乱射事件からみえてくる価値観の違い

テーマ:

米国の大学で韓国人が無差別に銃を乱射し32名の尊い命が失われました。このバージニア工科大学乱射事件のニュースは大きな衝撃となって世界を駆けめぐりました。米国のテレビ局に送りつけられた一回目の銃撃事件後に送ったと思われる犯人の声明ビデオなどが公開され、この韓国人があまりにも自分勝手な理由や病的妄想で事件を起こしたことが分かってきました。

韓国人の犯行は確かに個別の事件として取り扱われるべきでしょうが、しかしその内容を鑑みるに
支那人や韓国人・朝鮮人に共通する「人の命に価値観を持たない」民族的特質を考える必要があると思われます。この事件の第一報が駆け巡った当初「アジア系による犯行」として伝わっていたのですが、直後に支那人による犯行という情報も流れ、支那では一般民衆や中共政府も巻き込んで事実確認に追われるという事態が起きています。つまり、このような非人間的な犯行について(結果として誤報でしたが)支那人による犯行というケースを、支那人自身もあり得ることとして騒いでいたのではないかと考えられます。支那の歴史を振り返ると、その歴史は常に残虐さだけがつきまとい、人の命に何の価値観をおいたものではないことがわかります。

支那で何年か過ごされた知人に以前聞いたところ、支那人の価値観に関して次のように教えてくれました。
「支那人は人の命や国家に価値観をおいていない。彼らが信じるものは金だけ。」そして、その支那の文化や精神的価値観を受け継ぐことを「小中華」と自称して喜ぶ愚かな朝鮮も同じであり、基本的に支那人と同じように彼らも人の命に価値観をおかない文化をもっています。日本で起きる残虐な事件の数々に支那人や韓国人・朝鮮人が関わっていることも少なくない現状は、これらの価値観の違いを裏付けているものといえるでしょう。

安倍総理がかつて「韓国とは価値観を共有できる」と発言しましたが、これは明らかな誤りです。この事例に限らず人間と獣の間には価値観の共有などありえるわけながなく、今回の悲劇的な事件を教訓に、日本を含む人類普遍的な価値観と「人の命に価値観を持たない」支那や朝鮮の価値観は決して相容れるものではないことを私たちは認識しなければなりません。そして、その価値観の違いを踏まえた上で、日本における外国人犯罪全体の6割を占める在日支那人、韓国人・朝鮮人への対応を考えていくべきでしょう。


今回の事件を通じてもうひとつ指摘したいのは、韓国側メディアの反応をみると「この犯人は小さい頃に米国に移民した者で韓国人と同じにあつかうべきではない」という論調が目立ちます。併合時代に日本人一人が悪行を行えば国家全体の悪行であるとわめきたて日本を非難し続ける韓国人のこれまでの主張はどこへ行ったのでしょうか? 言動不一致、自分勝手な主張に韓国人が反省することはあり得ないでしょうが、せめてこうした韓国人の言動が不信感や反感を招いていることを理解してほしいと願うものです。付け加えるなら、今回の事件を引き起こしたチョ・スンヒは8歳の時に両親と渡米しグリーンカード(米国永住権)を持っていますが、国籍は韓国であり立派な韓国人なのです。

強く意識してというわけではありませんでしたが、これまで拙ブログでは他人のブログを引き合いにだすことは一切行ってきませんでした。どこかの言論統制国家と違い、日本では個々の人間がどう物事を考えどう判断するかは自由であり、我々もその自由は尊重すべきだと思ってきたからです。しかし、今回のこの記事においてなぜ私がここまで韓国人の価値観を批判するのか、ご理解いただくために一つのブログ記事を紹介したいと思います。つい先日このブログのことを知ったのですが、ある韓国女のブログです。おそらく自分でも何を書いているのか理解できていないキチガイ女ではないかと思うのですが、プロフィールをみるとこの韓国女が教師を務めているというのですから、まことにもって信じがたく何かの間違いであってくれるように祈るしかないものです。この該当ブログを読まれた上で、改めて今回の記事を読みなおして頂ければと思います。


ブログ『エイッ‾! かんしゃく爆発』より

<記事抜粋>

彼をここまで追い込んだアメリカ社会は異常です。
彼を助ける人もいなく、孤立に追い込まれた最後の抵抗だったのでしょう。
自分の起こした銃乱射を自分の命を捧げてアメリカ社会を告発した勇気に心を打たれました。
今回の事件であぶりだされたアメリカ社会の人種差別は今後の教訓となるでしょう。
自分の命を捧げてまでアメリカ社会の人種差別を告白した彼の意思は我々が引き継がないと彼の死を無駄にすることになります。
そして銃撃でなくなった学生の死をも無駄にすることになります。
尊い命を無駄にすることなくアメリカの人種差別に立ち向かうべきです。
黙祷!

全文はこちらから → http://izanagi.iza.ne.jp/blog/entry/154436/


<報告>

読者の方より「Doronpaの独り言」を開くとフィッシングサイトの警告がでると知らせがありました。Ameba管理側に問い合わせたところ以下のような返信がありましたのでご報告します。

---------------------------------------

ウィルスバスターを導入されております場合、大変お手数でございますが、「フィッシング詐欺対策セキュリティレベル」を『中』以下に下げていただくことにより、ブログを閲覧いただけることが現在確認できております。

なお、詳細につきましては下記URLの【スタッフブログ】をご参照くださいますようお願い申し上げます。
http://ameblo.jp/staff/entry-10031137444.html

アメーバブログにおいてセキュリティに問題があるわけではございませんので、ご安心ください。

ご迷惑をおかけいたしておりますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------


人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。