クジラ文化の灯を消してはいけない

テーマ:
人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。


平成22年2月8日(月)反捕鯨を掲げて海上テロ活動を行うことで有名なシーシェパードに資金提供をしていたパタゴニア(日本支社、渋谷店)へ抗議に訪れました。この捕鯨問題は米国で始まった小さな運動からヨーロッパ各国へ飛び火し、グリーンピースなどの左翼勢力が主体となって反捕鯨運動が進んでいましたが、やり方が「生ぬるい」としてグリーンピースから飛び出す形でシーシェパードが誕生したとなっています。しかし、資金源が双方とも同じことからグリーンピースの実働部隊「シーシェパード」としての色合いが極めて強くなっているのが実際です。

Doronpaの独り言 Doronpaの独り言

とまれ、調査捕鯨のために南氷洋に出向している日本国民がテロリストの襲撃をたびたび受け、今回のレーザービーム照射でたまたま光線を浴びた日本の船員が失明の危機に陥っています。日本政府がテロリストに対して毅然とした対応をすることができず、結果として日本国民がその被害を被っている現状はとても容認できることではありません。

そもそも捕鯨は欧米各国でも行われてきました。中世ヨーロッパでは貴婦人たちの必需品だったコルセットの骨組みとして使うためにクジラのひげを取るためだけの目的で捕鯨が行われ、米国ではクジラから油を取るために年間1万頭以上の捕鯨が行われていました。日本のようにひげは文楽の人形糸として使い、油はもちろん肉は食用として頂き、すべてを余すところなく使うのではなく、ひげを取り油を取ったらあとは投げ捨てて近海をクジラの血で真っ赤に染めた欧米のやり方こそ野蛮で残虐といえるでしょう。

欧米人がクジラの肉を食べないのは、聖書の中で神が約束した人間の食べ物の中に「クジラ」が入っていないからだと言います。キリスト教絶対主義のもとで独善的価値観を押し付ける彼らのやり方には反吐がでますし、そもそもその押し付ける相手もほぼ日本だけに向けられているのは食文化差別・人種差別以外の何物でもないでしょう。左翼のお歴々はぜひグリーンピースやシーシェパードに突撃して頂きたいものです。

実際、反捕鯨を訴えるアメリカではアラスカ原住民のイヌイットの捕鯨枠をIWC(国際捕鯨員会)に認めさせています。他にもロシアやデンマークなどでも捕鯨枠が認められています。またIWCに非加盟のフィリピンやインドネシア、IWCの不正常な現状に抗議して脱退したカナダやアイスランドでも捕鯨が行われています。しかし、シーシェパードが攻撃するのは日本だけなのです。他国の捕鯨については(とくにシーシェパードはアメリカに本部を設置していながらイヌイットへの捕鯨枠問題について)一切声を上げませんし、お隣のカナダでの捕鯨に抗議船を出すこともしません。

そんなことをすれば、即撃沈されアメリカにある本部もテロリストの拠点として徹底的に潰されることが分かっているからです。つまり、日本ならどんな攻撃をしても、今回のように人命に関わる抗議活動をしても「日本政府は何もしない」とシーシェパードは完全に高をくくって行動しているのです。

こうして状況をみていけば、シーシェパードのエスカレートする反捕鯨という名のテロ攻撃を呼び込んでいるのは、日本自身に責任があるといわざるを得ません。公海上での自国船警備活動は国際海洋法に何ら抵触するものではありませんが、日本政府にその意思がまったくないため、ほとんど丸腰の状態で調査捕鯨船団は南氷洋に向かっています。反捕鯨テロによって調査捕鯨は計画目標の半分程度しか進んでいません。また、調査捕鯨の資金確保のために市場に流されている鯨肉(IWCの規定に沿って売買されています)も今後さらに流通量が減少することが予想されています。このままの状態が続けば、おそらく20年ないし30年程度で日本のクジラ文化は終焉を迎えるでしょう。

先述のとおり、クジラは食用だけではなく文楽とも密接な関わりがあり、鯨が捕獲できなければ遠からず文楽の灯も消えることになります。1000年に渡って続いてきたクジラ文化が日本から消える日が近づいているのです。それも、欧米白人による徹底的な日本への文化差別によってです。これにあがらうことなくただ黙って受け入れる人もいるでしょうが、行動する保守運動は欧米白人の理不尽な要求で日本文化の灯りを消すことを是としません。

Doronpaの独り言 Doronpaの独り言

私たちにできることは余りにも限られていますが、テロリストを支援する者、日本への差別意識をむき出しにして罵る者は誰であれ徹底的に抗議し戦います。皆さまもぜひ勇気を持ってシーシェパードなど環境テロ団体の支援企業や支援国へ抗議の声を上げてください。


