゃんのキャパを広げてくれているはる坊🐶
この体の痛みは、言葉を発しない彼の苦しみと葛藤と、それから挑戦だと受け止めようじゃないかニヤニヤ

はる坊も頑張りすぎずに、頑張れ👊😆🎵

そう言えば。
プロットハウンドと関われるのが今回初めてで。
全く手探り状態の毎日です。
犬種問わずに伝えたいことは真意をもって伝え続ける‥
真っ正面から受け止める‥くらいしか出来ないのですが
何かプロットハウンドにとってしてあげた方が良いことって
有るんでしょうかσ(^_^;)?
同じ猟犬と言ってもダックス、セッター、アメコカ、全く違う能力を備えているのがよく分かる…

もし詳しい方がいらしゃったら
教えて頂けないでしょうか…?
宜しくお願いします🙇⤵️

当たり前が幸せ

テーマ:
おはようございます🎵
すっかり涼しくなって、ワンとのお散歩が気持ち良い😆🎶✨

ゆっくり6時に起きて散歩出来る、当たり前が幸せ🍀
ご飯をモリモリ食べられる、当たり前が幸せ🍀
周りを気にせずにくつろげる、当たり前が幸せ🍀

色々な当たり前が、当たり前で有ってくれることが
本当に幸せなんだなぁと、はるを見てると痛感します。


↓↓ 盗撮、成功☺

色々な事が恐すぎて、ゆっくりすることが出来ないはる坊。
家の中にいると、生活音全てにビビる‼
外に行きたいけど、散歩に出たら出たでこれまたビビる!Σ(×_×;)!



ゆっくり触れ合う事が出来ないので、
はる坊の能力は未知数なのですが。
この一週間で分かったこと。

1. 足あげオシッコの高さは55cm⬅️この情報、必要?
  (母ちゃんはマニアックなのか⁉男の子🐶の足あげスタイルが大好きです。
   なんか誇らしげに、どやー?ってやってる感じがたまらない。
   はる坊を我が子に…ともしも考えて下さっている方がいたら、室内でも55cm以上の高さのトイレが必要ですよー(*´・ω・`)b)
   

2. 初老?白髪?の男性が特に苦手
  (人が全般苦手ですが、特に散歩中に白髪の男性が正面から来ると脱糞してしまいます。)

3. トラックが最強に苦手
  (トラックが来ると、物凄い強さの引きでトラックと逆方向に走ります。
  それか街路樹に飛び付いて、リードが無かったら登るのではないかしら?)


2と3から容易に想像がつくこと、それは。
はる坊は白髪の男性が捕獲し、トラックに乗せ
埼玉保健所に連れて行かれたのだろうなということ。
もしくは、白髪の男性でトラックを使っている人に虐待?放棄されたのではないか?ということ。
想像するだけで、本当に辛すぎます…

キツネか何か、野生動物と生活してるのか?と錯覚するほどビビりで素早いし、
散歩中に恐怖を感じるとパニックになり、
こちらの想像を遥かにこえたアクロバティックな動きをするはる坊だけど、
本当に可愛いくて仕方ないです💓😍💓

ふとした時に見せる、幼い表情。
常に困ったような、気弱な眉毛。
まだまだガリガリだけど、ゴムまりの様な筋肉質の体。



魅力のかたまり、可愛すぎるはる坊、
母ちゃん宅にて「当たり前」を当たり前にするために強化合宿中です🎵

3歩進んで2歩下がっても良い、
ちょっとずつ当たり前を楽しもうではないか〰️はる坊犬🐶

切ない片想い。

テーマ:
こーんなに可愛いはる君が…。


恐らくやっと1歳になったばかりであろうはるなのに

本当にびびりんちょ君です。

経験不足もあるけれど、
他にも何か、要因がありそうな…😞🌀




ワン同士だと、こんなに穏やかに楽しそうなのに
母ちゃんの存在に気がつくと…↓↓↓


こうなります…えーん

まだ来て3日なので、無理もないことは十分承知。
でもそれにしても…虐待している気分。
もっとはると触れ合いたいのに(涙)


ワンプロはどんなに大きな音がしてもokだけれども
母ちゃんの出す生活音には、非常に敏感。
そーっと閉めた冷蔵庫のドアのパタン!に驚いて、
軽く1m近く飛び上がる😨
いやいや、こちらもビックリ👀です。

父ちゃんの事を見たときは、脱糞脱尿。

ひたすら人間は気配を消して、音を最小限に。
写真は盗撮で。
でも、徐々に慣れていってもらいますよー🙂

無理せずに頑張れ~はる🐶

ずっとワンプロしてる2ワン

テーマ:
久しぶりの野犬(笑)との生活を楽しんでいる、母ちゃんです。

はる君は、今までどんな生活してたのか分かりませんが、
とりあえず人が怖くて仕方ない様ですえーん
散歩に出れば、車、バイク、よりも
正面から来る人にビビる‼
人とすれ違う時には、パニックになり
横のマンションの植木にダイブガーン
全力でダイブするので、必然的に母ちゃんも引っ張られ…。
なかなか久しぶりのこの感じを
全力で楽しんでますラブ


