名古屋ヘイトスピーチ講習会の意義 その1 | Doronpaの独り言

Doronpaの独り言

徒然に時事問題など取り上げています。
行動する保守運動の活動なども紹介しています!


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

行動する保守運動カレンダー 全国版
http://calendar.zaitokukai.info/


ツイッター
https://twitter.com/#!/doronpa01

現在、八木副会長が各地で進めているヘイトスピーチ講習会について、副会長がその意義を著述しています。以下2回に分けての紹介になります。是非ご一読ください。


 私どもが受けている裁判とは異なりますが、皆様は平成24年(ワ)第6690号、いわゆる「南京裁判」取立訴訟というものをご存知でしょうか。原告はシナ人の夏淑琴、被告は展転社と松村俊夫氏で、南京大虐殺を科学的に否定した内容の本が名誉毀損にあたるということでシナ中共の裁判所から被告への損害賠償請求が認められ、その執行を日本で求めるために起こした裁判がこれに該当します。皆様ご存知のように日本の裁判所で確定した判決をシナ中共で執行することは中共政府が許しません。だから逆にシナ中共で確定した裁判の結果を我が国で執行できるはずが無いのです。にも拘らず、どういう訳かこの裁判を“有無を言わさず棄却”という形にせず、一応、裁判という形式を取っており、この事に何かおかしいと思うのがごくごく当たり前の見解だと思います。

 さて、その裁判、原告というより原告側弁護士の見解なのですが、話を聞いていると怒りを憶えるという感情を遥かに通り過ぎて呆れるとか、嗤ってしまうとかそういうレベルなのです。皆様、馬鹿々々しいと思うかもしれませんが、一応、原告側の代理人が真剣にやっているみたいなので読み飛ばさずに見ていただきたいと思います。いわゆる「南京裁判」取立訴訟の原告側弁護士の主張によると、シナ中共(いわゆる中華人民共和国)の法律によってかの国での司法権の独立が明文化されているからかの国での裁判結果は有効であり、我が国でも施行されるべきだとなる訳です。こういう事を真顔で主張するから我々はいい加減にしろと思う訳です。皆様、ご存知の通り、ナチスドイツでは、法律上も運用上も司法権の独立が認められておりました。

  しかし、当時、独裁国家となっておりましたから、その司法権の独立も形骸化しており、ナチ党のやりたい放題になっていた訳です。私は必ずしもナチスドイツが全て悪だと言うつもりはあこりませんが、その独裁国家の制度の中で司法権も事実上、独立が無かった中で様々な判決がなされ、その制度の下でユダヤ人の迫害があった訳です。これは私が妄想とか願望とかで言っているだけの事のではありません。確か「法の変動」という昔の岩波書店の本で同じ事が書かれていると記憶しております(私は理系の人間なので、文系の知識の細かい処はあまり突っ込まないでいただきたいと思います)。


 つまり本件、裁判でシナ中共の側に付き従って判決が有効だと主張する原告弁護団は、文面通りにナチスドイツのユダヤ人迫害を合法的で問題無いと言っているのと同じなのです。だから、我々、ネット右翼と展転社及びその支援者がこれはおかしいと言っているのです。しかし、私が不思議でならないのは、あれ程、事実を捩じ曲げてまでナチスドイツと麻生発言を同一視したマスコミが、この裁判の事を知りながら、捏造するまでもなくナイスドイツのユダヤ人虐殺を正しいとする弁護士の言動に対して何も批判しないという処です。良識ある言論人なら、当然、いわゆる「南京裁判」取立訴訟の原告側弁護士に対して徹底的に糾弾し、シナ中共=独裁国家の裁判判決を認めるということはナチスドイツのユダヤ人迫害を正当であると認めることになるとして、公の場で絶対にそのような発言をさせないように書き立てるべきだと思うのですが、実際にはマスコミも左翼言論人も何故かこの問題に対して声をあげないようにしているのです。皆様、おかしいと思いませんか?