----------------------

在特会定期放送 『 Saturday Night Special 』 のお知らせ

在特会 Saturday Night Special 第10回/
2月13日19:00~放送予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10933862

在日特権を許さない市民の会は、全国各地の在特会関連ニュースや街頭活動の告知を中心にメインパーソナリティが番組進行を行う新しいコンテンツを発信することを決定しました。新コンテンツはニコニコ生放送を使い、毎週土曜日19時から30分~60分間の枠で放送を行います。番組ではリアルタイムの双方向性を生かして、視聴者の皆さまからのご意見も募集していきます。毎週土曜日19時からは 『 在特会 Saturday Night Special 』 をご覧ください。

<放送第10回の見どころ>
降りそそぐ雪も何のその!北海道の熱き弁士たちによる演説会!
今週の『Saturday Night Special』は北海道からお届けします。真・保守有志の会北海道さまの演説会に参加。厳冬の札幌で桜井会長も演説します。


----------------------

2・13 寒さに負けるな!桜井誠と札幌街宣祭だ! 【北海道支部】

在特会桜井誠会長を札幌にお招きして、外国人参政権を推し進める不逞の輩に渇を入れます。

【最新情報】 2月7日/中継先URL追加

<第一部 抗議街宣>

反日の巣窟 民主党&北海道新聞へ猛抗議!

【日時】
平成22年2月13日 15:00~16:30
1.民主党北海道本部(15:00~15:45)
2.北海道新聞(15:45~16:30)への抗議街宣

【場所】
1.民主党北海道 札幌市中央区大通西5丁目(南大通り側)
2.北海道新聞  札幌市中央区大通西3丁目(北大通り側)

【生中継】
ニコニコ生放送にて15:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10871453
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai



<第二部 街頭演説>

降りそそぐ雪も何のその!
北海道の熱き弁士たちによる演説会


【日時】
平成22年2月13日 19:00~20:00
※ 『第10回 Saturday Night Special』 は北海道からお届けします。真・保守有志の会北海道さまの演説会(18:00~20:00)にお邪魔して桜井会長にも演説して頂きます。

【場所】
札幌市中央区南三条西3丁目(狸小路3丁目)

【生中継】
ニコニコ生放送にて19:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10933862
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai


【その他】
恐らく普通に寒いので、防寒対策は万全にお願いします。
当日は撮影が入りますので撮されたくない方は各自対応お願いします。


<第三部 懇親会>

【日時】
平成22年2月13日 20:30~22:00
桜井会長を囲んでの懇親会です。これからの活動を熱く語ろう!

【場所】
申し込みをされた方へ会場場所と懇親会費を直接お知らせ致します。
2月9日頃を締め切り目安として下さい。

【問い合わせ】
北海道支部メールアドレス
zaitokuhokkaidou@gmail.com

藤田正論北海道支部長(090-9437-1937)
seiron@a.email.ne.jp



----------------------

2・14 外国人参政権断固反対!真冬に桜井誠とデモ行進!【北海道支部】

在特会桜井誠会長を札幌にお招きして、外国人参政権断固反対のデモ行進を行います。心ある同士の皆様是非ご参集下さい!

【最新情報】 2月7日/中継先URL追加


<第一部 抗議街宣>

民団の横暴!参政権強要に日本国民は断固NOを突きつけよう

外国人参政権を求める不逞鮮人を日本から叩き出せ!
反日組織民団の内政干渉を許さないぞ!

【日時】
平成22年2月14日(日) 13:00~13:30
韓国民団への抗議街宣(街宣車無し)

【場所】
札幌市中央区南9条西3丁目

【生中継】
ニコニコ生放送にて13:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10934760
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai



<第二部 デモ行進>

北海道真冬のデモ行進!
心は熱く 外国人参政権断固反対 in 札幌


【日時】
平成22年2月14日(日)13:30~15:00

【場所】
札幌市内
コース・解散場所は現在調整中

【生中継】
ニコニコ生放送にて街宣から引き続き中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10934760

※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【その他】
恐らく普通に寒いので、防寒対策は万全にお願いします。
当日は撮影が入りますので撮されたくない方は各自対応お願いします。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 北海道支部

【問い合わせ】
北海道支部メールアドレス
zaitokuhokkaidou@gmail.com

藤田正論北海道支部長(090-9437-1937)
seiron@a.email.ne.jp


----------------------

2・13 在特会大阪支部講演会 「入管特例法と中国の人権問題」

在特会の目標である「入管特例法」とは何か!? 何が問題なのか?
これが無くなれば在日韓国・朝鮮人がどうなるのか?

