ReiのPositive-HIVブログ
  • 18Feb
    • いつも持ち歩いています。。。の画像

      いつも持ち歩いています。。。

      今に始まったことではないですが、時々それなりに大きな地震がありますね。つい先日も大きめの地震がありましたし。私はいつも週初めに自宅内の決めた場所に置いているジプロック袋に1週間分の抗HIV薬を入れて、それを毎日決めた時間に服薬しているのですが、それとは別に最低でも1週間分の抗HIV薬は持ち歩いています。会社に行く時は会社に持って行くカバンの中に、休日は休日に使っているカバンの中にピルケースに入れた薬を入れています。なので、例え近所のコンビニに行く場合でも抗HIV薬は常時持ち歩いていることになるんです。心配性なのか、用心深いのか、抗HIV薬は代用が利かないですし、「万一、出かけ先でトラブル(震災とかも含めて)があって、自宅にすぐに戻れなくなっても、最低でも1週間は服薬を途切れさせることが無いように」との思いで、このようにしています。1週間あれば、最悪いつも通院している病院に行けなかったとしても、どこかの病院で診察を受けたり、処方箋を出してもらって薬を入手できるって思うので、服薬を始めた当初からこのようにしています。日本に住んでいる以上、地震に遭遇することは避けられないですし、いつ、「災害」と呼ばれるような大きな地震が起きてもおかしくないですしね。アレコレ心配しすぎてもしんどいだけでしょうけど、十分に予想できる範囲でのトラブルには対処できるようにしておきたいですからね。HIVに限ったことではないですけど、必ず毎日服薬をしなければいけないような病気の方たちは、他にどのような工夫をしているんですかね?飲み忘れ防止は「アラームセット」が手軽で確実ですけどね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 14Feb
    • どんな時にHIV感染を意識しているかな。。。の画像

      どんな時にHIV感染を意識しているかな。。。

      2月は私のHIV感染が発覚した月なんです。検査の結果、感染が確定したのが2008年2月なので、あれからもう(まだ?)丸13年です。良い意味で「慣れた」状態になって、幸いにも日々の生活の中では特にHIV感染自体を意識することも、大きく不自由を感じることもなく過ごせていますが、節目の月なんかは、ちょっとだけど色々と思い出したりしますね。私以外のHIV感染している人って、どんな時に意識したり、思い出したりしているんでしょうね。私の場合は、どんな時だろう?改めて「どんな時に意識しているだろう」って考えると・例えば風邪とかで近所の病院に行った時の問診票で「現在通院中ですか」とか「服薬中の薬はありますか」という項目に「無い」とウソの回答をしている時・海外出張で手荷物検査を受ける時(聞かれることはほとんどないとわかっていても、手荷物に入れている薬について聞かれるかなって思ったり)・ちょっとした切り傷とかで血が出た時(他人に付着させないようにとか、拭いたティッシュを厳重に包んで捨てたりとか)・会社の定期健康診断で採血を受ける時・献血の協力の呼びかけをしているのを見た時(言うまでもなく、献血できないので)かな。。。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 07Feb
    • 普通の状況の方が、体調を崩すの画像

      普通の状況の方が、体調を崩す

      久しぶりに風邪をひいちゃいました。とは言っても、咳が出るぐらいで、倦怠感とか発熱とかその他の症状は何もないので、普通に仕事に行っていますが。これだけ「新型コロナウィルス」が流行っていると、咳をするのも、ものすごく周りに気を使い疲れます。過去にも何度か書いたことがある気がしますが、一般的に体調がおかしくなるような状況や環境で仕事をしているときは私は体調を崩したり、風邪をひいたりしないんだけど、ちょっと落ち着いたり、長期の連休に入ったりでちょっと「ホッと」すると風邪をひいたりします。昨年末まで、異常な状態だったのですが、年明けしばらくして、ちょっとマシになって少しだけ順調に仕事が進められるようになったらこの有様って感じです。私の体は「異常な状況」が「私にとっての普通」で、その時は体調が良くて、「普通の状況」は「私の体にとっては異常な状況」と認識して体調がおかしくなるんですかね。。。気分が張っていると体調は悪くならないんですよね。何はともあれ、咳をしていると周りの目も気になるので、早く咳が止まることを願うばかりです。私。。。一度咳が出だすと、2週間とか、ずっと続くんですよねぇ。。。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 31Dec
    • 地味に新型コロナの影響があった1年。。。の画像

