慰安婦プロパガンダに負けない心を持とう! | Doronpaの独り言

Doronpaの独り言

徒然に時事問題など取り上げています。
行動する保守運動の活動なども紹介しています!


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

米国民主党を中心に慰安婦問題を道具に韓国系による反日運動に傾倒する米国議員が増加しつつあります。米国内の世論を見るかぎり一般市民の間ではこの問題への関心は低いようですが、政治家への影響力を持つ有力紙などがねつ造された慰安婦問題を取り上げ、あくまで我が国によるアジアの女性たちへの強制的な性奴隷事件だとして非難する論調が広がりつつあります。


そもそも論で慰安婦問題とは売春を当時の価値基準でどう捉えるかという問題であり、現在の価値観で少しでも軍が関与した売春行為が「強制売春」あるいは「性奴隷」と指摘するのであれば、当の米国が終戦直後に日本でやった強姦事件の数々、さらにその強姦事件を未然に防ぐための米軍専属売春は彼らの言うところの「米軍専属の性奴隷」であり、自らの恥ずべき行為を棚に上げて慰安婦問題で日本を非難する資格などないのです。


そこで5月18日(日)に米国への抗議として、米軍専属の性奴隷とされた「パンパンガール」たちの名誉回復を求めるデモ行進を企画しました。まだ第一報ですので未定部分がありますが、詳細は決定次第随時追記してまいります。また今回は問題の性質に絡んで、在特会女性部が前面に立っての企画運営を行うよう指示いたしました。


とくに女性の皆さまの一人でも多くのご参加を心よりお願いします。


米軍の性奴隷にされた日本人女性たち「パンパンガール」の名誉回復を求める国民大行進 in 東京


ふざけるなアメ公!男として恥を知れ!
慰安婦問題の前に自分たちのやからした性奴隷問題を解決しろ!


昭和20年8月15日の敗戦後、我が国に米軍を主体とする連合国が進駐してきました。そして、各地で米軍兵士による一般の日本女性への強姦が頻発しましたが、敗戦直後の我が国には米軍にものを言う術もなく、やむを得ず当時売春業を営んでいた女性たちに行政の責任者たちは「ほかの女性たちを守るため米軍兵士に体を売ってほしい」と土下座して頼んだのです。


勝者として驕り、敗者の女性たちを強姦し性奴隷にしてきた米国ですが、自分たちの恥ずべき行動を顧みず「ねつ造慰安婦問題」で対日批判を行うなど断じてゆるされるものではなく、ここに改めて米国による史上最悪の性犯罪の実態を告発するとともに、かつて「パンパンガール」と呼ばれた米軍専属の性奴隷にされた日本女性たちの名誉回復を私たちは求めます。


【日時】
平成26年5月18日(日)
※時間未定、開催日は変更になる場合もあります。最新情報をチェックしてください。


【集合場所】
未定


【生放送】
ニコニコ生放送にて中継予定
中継先URL未定


【現場責任者】
梅乃結(在特会本部広報)


【注意事項】
・雨天決行
・日章旗、拡声器、プラカードなどの持ち込み大歓迎
・ハーケンクロイツなど趣旨に合わない旗物類、コスプレ、特攻服など現場に相応しくない服装はご遠慮ください
・チマチョゴリ、チャイナドレス、人民服など日本に相応しくない服装はご遠慮ください
・撮影が入る可能性が高いため必要な方はサングラス等で対策してください
・現場責任者の指示には必ず従ってください


【主催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部


【共催】
在特会 埼玉支部/千葉支部/神奈川支部/群馬支部/茨城支部


【協賛】
協賛団体(個人)を募集しています
応募される個人・団体の方は東京支部メールアドレスまでご連絡ください


【取材申し込み】
取材を希望されるメディア、個人の方は在特会広報局まで許可申請を行ってください
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=2


【問い合わせ先】
在特会東京支部メールアドレス
zaitokutokyo@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<ピックアップイベント>

桜井誠・出版記念講演会 in 札幌

昨年12月24日、当会会長桜井誠による『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』が出版されました。会創設者の視点で在特会をメインコンテンツとした初めての書籍となります。そのような観点からも、いわゆる行動する保守運動を語る上で必携です。そこで出版を記念し、北海道支部では桜井誠会長を招き講演会を開催致します。「在特会とは?」「行動する保守運動?」などの素朴な疑問をお持ちの方から、当会活動に興味をお持ちの方、お待ち申しております。


【日時】
平成26年4月27日(日)14:00~16:00
挨拶 14:00~14:20
講演 14:20~15:30
    『世論を変えた戦後唯一の保守運動は何を目指すのか?』
質疑 15:30~16:00


【場所】
かでる2・7 940研修室
(札幌市中央区北2条西7丁目)


【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv177036456


【入場料】
500円
※特別会員の方は無料になります。受付で会員証をご提示下さい。


【主催】
在日特権を許さない市民の会北海道支部


【協賛】
俊傑憂憤の集い/そよ風北海道


【現場責任者】
藤田正樹(北海道地区担当副会長)


【問い合わせ】
北海道支部メールアドレス
zaitokuhokkaidou@gmail.com


【注意事項】
・当日は、写真や動画撮影が入りますので各自対応お願いします。
・現場責任者の指示には必ず従い、講演会の進行を妨げる行為はしないで下さい。
・報道関係者様は、本部広報部に許可を受けた上でお願い致します。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

待望の丸ごと一冊在特会本
『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』

序 章 京都朝鮮学校公園不法占拠事件と不当な賠償判決
第一章 時代の必然で誕生した在特会
第二章 反ヘイトスピーチと戦う在特会
第三章 反日激化の韓国に立ち向かう在特会
最終章 在特会のこれから


ご注文は全国書店または以下のURLからからどうぞ
↓↓↓

在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

4月25日(金)

(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/昭和編】 ☆⌒★ヾ(・д・。)


4月26日(土)

定例街宣 我が国に移民なんか要らないぞ!! 【千葉支部】


4月27日(日)

河野談話破棄を求める国民大行動 in 名古屋 【中部地区】

桜井誠・出版記念講演会 in 札幌 【北海道支部】

全国一斉 河野談話破棄を求める国民大行動 in 仙台 【東北地区】


4月29日(火/祝)

昭和の日を冒涜する反日極左粉砕! デモ行進 in 大阪 【大阪支部】


5月03日(土)

国民よ、国家を守れる憲法を作れ 街宣 in 草津 【滋賀支部】


5月04日(日)

年間20万人移民受け入れ政策絶対反対!京都街宣 【京都支部】


5月10日(土)

奈良県民よ立ち上がれ! 新体制奈良支部初街宣 【奈良支部】


5月11日(日)

年間20万人移民受け入れ政策絶対反対! デモ行進 in 大阪 【関西各支部】


5月17日(土)

滋賀支部発足4周年記念街宣 in 大津 【滋賀支部】


5月18日(日)

軍の性奴隷にされた日本人女性たち「パンパンガール」の名誉回復を求める国民大行進 in 東京 【東京支部】


5月25日(日)

桜井誠 出版記念講演会 in 北陸 【福井支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

4月24日 現在
登録会員 14359

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。