大渡キャンプ場紹介 | 道志村『隠れ家的』ブログ

道志村『隠れ家的』ブログ

山梨県南都留郡道志村は、神奈川県との県境に位置し人口1750人の村です。
横浜・神奈川・東京から2時間程度で、富士山を望む絶景、清流道志川と『隠れ家』的秘境感を味わえます。
道志村のキャンプ場・温泉・渓流釣り・季節の情報をお伝えしていきます。


テーマ:

道志村『隠れ家的』ブログ



や~、一昨日、昨日の雨は、本当にすごかったでございますねえ

わたくしも、草むらに必至にしがみついてなんとか乗り越えましたぞ!



さて、今日はわたくし、ヘイケボタルが「大渡キャンプ場 」の紹介をいたしますぞ。



耳寄りな情報もありますでな、ぜひ最後まで読んでくださいな。




「大渡キャンプ場」は、国道413号線(通称・道志みち)添いにあり、

道志村の下(しも)にあるキャンプ場なのですぞ!


下というのは、東西28kmと細長~い道志村を、上(かみ)・中(なか)・下(しも)の3つに大まかに分けて、

そう呼んでいるのです。(富士山に近い方が上なのです)


下は、相模原寄りの地域なので、神奈川方面からのアクセスが良いのですぞ




まずは大渡キャンプ場の連絡先をお教えしましょう



〒402-0200山梨県南都留郡道志村大渡
TEL:0554-52-2376(予約受付12:00より)
自宅:
042-762-0836(佐藤)

予約・相談はすべて電話で受け付けているそうですぞ



大渡キャンプ場の場内には、清流・道志川の本流が流れておりましてな、

川遊びや、釣りが楽しめるのですぞ。

o(〃^▽^〃)o



↓小さな子どもでも遊べるような、浅瀬もありましてな、

きちんと整備されている様子でしたぞ(σ・∀・)σ


道志村『隠れ家的』ブログ-道志川(浅)



本流では、水深の深いところもありましてな、

深いところでは川遊びの醍醐味、「飛び込み」も

できそうですぞ


飛び込みの雄姿の瞬間を写真におさめれば、

クラスのみんなに自慢できますぞ~


わたくしも、今度挑戦してみましょうぞ。

よほほ(* ̄Oノ ̄*)


しかしながら、川遊びには危険もつきもの。

保護者のもと、怪我や水の事故にはくれぐれも注意して、

楽しく遊びましょうなぁ。



↓おや、こんなに大きな岩もありましたぞ (*^ー^)ノ

  すごいですなあ・・・


道志村『隠れ家的』ブログ-道志川



さて。

ここからは大渡キャンプ場の施設について、詳しく説明していきますぞ。



国道413を津久井方面から山中湖方面へと走らせますと、


↓途中このような看板が見えてまいりますぞ。

大渡キャンプ場の入口看板ですぞ。

 コカ・コーラの赤い看板が目立ちますな。

 
道志村『隠れ家的』ブログ-大渡入口


入口看板を入って、しばらく行くと

大渡キャンプ場に到着。


↓ここが、管理棟ですぞ。

  到着したら、まずはここで受付を済ませましょう。


道志村『隠れ家的』ブログ-管理棟

おや、自販機はやはりコカ・コーラなのですな( ̄▽+ ̄*)



やや!


大事なお方をまだ紹介しておらなんだ!

↓こちらの粋な前掛けをした殿方(右)が管理人の佐藤さんですぞ。


道志村『隠れ家的』ブログ-管理人


む?

なにやら、窓の上の方に魚拓が飾ってありますな。

なかなかの大物ですぞ。これはいったいどなたの作品かな?

今度、教えてもらいにいかなくてはなりませぬのぅ・・


薪などの販売や、レンタル品の貸し出しもこちらでしておるそうじゃ。



↓ここは、流し場(炊事場)

屋根がちゃんとついておりますな。


道志村『隠れ家的』ブログ-炊事場


キャンプといえば、やはりバーベキューですな。

網や鉄板の貸し出し(有料)もあるとのことですぞ。



場内では直火は禁止なのでな、場内にあるU字ブロックを使用するか

お手持ちのBBQコンロを持参して、ルールを守ってBBQを楽しみましょうな


そうそう、BBQで忘れてはならないのが「食材」ですぞ。

食材や油などは、ご自分で用意しましょう。


ときどき「肉忘れた!!」というお客さんがおりますれば、

みなさん気をつけましょうな。( ̄▽ ̄)=3



ささ、こちらが中洲のテントサイトですぞ↓

みなさん、思い思いの場所にテントを張って楽しんでおりますな。

この中洲のサイトへは、写真にある小さな橋を渡らねばならぬので、みんなテントセットを担いで渡るのですぞ。


男たちの活躍の場ですな(°∀°)b


道志村『隠れ家的』ブログ-中洲のテントサイト



おや?