      地味に新型コロナの影響があった1年。。。

      あと30分足らずで今年も終わりますが、世界全体が年初から年末まで毎日が「新型コロナ」に振り回された1年だったように感じます。幸い、私自身も私の身近な人も新型コロナに感染することも、濃厚接触者となってしまうこともなく無事に過ごせましたが、これだけ世界中が新型コロナに翻弄されると、私個人も色々と地味に影響は受けた1年でした。もちろん、私個人だけではなく、世界中の皆さんが同じことなんですけど。例えば。。。・毎年、数回は行っていた海外出張が今年は0回(全てWeb会議)・毎月数回は行っていた国内出張が今年は0回(全てWeb会議)・検温なんて初診で診察を受けない限りすることが無かったのが、毎日検温して体調チェックシートに記入・ほぼ一日中マスクをして、行く先々で手をアルコール消毒・定期通院では新型コロナに関する問診票の記入等々、大したことではないのですが、地味に何らかの影響を毎日受けていますよね。そして今年の締めくくりは一日の国内感染者が4515人で過去最多ですし。まあ、「勝負の〇週間」って政府がメッセージを出しても感染者数が増える一方で、メッセージやお願いだけでは減らないことは明白だったのに「国民の皆さんには感染防止の徹底と不要不急の外出を控え~」って繰り返し言うだけで具体的な策を何もできなかったのですから増えて当たり前というか、減る方が不思議ですからね。それに、お願いしている側の政府の国会議員が大人数で食事会や忘年会しているんですからねぇ。ただ、危機感を感じて感染防止策を改めて徹底し、外出や娯楽を我慢している人やリスクを負って治療に携わっている医療関係者からすると、一部の危機感のない行動をする人たちのために、自分たちが感染させられるリスクが上がっていると思うとやりきれない気持ちでしょうね。特に医療関係者は我慢の限界を超えているかもしれないですね。なんだか今年最後のブログ更新が取り留めもない内容になってしまいましたが、来年も今年同様に服薬忘れをせずに平穏な1年を過ごせるように、そして新型コロナ感染防止には気を引き締めて新たな1年を過ごしたいと思います。そして、一日も早く新型コロナが収束(とはいかないかもしれないけど、落ち着いていると言えるレベルに)することを願います。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 27Dec
    • 次で6人目です。。。の画像

      次で6人目です。。。

      「通院頻度=ブログの更新頻度」が定番となってきていますが。。。先週、今年最後の定期通院に行ってきました。血液検査の結果は問題なく、いつもの定番の会話のやり取りをして、じゃあ、次はいつにしましょうかって感じで次の予約を取って終わりって感じです。いつもとちょっと違ったのは、診察前の採血で少しだけ待ち時間がかかって、診察を受けるのがいつもよりも30分ぐらい遅くなったぐらいかな。年末年始の休み前に集中して患者さんが来ているんでしょうね。それと、主治医から「日程的にはまだ先のことだけど、来年の6月で定年退職となり病院を退職することになります」っていうお話がありました。医者もある意味”サラリーマン”ですし、転勤もあれば、当然定年退職もあるので、主治医の交代はこれから先も何度もあるでしょうね。HIV感染が発覚して通院をし始めてから13年足らずで今の主治医が5人目(まだ見ぬ次の主治医は6人目)なので、単純に平均すると2年半ごとで主治医が変わるって感じですね。4人目までの主治医は診察の予約時間に対して実際の診察は1~1.5時間遅れが当たり前って感じだったのですが、今の主治医は本当にほぼ予定の時間通りに診察してもらえたので、これを理由にするのもどうかとは思いますけど、診察が終わる時間が予測できるので、診察後にも別件の予定が入れやすくてすごく助かっていたんですけどね。次の主治医がどんな人になるのかちょっとドキドキですけど、時間通りに診察してくれる人だとありがたいんですけどね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 17Oct
    • 犯罪者を見るような目で。。。

