ご飯を食べに外へ出た。





見ての通り、辛くて痺れる四川の味付け。 

この料理は“水煮肉片”と言う。 

水煮…水煮…

水煮と書いてあるとアッサリ鯖缶なんて想像するが、注文してやって来るはこの赤いスープである。


油と香辛料が凄いが、こういう身体に優しくない食べ物を「ああ食べたいな」と思う日がある。 

ここの店は評判が良く、豚肉は柔らかくて美味しかった。

しかし中の野菜はスープが染みてかなり辛い。

中国の食堂はお冷は出てこないので、味を中和するために白米を欲した。


四川に来て人生最高体重を更新した私は、白米を大盛り2杯たいらげた。

嗚呼またやってしまったな…まあそんな日があっても良いとポジティブにいく。




にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村