【参加の呼びかけ】 2・22 『竹島の日』 記念 国民大集会 & 国民大行進 in 松江 | Doronpaの独り言

Doronpaの独り言

徒然に時事問題など取り上げています。
行動する保守運動の活動なども紹介しています!


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

いよいよ明日22日、島根県松江市にて民間主催による竹島の日記念 国民大集会&国民大行進を実施します。以下の詳細告知を確認のうえ、心ある国民の皆様一人でも多くのご参加をお待ちしております。

2・22 『竹島の日』 記念 国民大集会 & 国民大行進 in 松江


明治38年(1905年)1月28日、大日本帝国政府は竹島を島根県に編入することを閣議決定し、同年2月22日に島根県知事が竹島の所属を定めた告示を行いました。国際法では「無主の地(領土宣言がなされていない土地)は一番最初に自国領土への編入を宣言した国への帰属が認められる」となっており、当時領土宣言がどの国からもなされていなかった竹島は日本領土となりました。


しかし、昭和20年8月15日の敗戦以降、突如として韓国の李承晩大統領(当時)が竹島を自国領土と宣言し、竹島を含む海域に「海の平和線(李承晩ライン)」を引き、ライン内に入った者は誰であっても攻撃することを宣言したのです。


国際法を無視した一方的な宣言によって、日本は竹島近海で漁業を営んでいた漁師ら44名が殺傷され、4000名近い人たちが拿捕・韓国へ強制連行というとてつもない被害を被ることになりました。この無法行為による日本側の被害について未だに韓国政府は謝罪も賠償もしていません。


以降、竹島は韓国によって不法占拠されたままの状態であり、なおかつ平成25年10月には韓国軍が竹島で軍事演習を行ったことを初めて公にし、我が国領土が他国軍隊によって侵略されている実態が多くの国民に認知されました。


一日も早い我が国固有の領土竹島の奪還を求めて、在特会は現地島根県松江市において国民大集会および国民大行進を企画しました。会場は300名会場となります。一人でも多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。(在特会会長 桜井誠)


※ 下記情報は今後加筆修正される場合があります
※ 22日当日まで頻繁な情報確認をお願いします



【日時】
平成26年2月22日(土)
12:00開場 12:30開始 16:10終了予定


※ 集会終了後に『2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進』


【場所】
松江テルサ Aホール (300名会場)
http://www.sanbg.com/terrsa/access/index.html


最寄り駅 / JR松江駅 北口から徒歩1分


【プログラム】
12:00 開場


12:30 開始 / 君が代斉唱


12:35 主催者あいさつ / 先崎玲 (在特会中国地区担当副会長)


12:45 在特会中国地区各支部あいさつ
   大島聡 (在特会島根支部長)
   室博之 (在特会鳥取支部長)
   直江武 (在特会広島支部運営)


13:15 講演第一部
  『韓国による領土侵略に立ち上がる日本国民』
   講師 桜井誠 (在特会会長)


14:00 休憩


14:15 講演第二部
  『怒れ!日本人』
   講師 村田春樹 (維新政党新風 国民運動委員)


15:00 閉会のあいさつ


15:10 国民大行進説明
   大島聡 (在特会島根支部長)より案内


15:30 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進
   JR松江駅北口前出発
   駅周辺周回コース


16:10 国民大行進終了予定
   JR松江駅帰着


【入場料】
無料
※ 受付に寄付箱を設置します


【生放送】
ニコニコ生放送にて12:00より中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv169596542


【主催】
在日特権を許さない市民の会 島根支部


【共催】
在特会 鳥取支部 / 広島支部 / 山口支部


【国民大集会 / 会場責任者】
桜井誠 (在特会会長)
先崎玲 (在特会副会長)


【国民大行進 / 現場責任者】
大島聡 (在特会島根支部長)


【注意事項】
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
チョゴリなど日本にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
会場責任者の指示に必ず従ってください
集会の進行を妨げる行動には厳しく対処いたします
トラブル防止のため旧レイシストをしばき隊、男組関係者の立ち入りを固く禁止いたします


【取材申し込み】
取材を希望される個人・団体の方は在特会広報局まで事前に申し込みください。
事前申し込みのない当日取材の依頼はすべてお断りします。
また事前の申し込みがあった場合でも、広報局にてお断りする場合もありますので予めご了承ください。


在特会広報局
zaitokukohou@gmail.com


【問い合わせ】
在特会島根支部メールアドレス
zaitokusimane@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

平成25年12月24日発売
『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』
が各所で好評を博しています。

京都朝鮮学校による勧進橋児童公園不法占拠事件(都市公園法違反で有罪確定)に対して抗議の在り方が問われている民事訴訟について、平成25年10月7日に京都地裁で判決が下りました。以降、全国のほぼすべてのメディアが総力を挙げて「在特会」を熱狂的に報じてくれたため、その知名度・影響力をこれまで以上に拡大浸透させることができました。


しかしながら、京都地裁の判決について「在特会」に取材を申し込んだ国内メディアが一社もなく、取材要請はすべて外国メディアからのものだけでした。そのため、日本で初めて在日問題に正面から取り組む市民団体として立ち上げられた「在日特権を許さない市民の会」について、興味を持たれた一人でも多くの日本国民の皆さまに知っていただくための方法を模索いたしました。


幸いにして会の活動に理解を示して頂きました青林堂さんにご協力を頂き、ジャーナリスト西村幸祐氏のインタビューを受ける形で本書の出版に漕ぎつけることが出来ました。初めて在特会を知った方にもできる限り平易にご理解いただける内容になっているかと思います。是非以下の案内よりご購読ください。

待望の丸ごと一冊在特会本
『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』

序 章 京都朝鮮学校公園不法占拠事件と不当な賠償判決
第一章 時代の必然で誕生した在特会
第二章 反ヘイトスピーチと戦う在特会
第三章 反日激化の韓国に立ち向かう在特会
最終章 在特会のこれから


ご注文は全国書店または以下のURLからからどうぞ
↓↓↓

在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

2月22日(土)


2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民街頭大演説会 ~ 関西地区まとめ ~

2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進 ~関東地区まとめ~

2・22 『竹島の日』 記念 国民大集会 & 国民大行進 in 松江 【島根支部】

2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民街頭大演説会 ~ 中部地区まとめ ~

2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進 ~ 九州地区まとめ ~

2・22 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進 ~ 北海道地区まとめ ~


2月23日(日)

ブルーインパルスを愛知の空に!街宣・署名活動 【愛知支部】

2・23 全国一斉 竹島奪還! 国民大行進連動活動 ~ 東北地区まとめ ~

3月08日(土)

3・8 反原発集会カウンター活動 in 福島市 【福島支部】



3月16日(日)

いざ日本! 春の保守勢力総決起集会 in 池袋 【東京支部】



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

2月19日 現在
登録会員 14207

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。