人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

糞チョソン人(反差別界の小さな巨人野間先生推奨語)が広島の平和公園利用について「広島市は在特会を暴力団と認識し公園での集会利用を許可しないとしている」などの妄言をまき散らしています。


そのため平成26年7月1日、菊地内記副会長が広島市の緑政課に直接連絡を入れて事実関係を問い合わせたところ以下の通り回答がありました。内容について菊地副会長よりこの通りで間違いないと確認してもらいましたので、修正せずにそのまま掲載します。


広島市緑政課の回答


「在特会さんに限らず、いかなる団体であっても慰霊以外の目的では使用できませんとご回答したところ、勘違いされてしまいました。在特会さんはいつも整然と、拡声器の使用も控えていただいていて助かりますが中核派やNAZENはこちらの言うことを聞いていただけないので逆にそちらで困っているのが現状です。」


「ヒロシマ・アクション(在特会に使用させるなと要求している団体)からは暴力団とのつながりとか言われましたが、在特会さんは在特会さんですし暴力団排除条例がありますから大丈夫ですよと条例を示したところ揚げ足をとられた・・・はめられてしまったのかなというのが本音です。こちらの言葉で、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」


上記内容については発言を転載することを緑政課担当者にも伝えており許可もとっています。各所から緑政課に抗議が入っているとのことで、担当者も糞チョソン人の卑劣な虚言妄言に困っている様子だったと報告を受けています。くたばれ反日極左!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

待望の丸ごと一冊在特会本
『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』

序 章 京都朝鮮学校公園不法占拠事件と不当な賠償判決
第一章 時代の必然で誕生した在特会
第二章 反ヘイトスピーチと戦う在特会
第三章 反日激化の韓国に立ち向かう在特会
最終章 在特会のこれから


ご注文は全国書店または以下のURLからからどうぞ
↓↓↓

在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

7月05日(土)

(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/説教編】 ☆⌒★ヾ(・д・。)


7月06日(日)

7月6日 反日サヨクから福島県民を守れ! in 福島市 【福島支部】

国民よ少年少女の薬物汚染を許すな! 街宣 in 京都 【京都支部】


7月12日(土)

犯罪を犯す不逞鮮人は即刻国外退去にせよ!これ以上の在日特権を許すな!街宣 in 元町 【兵庫支部】


7月13日(日)

移民受け入れ断固反対デモ行進 in 西川口 【埼玉支部】

捏造従軍慰安婦及び河野談話を粉砕デモ in 広島 【広島支部】

反日サヨク集中対策学習会 in 仙台 【宮城支部】


8月03日(日)


鶏泥棒強盗団(俗称「朝鮮通信使」)パレードに断固抗議 in 対馬 【福岡支部】


9月14日(日)

<講演会> 村田春樹が埼玉の過去と今を語り尽くす! 【埼玉支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

7月01日 現在
登録会員 14522

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。