ですが、犬に対しては全てウェルカム。
家の中では起きている限り
ずっとワンプロ、してました🎵



とっても楽しそうな2ワン🐶
やれやれ~と思いつつ、30kg弱の2ワンのぶつかり稽古は
なかなかの音と迫力です。

まだまだ若いからねー、いっぱい遊んで
元気になるんだよー☺

久しぶりの新入り君です✨

テーマ:
晴れて無職になりまして(o^-^o)

何か役に立てることは無いかなぁ?と考えていましたが。
超大型台風が過ぎた今日、無事に我が家に来てくれた新入り君です🐶



プロットバウンドσ(^_^;)?と思われる、男の子👦
代表がハウルと名付けてくれてました。
ただ、何せ母ちゃん、カタカナの名前が呼びづらくて。
「はる」君と呼ぶことにしました。

体重25kgということだけれども、とにかく今はやせっぽち‼️
まだガリガリ君です。
適正体重は29kgとかかなぁ?
ゆっくりで良いよ、色々な事に慣れて、
心も体も、まあるくなぁれ❤️

時間を大切にしよう✨

テーマ:
この夏の暑さの中、日中犬達だけで留守番させている事が不安でたまらなかった。
停電が起きたら…とか、クーラー付けてるけど
熱中症とかになったら…とか、考え出したらキリがない。


6ワンそれぞれ歳をとり(私もか💦)、最長老は18歳の海(うみ)。
↓↓↓↓

お顔の周りも白髪が増えて、あと一緒に居られる時間はどのくらいあるのかな…と思った時、
スッパリ退職しちゃいました🎵

18歳の今でも、朝晩1時間は歩いてくれる。

海の散歩仲間は、笑(えむ)。
↓↓↓↓


足が短いからかな~、11歳とまだまだ若い筈なのに
海ととても歩調が合う(o^-^o)
ただし性格が真逆の2ワンなので、気は合わないみたい(笑)

我が家の6ワンで一番のヤングは7歳の太陽(たいよう)。
↓↓↓↓

太陽の散歩仲間は芽(めい)さん。
↓↓↓↓

12歳ながら、今だに1時間半歩いてもまだ足りないと言う(苦笑)

安(あん)は相変わらず我が道を突き進み、
完全盲目となってはいるけど
それでも毎日ニコニコ(o^-^o)
外でもガンガン遊ぶ。
あー、安ももう15歳過ぎたね…



凪(なぎ)は箱入り娘。
そんな風に育てた覚えはないけれど、
みんなおんなじ様に育てた筈なのに、
それぞれ性格があって、面白い✨

今でも赤ちゃんみたいだけど、あなたももう
12歳過ぎなのね…


とか毎日想いながら、6ワンに癒されてます。

今まで出来なかった犬孝行を、精一杯頑張ります。
出来ていなかったボランティアも
また復活する予定です✨

第二の人生、リスタートしました‼

現実って。。。

テーマ:
今日はちょっと真剣に
重い話をしちゃいますY(>_<、)Y
ワンズの近況でもないし、
クスッと癒される話題でもないので、
先に言います!
興味のない方は、読まないで下さい┐( ̄ヘ ̄)┌


母ちゃんが初めて保護に触れたのは
カレコレ十数年前になります。

その頃はまだ保護に対する認知度も
今と比べると雲泥の差。
野良犬も多かったし、
近所の土手にはたくさんの放浪犬?がいて。
おかしな咳をずっとしてる子や、
「今年も子犬、産んじゃったのね…」と言われる子が
たくさんいました。
今思うと、フィラリアだったりなのですが。
そんな知識は全くなく、
ただ「可哀想(涙)」と無責任に思い、
土手やらに餌をあげに行ってました。
そこで一人の女性に注意を受けたのです。
「あなたは善かれと思ってご飯をあげたのかもしれない。
でも、その先、その犬に責任を持てるのか!」と。
まだ学生だった私は
その女性のあまりの剣幕に驚き、
立ちくしました。
「あなたの一時的な感情で、犬の一生をもてあそぶな!」とも言われました。

一瞬何を言われてるのか理解出来ず、
でもその後に「何て意地悪な人!」と思いました。
だってお腹を空かせた子が居るんだよ、
可哀想じゃん、何が悪いのさ!ってね。

で、次の日。
またあげに行くと、その女性が。
「ちっ、また変なオバサンいるし。。。」と思いつつ犬にあげてると、
「ホントに動物が好きなのね、
ちょっと時間ある?あるなら付いてきて」とにこやかに話かけられました。
なんだ?!昨日とはやけにテンション、違うじゃん!と思いながらも
その女性に付いていきました。

