人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

行動する保守運動

http://www.koudouhosyu.info/

 

日本第一党

党首のつぶやき毎日更新中!

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

この論議をするに早いという人もいるかも知れませんが、いやしくも政党を立党し、責任をもって政策を論じるのであれば避けて通ることは出来ないと思います。その政策とは…「大麻」です。大麻について、恐らく皆さんは負のイメージでしか捉えていないでしょう。しかし、一方で切実に大麻を必要としている人たちもいるのです。もちろん、この大麻を必要としている人たちというのは、薬物中毒患者のことではありません。そもそも、現在のように厳しく大麻が違法薬物として取り締まられるようになったのは、戦後のことです。それまでの間、我が国において大麻は神道祭祀と切っても切れないものでした。例えば、伊勢神宮のお札も元々は「神宮大麻」と言われるお札で、大麻草を使用していました(現在は紙製)。神宮奉斎会本部が発行した『神宮大麻と国民性』によると、「大麻は之を仰ぎ崇敬の念を致すべき御神徳の標章」であると記しています。更に現在でも社によっては、しめ縄など結界を作るのに大麻縄が使用されているなど、神道の祭祀に欠かせないものだということが分かると思います。我が国の人間は、縄文の昔より大麻を嗜好品ではなく、神聖なものを守る、汚れを祓う神聖物として大麻を利用してきたことが理解できるのです。昨今の大麻の栽培の厳しい取り締まりで、日本古来の神道の祭祀がどんどん廃れていることは忘れてはいけない事実です。

 

大東亜戦争で敗北した我が国はGHQ(事実上の米軍)統治下におかれました。その統治政策の中で、大麻取り締まりの命令をGHQは何度も出します。その大麻取り締まりが現在に繋がっているのです。では、なぜ米軍が大麻取り締まり令を強行したのか?と言えば、神道と国家の結びつきでした。いわゆる国家神道でああった、日本人の宗教観を変えたかった米国は神道にとって大切な祓いの道具であった大麻を、薬物としての大麻に位置付け日本から一掃しようとしたのです。そして、現在、反米主義を訴える反日パヨクらが、その米国による大麻追放運動に何も語らず、誰もが「大麻」を忌避する中で、もはや風前の灯火となった大麻と日本文化の関りは断ち切られる寸前にまで来ているのです。文化の断絶が、こうして他国人の思惑で行われることに憤りを感じると共に、我が国において神道祭祀の中における大麻の使用という観点での検討も必要ではないかと思うのです。そして、大麻のもう一つの側面、その成分から鎮痛作用、沈静作用、催眠作用、食欲増進作用、抗癌作用、眼圧の緩和、嘔吐の抑制など効能の面も注目されます。こうした医療側面から、現在、米国(全米50州のうち29州)で使用されているほか、カナダ、オランダ、オーストリア、イスラエル、スペイン、フィンランド、ベルギー、イギリス、ドイツ、オーストラリア、コロンビア、ジャマイカなどで、医療大麻の使用が認められています。

 

決して、諸外国に右へ倣えではなく、日本において現行の鎮痛剤が効かない人たちがおり、その人たちにとって生きていること自体が地獄の苦しみになっている中で、大麻という選択肢を広げることで生き地獄の苦しみから救えるのであれば、救うことを検討するのが政治の領分ではないでしょうか?医療大麻どころか、嗜好品として米国やオランダなど各国で徐々に開放が始まっている「大麻問題」をこれ以上、引き延ばしにすることは出来ません。確かに、いくら米国の指示に基づく大麻取り締まりであったとしても、現状の我が国の「大麻を悪としか考えない」教育を行っている中では、直ぐに問題が俎上に上ることはないでしょうし、皆さんが考える機会もなかなかないとは思います。それでも、この問題から目を背けることは、我が国の文化を失い、文化を否定し、本当に苦しんでいる人たちに救いの手を差し伸べないことに繋がるのです。単に、嗜好品として開放しろと主張しているのではなく、神道祭祀の中での神聖物としての「大麻」及び医療大麻の二種類に限っては、これまで同様に厳重な管理・監督のもと、使用を認めてもいいのではないかと思うのです。

 

多くの人にとって「悪」の存在である大麻をめぐる議論を提起し、それを何時の日か政治の場に挙げること、それが日本第一党の役割だと信じます。これまでのどの政党も踏み込んで議論してこなかった問題だからこそ、タブー無しに日本の問題点を考えることを党是とする我が党のみが出来ることなのです。大麻問題に関する皆さんのご意見を是非お聞かせ下さい。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<行動する保守運動からのお知らせ>

 

平成30年1月28日(日)、行動する保守運動主催(代表世話人:堀切笹美、現場責任者:岡村幹雄)によるデモ行進、『大嫌韓デモ2018』が開催されます。是非、当日は皆様お誘いあわせの上、新宿柏木公園に参集下さい。行動する保守運動主催ですので、どなたでもご参加頂けます。昨今の日韓関係の悪化に伴い、ようやく我々行動する保守運動の主張の正しさが、日本全国で認められました。政府に対し、断交を求める民意を見せつけましょう!宜しくお願いします。

 

詳細は 行動する保守運動 南関東地区カレンダー をご覧下さい!

 

 

1・28 大嫌韓デモ 2018 in 新宿


日韓合意破棄!

日韓で行う合意とは日韓断交のみである!

 

【日時】

平成30年1月28日(日)

16:00集合 16:30出発

【場所】
新宿 柏木公園
http://ur0.link/I4aF
JR新宿駅西口 徒歩10分

【主催】
行動する保守運動

【代表世話人】
堀切笹美

 

【現場責任者】
岡村幹雄

【生中継】

16:00よりふわっちで放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【問い合わせ先】

行動する保守運動

koudousuruhosyu@gmail.com


【注意】 
・雨天決行
・現場責任者の指示に必ず従ってください。
・韓国は「旭日旗」に異様に反応するので「旭日旗」大歓迎です。
もちろん、日章旗、Z旗の持ち込み大歓迎!
・デモの趣旨に沿ったプラカードの持ち込み歓迎です。
・拡声器の持ち込み大歓迎!
・デモ中のコールを潰す不規則発言はご遠慮下さい。
・チマチョゴリなど日本にそぐわない服装はご遠慮ください。 
・また、危険物の持込は厳禁とします。

 

※ 取材を希望されるメディアは1月25日(木)までに問い合わせ先まで取材申請をして下さい。当日、飛込での取材要請は一切受け付けませんのでご留意願います。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党からのお知らせ>

 

日本第一党 結党一周年記念パーディー


党員の皆様に於かれましては、平素より日本第一党の党勢拡大に向けてご支援、ご協力を賜り誠に有難うございます。

早いもので、我が党は間もなく昨年の結党大会より1年を迎えます。昨年の東京都議会議員選挙では、たった一人の公認候補しか擁立が叶いませんでしたが、来年行われる統一地方選挙では、より多くの候補者を立て、全党挙げて選挙戦を戦います。

そこで、党員の皆様と新たな決意と団結を固めるとともに、結党1周年を迎えるにあたって一周年記念パーティーを開催することになりましたので皆様にご案内申し上げます。

 詳細は公式サイト 党員専用掲示板にて確認下さい。

【日時】
平成30年3月中

【参加資格】
日本第一党党員

※ お申込みは定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。

※ ドレスコード「平服」の着用をお願い致します。
女性:例 スーツ、スカート+ブラウス、ワンピース、和装
男性:例 ダーク系スーツ、カジュアル過ぎないスーツ、和装

この催物は、政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【残り9席】 桜井誠 時局講演会 【党員限定】

日本第一党党首 桜井誠による時局講演会を開催致します。党員の皆様、奮ってご参加下さい!今月下旬に詳細を掲載する予定です。

この情報はあくまで一次情報です。

変更になる場合がありますのでご注意下さい。

【受付期間】 
平成30年1月10日(水)~平成30年2月5日(月)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 

【日時】
平成30年2月中

【場所】
東京都内

【講演会参加費】
お一人様 2,000円
         
【講演会(残席)】
90席 (9席)
※ 1月24日現在


【申込方法】
日本第一党公式サイト参照

★ご注意下さい★
数日経っても返信が届かない場合はメールの初期設定で迷惑メールに入ってしまっている可能性があります。

【主催】
日本第一党 本部

【生放送】
ふわっちにて放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

【残り50席】 NEXT LEVEL もうひとつの明日へ 【島根県講演会】

 

~日本第一党が切り拓くこの国の未来~


矛盾が矛盾を生み、閉塞感漂う世の中で全国を飛び回り突破口を切り拓いて開いて来た日本第一党党首桜井誠が竹島の日、島根に登場!既存政治の延長線ではない日本第一党の描くもうひとつの明日(未来)を語ります。
NEXT LEVEL 結党大会から一年、日本第一党は次のLEVELへ

この情報はあくまで一次情報です。

変更になる場合がありますのでご注意下さい。

【受付期間】 
党員 平成30年1月10日(水)~平成30年2月15日(木) 
一般 平成30年1月14日(日)~平成30年2月15日(木)


※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 

【日時】
平成30年2月22日(木)
13:30開場 14:00開演
※ 開始時間が変更になる場合があります。

【場所】
島根県松江市
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講演 雲見竜也(日本第一党 島根県本部長)
演題 『緊急レポート:竹島問題から来る日本人の食卓の危機』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)   
演題 『未定』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
演題 『竹島奪還への道程 これまで、そしてこれから』

<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+雲見竜也 
『強奪国家韓国と日本はどう向き合うべきか?』

質疑応答

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円
         
【講演会(残席)】
70席 (50席)

※ 1月24日現在


【申込方法】
日本第一党公式サイト参照

★ご注意下さい★
数日経っても返信が届かない場合はメールの初期設定で迷惑メールに入ってしまっている可能性があります。

【主催】
日本第一党 島根県本部

【会場責任者】
雲見竜也 (島根県本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方