んにちは!リョウです!!





「あー、何の話やこれ」


「さっぱりわからんわ~」



と英語の長文を読んでいるときに
思ったことないですか?




わたしは受験生のはじめ、
長文の問題を見るだけで
吐きそうというくらい
苦手意識がありました。



今回は、そんなわたしを
激変させてくれた勉強法を
お伝えしていきます。





この方法を
実践していったあなたは、



長文を読むのが大好きになり
英語の得点源が長文になります。



模試では偏差値65以上のSランクを
ずっと取り続け、


「お前、ホントすごいな」

「英語のスペシャリストやな」


と友達から言われ、

「大したことしてないよ」

とニヤニヤしながら答えるのです。



同志社大学にぶっちぎりで合格し
英語があまりにもできるため

「留学を行かないか?」

と教授から声をかけられて
留学費用免除で行くことになります。



しかし、
この方法を実践しなかったあなたには
こんな未来が待っています。



英語が大の苦手であるまま
入試本番をむかえ、

「こんなの分かるわけねーじゃん」

「とりあえず鉛筆転がそ」


と言って勘で解くのです。
そんな運任せで受かるはずもなく
大学受験に失敗し


「浪人」


という地獄の生活を
送ることになります。



みんなが大学生で毎日
友達と遊んだり、
サークルのイベントに参加して
楽しんでいる中



一人孤独に勉強しているのです。






こんなふうに
あなたはなりたいですか?




絶対嫌ですよね。





では、お伝えしていきます。




長文が吐くほど嫌いだった私を
変えてくれた勉強法とは




「音読」



です。





英文を声に出して読みます。






ある日、
英語が大の得意で
偏差値70をずっと取り続ている
友達に勉強法を聞いてみたのです。



この勉強法を聞いたとき、

「まじで!?」

て大声を出してしまいました。
そんなことで本当に長文が
得意になるのかとビックリしたからです。




半信半疑ではありましたが
自分ではどうしようもできない
状態だったので、
とりあえず実践してみました。





すると、
どんどん長文の話の内容が
理解できるようになり


模試では長文の得点率が
8割を超えるようになりました。



それからだんだん長文が好きになり
一日の間に多い日には5,6題
問題を解くようになったのです。




あなたは日本語を
マスターするときに声に出して
覚えていきませんでしたか?




それと変わりません。



この方法は効果がすぐに出るので
皆さんにもすぐに実践してほしいです。





今すぐあなたに
してほしいことがあります。



それは



「今日から自分は
英文を読むお坊さんである」




と3回言ってください。



あなたは絶対に
英語が得意教科になります。


そして、
合格を勝ち取りましょう!





最後まで読んで下さって
ありがとうございました。




コメント待ってます!