      珍しく、通院のタイミング以外での更新です。私は、HIVに感染する前からのことですが、何らかの原因で咳が一度で出だすと、なかなか治らないというか、結構長引きます。風邪を引いたとかに限った話ではなく、例えば季節の変わり目とかで寝ているときに口で呼吸していて、”気温が下がる&乾燥する”が合わさると、次の日の朝に喉がムズムズする感じで咳が出て、それがきっかけで咳が出ると、長引くって感じです。咳をすると、周りの人からすればうるさいだろうし、風邪かどうかなんて本人にしかわからないので、「風邪をうつされるんじゃないかって思われているんじゃないか」って思って気を使ったり。。。特に今年は新型コロナウィルスのことがあるので、咳をしていると「犯罪者でも見るような目で見られる」気がしますしね。もし咳が出そうな感じになったら、悪化しないように早い目に咳止めを飲んで、「犯罪者」のように見られないようにしたいと思います。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック

  • 26Sep
    • 定期通院時にCT検査を。。。

      すっかりと「ブログ更新間隔=定期通院の間隔」になってしまっています。先週は定期通院の日でした。いつものごとく「体調はどうでしたか?」「何か変わったことはないですか?」「仕事はどうですか?」みたいな、当たり障りのない世間話のような話を少しして、血液検査の結果を確認して「問題ないですね。良い状態です」ってことで次の通院日の予約って感じです。今回、いつもとちょっと違ったのは胸部中心にCT検査を受けました。前回CT検査を受けてから2年ぐらいになるので、この夏ごろにCT検査をやって、状態確認をしておきましょうって言われてたのでちょっと時期がズレてしまいましたが、まあ、これも「定期的な検査」のうちの1つです。あらかじめCT検査の予約を入れていた訳じゃなく、当日予約になるので主治医から「当日予約なので、CT検査で順番を少し待っていただくことになりますが、時間は大丈夫ですか?」って言われてから検査の受付窓口に行って、検査の受付の窓口でも同じように言われ「それでは順番が来たら呼びますので、待合室でお待ちください」ってことで待合室に向かいました。どれぐらい待つのかなぁ。。。って思いながら椅子に座ると同時ぐらいに「Reiさん、CT検査室に入ってください」と。あっちでもこっちでも「待っていただくことになる」と言われてたのに、結果的に待ち時間ゼロ普通に予約していても結構待たされることがあるものですが、こんなこともあるんですね。たまたま、私が行ったタイミングで検査待ちの人が誰もいなかったようです。HIVに感染したことで、色々と検査を受けることがありますが、CTとかの苦痛がない検査は良いですね。バリウムを飲むとか、内視鏡とかは、検査前にアレコレと制約を受けたり、検査自体に苦痛がありますからね下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 28Jun
    • 自動再診受付機で。。。

      どうでも良い話ですけど。。。私が定期通院している病院では、病院に到着したら、まずは自動受付機で再診の受付をします。先日の通院の時に受付機に通すのに順番を待っていると、私の2人前の人が受付をして、診察券が戻ってきているのに取らずに行こうとしたので、私の前の人が「診察券を取り忘れていますよ」って声をかけてあげていました。で、私の前の人が次に受付をして、受付票は取ったものの、診察券を取らずに行こうとして、私が「診察券取り忘れていますよ。。。」と。いやいや。。。ほんの20秒ぐらい前に自分の前の人に「診察券を取り忘れているよ」って注意しておきながら、その直後にその本人が取り忘れるなんて。。。さらに、私が受付機の近くで採血の順番を待っている時にも受付機から機械の音声で「診察券をお受け取りください。診察券をお受け取りください。。。」としばらく言っていましたし。皆さん、再診受付をしたら、いち早く受診をする科に行って、一人でも早い順番で診察を受けたくて、慌てて先を急ぐんですかねぇ(笑)私ももちろん、長時間待つのは嫌ですけど、診察を受ける日は基本的には他に用事を入れずに丸一日、時間は空けているので、そんな”1人でも早く”なんて思わないですけどね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 27Jun
    • コロナ対策なのはわかるけどねぇ。。。

