俺の役者仲間の一人に、東京在住の岩田雄介という俳優がいる。


自由奔放 演技キャンバス ~ 岩田 雄介 ~ ←岩田君のHP


元々、このブログもその岩田君の紹介で始める事になったんやけど、

彼と出会ったきっかけは京都での時代劇の撮影やった。最初は確か、

『壬生義士伝』やったかな?以来、『あずみ』や『首領への道 劇場版』、

『統一への道』、『忠臣蔵~決断の時~』他、思い返せば彼が静岡の実家

に帰るまでけっこう同じ作品に出てる。同時に映ってない作品もあるけどw


事務所も違うしそんなにしょっちゅう顔合わせてたワケでもないのに、

なんでか知らんけど彼とは気が合うw芝居に対しての情熱ていうんかな、

姿勢がすげぇ自然で嫌味やないんよね。どんなジャンルでもそうやけど

夢を追いかけてる人っていうイメージって一般的にさ、一歩間違えれば

変にストイックっていうか、まるで苦行でもしてるかのようなイメージが

あるやん?夢を追うんやから当然そうなんかも知れんけど、俺はそれは

ちょっとちゃうんやないかなって思うんよ。誰に強制された訳でもない、

自分で選んだ道。だからこそどんな苦しい時でも弱音は吐きたくない。

どんな状況に置かれても「ほほぅ、そう来るか」ってどーんと構えてたい。


まぁ現実にはなかなかそうはいかんワケで、かくいう俺も理想と現実との

ギャップにいつも振り回されっぱなしなんやけどねw


ところが岩田君を見てると、気持ちがええぐらい自分のやりたい事に対して

貪欲に突き進んでいってる。一緒に京都で撮影行ってた時も常にカメラに

少しでも映れるように前へ前へ出て行ってた(たまに怒られてたけどw)。

でもホンマすげぇ刺激になったよ。岩田君見て学んだ事いっぱいあるし。


岩田君の自主映画『ドリームパーソナリティ』に参加させてもらった時も、

俺にとっては初めての自主映画出演という事でいつもの撮影所とはまた

一味違う貴重な経験もいっぱいさしてもらった。作品の中で俺の演技が一体

どこまで力になれたかは解らんけど、また機会があったら是非呼んでな♪


とにかく表現者として自分の生き方を常にストレートに表現し続けている、

岩田雄介という男に要注意、ぢゃなくて要チェックw

(ここまで書いたんやからギャラ支払えよ岩田君♪)


AD