その女性の家に連れて行かれたんですね。
そこで初めて、現実を叩きつけられました。
平屋の汚い家に、一部屋に何びきいるのか分からない犬。
庭にもたくさんの犬小屋。
家の塀には「悪臭出すな!近所迷惑!」の貼り紙。

女性は多くを語らず
「これが犬の一生に関わるということだよ。
この子達は一生私が守らなくてはいけないの。
一時の感情で携わっちゃいけないの。」と言いました。

その他にも話してくれたと思いますが
頭が真っ白になり、他のことは覚えていません。

それからその女性の家に時間が出来たときは通い、
色々な事を経験しました。

体調不良の子を病院へ連れていき、
体調の良い子には避妊手術をして、
欲しいと言ってくださる方がいる子には
出来る限りのケアをしてから里子に出しました。
里親募集のため自治会の掲示板に貼り紙を出したりもしました。
その間にも、どんどん亡くなる子がいたり。

今はたくさん保護団体がありますが、
あの頃はどうだったんだろ?
そういった詳しい話は聞かなかったですが
多分、個人でやってたと思う。。。

前に少し触れたことが有るのですが
私が不用意に発した言葉で変な誤解を招き、
何の罪もない子がセンターに持ち込まれたということがあったので
詳しいことは知りたくなかったし
聞きたくなかったんだと思います。

でも少したった時
その女性から「もう限界なの」と聞かされました。
お金が底をついたと。
その後はとにかく里親を探し、
放浪犬や野良犬は見ないように言われました。
そう。助けてあげられないときは
手出しをしてはいけないのです。
こう書くと「非情だ」と思われるかもですが
これが現実。

一度手を差し出してあげてしまった子は
どんな事があっても守らなくては。
それが出来ないのなら非力な自分を認めなくてはいけないのですよね。

母ちゃんも大人になり
それなりに"助けてあげられる"状態になってから
保護に関わらせてもらうようになりました。

個人保護、団体への協力、
その時に自分に出来ることは全力でやってきたつもりです。
でも心無い言葉を投げ掛けられることは
多々あります。
近所の犬が鳴いていたのに、うちの子のせいにされ
「犬の鳴き声がうるさい!」と苦情をポストに入れられたり
「そんなにたくさんの犬を抱えて。犬も可哀想だね、どうせちゃんと世話できてないだろ!」
「最近この辺は犬のウ○チがやけに落ちているんだよね!」
「お金持ちは良いね、気楽に動物にお金使えて!」等々、
もうね、笑っちゃうくらい、言われます。
お金なんて、無いッスよ。
あれば犬に使っちゃうし。
ウ○チ!?あんた以上に気付いた時に拾って歩いてるよ、うちの以外もね!
あのね!犬だから鳴くよね、でもさ、
鳴き声聞いてみて!どっから聞こえてる?!
世話!?四六時中してますけど!
うちの子の毛並みとか見てから言ってよね!
これは心の声。
保護するような人はイッテハイケナイらしいです(苦笑)
ってか、言えないけど(笑)

今年に入って、保護犬を受け入れる事が
難しくなりました。
ガッツリ向かい合う必要のある我が子が増えたのも一因です。

でも。
一度保護に手を出してしまうと
色々な所から話が舞い込んできます。
獣医さんから「うちの患者さんがドッグランに行ったら
置き去りにされた犬がいるらしくて
相談にのってあげてもらえる?」
ランに行き、犬を保護したら~を説明すると
「警察に私が連れていくの!?」
母ちゃんが保護してあげられる状態で無いこと、
それから携わった人の責任を説明すると
「何!?じゃあ見つけた人が悪いってこと!」と怒鳴られる。

犬飼いの知り合いに会えば
「○○さん家で子犬産まれたけど
貰い手が見つからないんだって!」
「○○さん家で2匹目迎えたけど、
1匹目と折り合いが悪いから手放すって!」
「○○さん、高齢だから犬の世話出来ないで放置しちゃってるって」

聞きたくない話ばかり。
話してくる相手は、善かれと思ってしてくるので
昔の私と同じ。
でも今だからこそ、分かること。
これが一番の罪。
自分で出来ないけど、責任持てないけど
でも、可哀想じゃん。って。

多分これじゃ、何も変わらない。
他人に責任押し付けて後は知らないふり。
最悪だ。。。

そして手を出してあげられない自分も情けなく(涙)

出来るだけ犬の集まるところを避け、
友達を避け。。。
耳に入らないように
目に止まらないように。
どうしても目に入ってしまった子は
「ごめんね、お願いだから重い病気とか抱えてないで!(お金ナイヨ)」
「数日は預かってあげられるけどね、その後は無理だよ。飼い主さん、探してくれてるよね…」と
お願いするのです。。。


少しでも保護を知っている人なら
皆さん、同じ思いをしてると思います。。。
だから不用意に責めないで。
責める前に、自分にできること、探して。
中途半端に手を出さないで。。。

母ちゃんからのボヤキとお願いデシタ。







Android携帯からの投稿