↓こちらの大岩にかかった橋は、なんともレトロで良い味を醸してますなあ。

  記念撮影ポイントにぴったりではありませぬか:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


道志村『隠れ家的』ブログ-岩橋



さ、お次はお風呂ですぞ!


大渡キャンプ場では、場内に岩風呂があるのですぞ。


大人500円、子ども300円で利用できる

お風呂は受付で管理人さんに申し出てから利用しましょうぞ。



↓男女別、シャワー付きでゆったりと入れますぞ。


道志村『隠れ家的』ブログ-岩風呂


道志村『隠れ家的』ブログ-岩風呂



大渡キャンプ場では、テントサイト以外にも宿泊施設もあるのですよ。


4畳半/1棟・6畳/2棟・10畳/3棟・18畳/1棟があるのです。

詳しくは、管理人に問い合わせをしてみてくだされ。


↓これは、10畳の宿泊施設の様子ですぞ。


道志村『隠れ家的』ブログ-室内


↓こちらは、バンガローの様子
道志村『隠れ家的』ブログ-宿泊施設
(大渡キャンプ場webサイトより)




さてさて、ひととおり施設を紹介し終わったところで、

大渡キャンプ場の周辺の見所をお教えいたしますぞ。




場内を奥に行きますと、道志川の支流がございましてな。

その上流に向かって歩きますと・・・


大渡三段の滝」という名所があるのですよ。


さあ、ハイキングがてら滝を見にまいりましょう・・



ふう、ふう・・・

10分ほど歩いてまいりましたぞ。


ここで一息・・・


やあ、これはなんと立派な!

桂(かつら)の大木ですぞ!(ノ´▽`)ノ


道志村『隠れ家的』ブログ-桂の大木


無数の岩を抱きかかえながら、優雅にそびえたつ

樹齢300年以上はありそうな幹の太さは、

人間が手をつないだらいったい何人分であろうか・・?



大渡の森の主ですかなあ・・



さて、滝はもうすぐそこですぞ!



↓やや!徐々に滝が見えてまいりましたな


道志村『隠れ家的』ブログ-三段の滝入口


↓ややや!

こちらが大渡三段の滝

なんとも美しい滝ではございませぬか。(*⌒∇⌒*)

これはぜひ、みなさまにも生でご覧いただきたいですな。


道志村『隠れ家的』ブログ-三段の滝



三段の滝への路の途中には、大室山への登山口もございますでな。


今度は登山にもチャレンジしてみましょうぞ。



さ、追加情報


大渡キャンプ場からすぐ近くの国道沿いには人気の水くみ場(無料) があるということですぞ。

津久井方面から来て国道の大渡キャンプ場入口看板を過ぎて、

500メートルほど先(国道)の右手にございますでな


おみやげに清流の水を持ち帰るのもよいですな。

さて、ここでもう一度大渡キャンプ場への問合せ先をお教えしますぞ


〒402-0200山梨県南都留郡道志村大渡
TEL:0554-52-2376(予約受付12:00より)
自宅:042-762-0836(佐藤)

予約・相談はすべて電話で受け付け


入園料(1日) お1人様500円

駐車料金1台1000円(宿泊施設ご利用の方は無料)

テントサイト使用料1張1000円(テントは持参してください)

宿泊施設 バンガロー4畳半~18畳7棟:5,000円~

ほか、レンタル品あり


詳しくは、管理人にお問い合わせを!



さて、ここで、最後まで読んでくれたみなさまに

耳寄りな情報をお教えいたしますぞ。(`・ω・´)ゞ


大渡キャンプ場では、毎年8月に花火大会を開催しておりましてな


2011年は8月20日(土)19:00~予定しているとのことですぞ。

橋にかけたナイアガラの滝(花火)は見ものですぞ!


この花火大会は、大渡キャンプ場独自のイベントですからな、

早めの予約が必要ですぞ。

(詳しくは、管理人にお問い合わせ)




大渡キャンプ場のwebサイトはこちら



大渡キャンプ場への地図はこちら↓

http://yj.pn/bWy3_o




読者のみなさん、長いことお付き合いいただき、感謝いたしますぞ。

それではまた、お会いいたしましょう。


ヘイケボタルでした。


そうそう、このぶろぐは「人気ブログランクング」に登録しておりましてな。

ぜひぜひ、このブログが「おもしろかったよ~」と言ってくださるお方は、

↓↓下のボタンをクリックしてくだされ


みなさまの応援あってこそ、次回もがんばる気力が湧いてくるでなあ。


※↓励みになります。

人気ブログランキングへ


おわり


道志村観光協会ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス