人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

「都知事としての職務に専念する」として、小池百合子が希望の党代表辞任の意向を発表しました。都民ファーストの会代表辞任のときとまったく同じです。これで二つの組織の代表を辞任した小池百合子は、その人気の凋落ぶりを明らかにしただけではなく、自身の今後の展望も自分で幕を引いた形になりました。小池百合子を支持していた皆さんにはご愁傷様としか言いようがありません。これが緑のたぬきと呼ばれた女の最期でした。小池は権力欲の非常に強い女であり、権力を掴み取るためなら、力のある者なら誰にでも靡き、あるいは遠慮なく斬り捨てるという人物です。この点は、これまでの自民党の権力者と大して変わらない考え方であり、それを体現してきたからこそ「政界渡り鳥」などの二つ名を賜っていたのです。しかし、それもここにきて、完全に裏目裏目に出てしまいました。今年行われた都議選で大勝した都民ファーストの会代表を早々に放り投げたかと思えば、突然、それまで新党(希望の党)代表に決まっていた若狭勝(総選挙落選後、政界引退)を排除して自身が新党代表に就き、ゆくゆくは総理の座も…と思っていたのでしょうが、上記の通り彼女の野望は潰えたのです。

 

小池の乱、ともいうべき状況ですが、いったい彼女はどこで選択を誤ったのでしょうか?それぞれに意見があると思いますが、桜井は希望の党代表に就任した時からだったのではないかと考えます。たしかにその時点では、国民の支持も高く、自公中道左派連合の牙城を突き崩す勢いでした。具体的には総選挙で150議席以上の獲得も夢ではないとされていたのです。この予想通りであれば、いち早く希望の党の代表に就いた小池百合子は、総選挙後直ちに政権与党側(自民党)と話し合って自民党+希望の党(もしくは更に+公明党)の左派連合で政権を維持する形を模索したはずです。更に、いきなりは難しいでしょうが、まずは希望の党から重要閣僚を出して、ポスト安倍で近い将来に小池百合子総理誕生を夢見て居たい筈です。ところが、彼女が民進党左派(つまり極左)の排除を明言したあたりから、世論の風が徐々に止まり始めたのです。それでも、このとき小池が「希望の党はあくまで保守主義を掲げるものであり、そうであるなら踏み絵など当然ではないか!」と強行に押し進めば、また世論も変わったのでしょうが、彼女にとって「保守」などどうでもいい、政界の小道具に過ぎず、踏み絵問題が大きく世論を動かしていくことになります。

 

そして、極めつけだったのが、小池百合子出馬問題でしょう。最初に言っておきますが、桜井は小池百合子が都知事の職を投げうって総選挙に出馬することには最後まで反対しました。昨年の都知事選で公約したことを何もなし得ず、今度は総選挙があるので都知事を辞めます、は余りにも有権者を馬鹿にした態度だと言わざるを得ないからです。しかし、政治的判断ということであれば、代表が転身して総選挙に出馬しなかったことが希望の党の敗因に繋がったのも事実です。さらに、選挙中は都知事の公職を放り投げて全国遊説を行ったため、都政が停滞するという最悪の事態も招き、完全に悪循環に陥っていったのです。最初の政治組織、都民ファーストの会代表辞任の際に「都知事の職責に専念する」といって代表を辞職したはずですが、その辞任の時の言葉を自身の行動が打ち消すという、三文喜劇のヒロインでも演じていたかのようでした。こうしたことを考えれば、その時その時で最良の選択をしたように(本人は)思っていたかも知れませんが、実際は最悪の時に最悪の選択をし続けていたのが小池百合子だったのです。だから、最初に話を戻して、彼女が希望の党の代表に就任した時から選択を誤っていたと判断するのです。

 