      今週はお決まりの定期通院でした。緊急事態宣言の解除や外出自粛が解かれたといっても、病院は引き続き院内感染を防ぐ為に厳戒態勢です。例えば、採血をする検査室の入り口はカーテンで中が見えないようにされているのですが、今日はカーテンは2/3ぐらい開けられていて「カーテンに触れないようにお願いします」って表示されていて、カーテンの代わりにパーテーションが置かれていました。前回同様に診察受付時の検温と”コロナアンケート”も継続されていますしね。ただ、1つ「これはちょっと問題じゃないの?」って思ったコロナ対策がありました。内科系の診察室は5つあるのですが、そのうちの2つの診察室はコロナ対策として常時診察室のドアを開けていました。(診察をしているドクターが”コロナ対策ですのでドアは閉めないでくださいね”ってドアを閉めようとしていた患者さんに言っていたので。。。)中が見えないようにカーテンがされていてもねぇ。待合の廊下のソファーからドアまで2m足らずだし、診察室に入って1mぐらいのところに患者さんは座って診察を受けるので、廊下で診察を待っている人から3mぐらいしか離れていないところの診察の会話はまさに丸聞こえでした。"小腸の部分が○○になっているから、○○ごろに入院をしてもらって、○○から××の部分ぐらいを5cmぐらい切り取りましょう”とかコロナ対策と言っていたけど、診察室のうち、3つはドアを閉めて診察していましたし、統一してやっている訳でも無かったです。私が診察を受ける主治医はドアを開けて診察するようなことはしていなかったので、私自身は何も問題なかったのですが、ドアを開けっ放しで診察するって、明らかに問題だと思うんですけどね。それに私の通院している病院はそれなりの大きな規模の病院なので、そこで診察や治療を受けている人って、軽い病気や簡単な病気ではなく、人に知られたり、聞かれたりするのは絶対に避けたいって言う人が多いと思いますしね。こんな事も含め、一日も早くコロナ禍が収束することを願うばかりです。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 06Jun
    • コロナウィルスも一旦は落ち着いて。。。

      一部の地域では、まだまだコロナウィルスの感染拡大や第2波を心配しなければいけないような雰囲気もありますが、私の住む地方ではちょっとだけ、いつもの日常に近づいて来ているかなって感じる事があります。時々、テレワークをしたりもしていますが、私は電車通勤ではないので、通勤での感染リスクはゼロですし、根本的に仕事柄テレワークに適さない業務なんですけどね。まあ、「大人の事情」でテレワークに協力してあげているってところです。この時期は、更生医療の更新や福祉医療受給券の更新があったり、更新されたものが郵送で届いたりするので、テレワークの時にポストに入れられているものを私自身が回収する事があります。テレワークをしていなければ、間違いなく家族が受け取りますし、私が受け取る事ってありえないんですけどね。HIV感染者とコロナウィルスの関係性(かかり易さの差の有無とか重症化のしやすさの差の有無とか)は私は理解できていないのですが、どうなんでしょうね。。。抗HIV薬を飲んでいる事で優位に働くのか、HIVを持病として持っている事で不利に働くのか。あるいは、何も関係ないのか。一般的に疾病に対しては何であっても持病を持っていれば、良いことは無いでしょうけどね。月末には定期通院がありますけど、その時に「コロナウィルスの第2波」が来ていないことを願うばかりです。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 05May
    • 普段しないことをすると。。。