去年の勧進橋児童公園の取り組み以降、にわかにメディアでも「在特会」が取り上げられるようになりました。そこで、是非多くの人に当会が究極の目標に掲げている入管特例法の廃止とは何かを知って頂きたく講演会を企画しました。特別講演(第二部)として中曽千鶴子氏による「中国の人権問題」を予定しております。

【日時】
平成22年2月13日(土)

18:30~19:30 第一部「入管特例法」
15分休憩
19:45~20:45 第二部「中国の人権問題」

【場所】
大淀コミュニティーセンター 第一会議室
大阪市北区本庄東3-8-2
地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋六丁目」11号出口北へ8分

【生中継】
ニコニコ生放送にて18:30より中継予定
中継先URL未定
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【その他】
参加費は500円です。会場の定員は45名ですが、「日本シルクロード科学倶楽部」さんが15名の枠を取られてますので、30名様の定員となります。定員を越えますと、せっかくお越しいただいても入場できない場合がありますので、参加希望者は大阪支部宛に申し込みのメールを送ってください。定員になり次第締め切らせて貰います。メールには、「氏名」(ハンドルネーム可)「人数」「連絡先」を記載して下さい。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 大阪支部

【申し込み・問い合わせ】
在特会大阪支部 問い合わせメール
zaitokuosaka@gmail.com


----------------------

<第2回定例街宣>
外国人参政権反対署名活動 & 民主党に抗議街宣 第三弾!

何時 民主党が 「外国人参政権付与」法案を国会に提出するか分からない状況が続いています。これに断固反対を表明している在特会福岡支部は民主党の法案提出を待って行動を起こす事は考えていません。今、私達にできる事は、出来るだけ多くの国民にこの法案の危険性を訴え「認識」してもらう事です!メディアが沈黙しても私達は訴え続ける事を、選択します。

【日程】
平成22年2月14日 (日)

【時間】
13:00~ (1時間程度)

【場所】
天神ソラリアステージ前

【内容】
「外国人参政権に反対する会」の反対署名活動

【生中継】
ニコニコ生放送で中継予定
14日のURLは後日お知らせします
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

※ニコニココミュニティ 在日特権を許さない市民の会・福岡支部
(プレミア会員の方のコミュニティ参加をお願いしています)

http://com.nicovideo.jp/community/co204702

【注意事項】
雨天決行 プラカード・日章旗持参歓迎
暖かい服装でお越し下さい。
参加希望の方は支部メールまでご連絡ください。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 福岡支部

【連絡先】
zaitokufukuoka@gmail.com

【協賛】
日本女性の会そよ風/日本を護る市民の会 福岡支部

【連絡先】
先崎玲(090-9567-7772)


---------------------

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの温かいご支援の下で運営されています。これまでも多くの方の善意によって様々な活動を展開して参りましたが、継続的な各地での活動に加えて来年の通常国会上程が予想されている外国人参政権法案に伴う訴訟費用(弁護士費用など)、Xデーに向けた準備費用、平成22年8月22日の日韓併合100周年国民大集会(日比谷公会堂)の準備費用など、現在以上に活動に伴う出費が大きくなることが予想されています。
少しでも在特会への支援の輪が広がりますように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いに加えまして、
クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。

在特会へのご寄付に関しては >> こちら << をクリックしてください。


--------------------

<書籍案内>

Doronpaの独り言
反日韓国人撃退マニュアル
』(晋遊舎ブラック新書、720円+税)
※平成21年9月12日、増刷決定!


韓国問題の基本として過去の歴史問題から現在の日韓関係まで、押さえておくべき論点を全四章二八項目240ページの読み応えのある内容に仕上げました。『嫌韓流実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル 』と同じく韓国人の妄言に対して日本側の反論という分かりやすい討論形式にしていますので、初めてこの問題に触れる方でも多岐にわたる論点が理解しやすくなっています。

前著では触れられていなかった福祉給付金問題や朝鮮学校助成金問題、京都ウトロ地区問題など平成21年現在の最新情報を織り交ぜながら内容を大幅に一新して、より深く韓国問題を知りたい方にも満足していただける内容に仕上がったと思います。


ブログ読者の皆さまにはぜひ拙著『
反日韓国人撃退マニュアル 』をご購読下さいますようお願い致します。

※著名タイトルをクリックするとアマゾンの販売サイトに移ります。



--------------------

<在特会からのお願い>

在日特権を許さない市民の会では登録会員1万人を当面の目標として活動しています。(2月09日現在、登録会員8068名)
強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。公式サイト(http://www.zaitokukai.com/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。