そして、トドメとなったのが、先日行われた葛飾区議選であり、区議選では希望の党から5人の立候補者を出して1人しか当選できなかったという、完全に小池人気の凋落ぶりを表す結果になりました。そして、昨日の希望の党からの完全撤退(代表辞任)に追い込まれたのです。小池百合子の無責任さだけが際立った今回の希望の党騒動でしたが、これで収束し左党は終わりを迎えました。しかし、一方でもう一つの民進党、第三民進党の立憲民主党が意外と国民の支持を得ていることに注意を傾けるべきでしょう。共産党が失った票(議席半減)が立憲民主党に流れていることは、これからこの党がソフトコミュニズム(ソフト共産主義)ともいうべき立場で、国内極左グループの代表になる可能性を強く示唆しています。日本を守ろうと立ち上がった多くの国民は、この動きを注視し、油断することなく極左政党、立憲民主党の今後の動きに備えるべきなのです。

 

 

<お知らせ>

 

日本第一党 大阪府本部の本部長、会計責任者の公募が始まりました。再来年の統一地方選挙に向けて万全の体制を敷くためにも、是非大阪在住の日本第一党党員の方には積極的に応募して頂きたいと思います。詳細は党公式サイトから人材募集掲示板へ進まれて確認して下さい。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<生放送番組表>

 

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<行動する保守運動からのお知らせ>

 

全国一斉! 戦争狂国 北朝鮮を非難する国民大行進 in 新宿

北の悪豚を丸焼きにするぞ!
戦争大好き北朝鮮を叩き潰せ!
テロの資金源、違法賭博パチンコを止めるぞ!


核、弾道弾実験で戦争挑発行為を繰り返す北朝鮮。更に、北朝鮮の公式声明で「核の炎で日本を焼き尽くす」「ジャップ列島(原文ママ)は核で海に沈まなければならない」など日本に対する憎悪を掻き立てるヘイトスピーチを国家が行う異常性。そんな北朝鮮に断固抗議の声を上げるべく、全国で北朝鮮への非難、日本政府に国民の命を守るべく行動することを求めるデモ行進を実施します。

※ 全国一斉で行われる北鮮非難デモの総指揮を執るのは 『 桜井誠 』 です!

<デモ行進>
札幌 http://ur2.link/GEin

東京 http://ur2.link/GEig

名古屋 http://ur2.link/GST4

福岡 http://ur2.link/GSTe

 

<街宣>

大阪 http://ur0.link/H05Q

広島 http://ur2.link/GEM4

<抗議文投函>

愛媛 http://u0u1.net/H2CQ

【日時】
平成29年11月19日(日)
集合 15:00
出発 15:30

【場所】
新宿花園西公園
東京都新宿区新宿1-32

【交通】
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 8番出口 徒歩三分
都営新宿線 新宿三丁目(伊勢丹前)駅 C7出口 徒歩五分

【生放送】
ふわっちにて放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【主催】
行動する保守運動

【現場責任者】
堀切笹美

【注意事項】
当日は、動画撮影が入りますので各自対応お願いします
日章旗・旭日旗・Z旗・手作りプラカード大歓迎
特攻服など現場にふさわしくない服装はご遠慮ください
現場責任者に従い秩序ある行動をお願いいたします

※ 事前申し込みのない取材は固くお断りします
※ 主催側の負担を軽減するためプラカードは極力各自でご用意下さい
※ 情報は変わることもあります。直前までチェックされる様にお願いします。

【問い合わせ/取材申し込み先】
行動する保守運動メールアドレス
koudousuruhosyu@gmail.com

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

【残り45席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 申し込み期限 11月26日(日) 迄

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)

『平成の先駆者は、何処に』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(45席)
※ 11月15日現在

 

【申込方法】
下記の確認事項について同意の上、住所、氏名、党員番号(党員の方のみ)、電話番号、懇親会の出欠を記載し、

yamaguchikouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず速やかに退去すること

★ご注意下さい★
数日経っても返信が届かない場合はメールの初期設定で迷惑メールに入ってしまっている可能性があります。
返信が届かない場合は一度設定をご確認頂き、yamaguchikouen@japan-first.net までご連絡下さい。

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り86席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 未定 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
86席 (100席)
※ 11月15日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

リブログ(9)

コメント(12)