正直、芸能関係は苦手というより、テレビを見ないので知らないのですが、それでも今回の問題について一言述べたいと思います。タレントのマツコ・デラックスがそれまでの毒舌スタイルを批判され、またパチンコ議員による抗議を受けるなど心労が重なり周囲に休養を願っているとのことです。

しかし、一方でマツコ・デラックスは気が強い性格であり、自分のスタイルを変更することは考えていないとも記事は伝えています。この記事が正しいのかどうかを判断する材料が無いことを最初に述べておきます。実際は違うかも知れないし、またもっと酷い状況なのかも知れません。

この記事が正しいとした上での桜井個人の所感であることを、読者諸氏にはご理解頂きたいと思います。まず、今マツコ・デラックスを叩いているネット界隈の人間は、ついこの間、そのマツコ・デラックスが韓国人を叩く動画を観てやんやの大喝采を送っていた連中ではなかったのでしょうか?

桜井も、その際の動画は見てますが、(日本に文句を言う韓国に対して)彼が「だったら日本に来るな!」「日本ほど寛容的に韓国人を受け入れている国は無い!」と叫んでいる姿に「よく言ってくれた」と感心しました。韓国に媚びへつらう人間がテレビの中央に陣取っている中で、勇気をもって日本人としての誇りを示してくれたものだと思ったのです。

この時、マツコ・デラックスを支持していた人間が、今回の特定政党を支持する人間を「気持ち悪い」と彼が番組の中で酷評したという理由でマツコ・デラックスを叩いているのです。豹変する(掌返しの)ネット界隈の病巣を如実に表わしていると思わずにはいられないものです。