 この記事を出したのは産経新聞だけです。ほかは何をやっているのでしょうか。だいたい、この裁判で原告側に付いている渡邊彰悟なる弁護士はカルデロン一家の問題の時に先頭に立って不法滞在者の在留許可を出せと主張していた御仁であり、マスコミもそれを積極的に取り上げていたのだから、いわゆる「南京裁判」取立訴訟というもの、そして原告側弁護団の主張というものを知らない筈が無いのだと思うのですが、マスコミも麻生発言を問題視したインチキ政治家どももこの問題を本当に知らないのでしょうか? この問題を知らない、あるいは原告側弁護士の言っている事が問題でないとする輩がいるとしたならば、それこそユダヤ人協会に糾弾されてしかるべき人権感覚の無い人間と断定しても全く異論は無いと思います。(続き)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<動画案内>

ニコニコ生放送 在特会放送 タイムシフト

ニコニコ動画 在特会関連動画


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

9月22日(日)

デフレ脱却を妨げる消費税増税に反対せよ! 【愛知支部】


ヘイトスピーチ講習会 【中部地区】


9月23日(月/祝)

不正事案内部告発推奨街宣 in 尼崎 【兵庫支部】


9月29日(日)

ヘイトスピーチ講習会 【広島支部】

東京五輪、韓国のボイコットを支持するぞ! 【北海道支部】


原発再稼働推進デモ in 名古屋 【愛知支部】


10月06日(日)

ヘイトスピーチ講習会 【京都支部】


10月26日(土)

神奈川支部主催イベント




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【重要】 ロート製薬事件への支援要請

反日韓国女優キム・テヒをCMキャラクターとして起用してきたロート製薬に対し、一国民として抗議に向かった4名が強要罪に問われて逮捕されました。「公の電波を使って反日韓国人をCMに使うな」「竹島は何処の国の領土か?」 という至極当然の要求・質問をぶつけただけで逮捕されることになった西村斉氏、荒巻靖彦氏ら4名の裁判などの支援を行うため、ご家族が管理する支援口座を開設しました。皆さまの暖かいご支援を何卒よろしくお願いします。

国士を支える会 振込口座

<郵便局からの振込先>

名前 コクシヲササエルカイ
記号 14150
番号 82207731

<一般金融機関からの振込先>

銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 418
預金種目 普通
店名 四一八 店(ヨンイチハチ店)
口座番号 8220773
名前 コクシヲササエルカイ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<保守系活動応援組織 『縁下』 よりお知らせ>

在特会会員の皆さま、そして日本が大好きな皆さまへ

世界は今まさに動乱期に突入しています。日本においても例外ではなく大きな変革の時を向かえ、心ある無名の人々が立ち上がり行動を始めました。歴史を紐解くまでもなく、大きなうねりの中で「戦後」が終わり、新しい日本が生まれようとしています。戦後の左翼思想に毒された人々が消え、皇紀に刻まれた歴史の正しい継承が始まったのです。

そして、全国に拡大する行動する保守運動を「縁の下」から支援するため、このたび応援組織「縁下(エンカ)」 を有志一同にて立ち上げることとなりました。

近年、「世論を代弁しない」増長するマスコミの捏造や反日政権の危険性に気が付き、声をあげる一般国民が増えて来ているのは皆さまご承知の通りです。しかし、行動する保守運動(街宣やデモ、集会、チラシ配り) は無料では出来ません。これまで個々の負担に頼っていた運動に少しでも寄与するべく、団体や個人に関係なく愛国グッズを企画・頒布をもって支援する保守系運動の応援組織「縁下」を私たちは立ち上げました。詳細は以下の縁下グッズ頒布サイトをご覧ください。

縁下(エンカ) グッズ領布サイト
http://www.enkagoods.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<反パチンコポスター & チラシ>

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター02  Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター01

画像をクリックすると元のサイズでご覧いただけます

※ ポスターは転載自由ですが、内容の改編は固く禁じます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

9月20日 現在
登録会員 13756

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。