      Stay Homeを守って、不要不急の外出をしない長期連休を過ごしていますが、毎日新聞やTVを見ていても、日にちとか曜日の感覚を失いそうになりますね。前回のブログに「更生医療の更新手続きは、いつもは会社の帰りに寄ってしているけど、今年は諸般の事情でGW中の平日に行く」って書きましたけど、普段しない事をすると何かミスが出ますね。まあ、私がボケているだけなのですが、会社に持って行っているカバンには印鑑を常に入れているのですが、プライベートのカバンでは印鑑は持ち歩いていないので、更新の手続き書類を記入してから「あっ、印鑑が無い!」ってなって、印鑑を押すだけのため一度家に帰って印鑑を押して、また書類を出しに行ってきました。まあ、手続をするところは自宅から車で数分のところなので大したことではないのですが、普段と違う行動をすると、こんなものですね。GW中、コロナウィルス感染拡大&緊急事態宣言で困っている人たちの何か助けは出来ないかな?って思って、大したことではないですけど、食事はテイクアウトで外食のお店から買って食べるようにしています。元々、週末とか長期連休中は家族全員がゆっくりするために外食が多いので、我が家としての出費はいつも通りですし、大打撃を受けている外食のお店のほんのわずかでも助けになればって思っています。”外出は控えろ”って言う意見の方もいるのかもしれませんが、私にとっては外食産業の方を少しでも助けるって主旨であれば、不要ではなく、必要って思ってます。それにしても。。。緊急事態宣言の期間も延長され、本当に困った状態ですよね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 12Apr
    • 5月が更生医療の更新の時期なので。。。

      5月末で更生医療の期限が切れてしまうので、継続の手続きに行かなくてはいけないのですがこの更新手続き自体は10~15分ぐらいなので、有給休暇を取ってまで行く程でも無いし、何かと仕事が忙しいし。。。って事で、私はフレックス勤務が出来るので手続きに行こうって思っている日は早く出社して、その分早く会社から帰って、帰り道に手続きに行っていたのですが、今年は諸般の事情でそれも出来そうに無いです。手続き先はお役所なので、私がお休みの土・日・祝日はやっていないし、手続きはしなくてはいけないので有給休暇を取ろうかなって思っていたのですが、よくよく考えると、私はGW期間は9~10連休で、その間に平日が含まれるので、そこで手続きに行こうって思っています。有給休暇は毎年、あまり消化できていなくて余っていますし、別に有給休暇を取って行けば良いだけのことなのですけどねぇ。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 05Apr
    • 院外処方になってから。。。

      院外処方になってから一般の方と同じ場所で薬を受け取る事になりましたが、特に困った事とか、嫌な思いをした事も無いです。院外処方になると聞いた時は「抗HIV薬を受け取る時に薬剤師から薬の説明をされたら、それが周りの人に聞こえるんじゃないか」とか心配もありましたが、事前のアンケートで「薬の説明とかされて周りに聞こえると嫌なので、抗HIV薬のことは継続的にもらっているもので内容はわかっているし、説明はしないで欲しい」って書いて提出しているので、改まった説明なしに渡してもらえています。院外処方になって、不便になったことといえば、薬を受け取るまでの待ち時間が増えた事かな。院内処方の時は主治医が処方箋を発行した時点で院内で薬剤部に連絡が行って、その時点で薬の準備を始めているようで、診察後に会計をして、すぐ隣の院内処方薬の受け取り窓口に行けば、待ち時間無しで受け取れていました。院外処方になってからは、薬局に処方箋を渡してから、順番待ちで薬が準備開始されるので、15分とか20分とか待つことになります。まあ、これぐらいのことは我慢しないといけないですけどね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 04Apr
    • コロナウイルスの影響が色々と。。。

      今週は3ヶ月に一度の定期通院でした。感染発覚以降、いつも同じパターンで繰り返される「まず血液検査⇒次に診察⇒会計と支払い⇒抗HIV薬の受け取り」ですが、今日は”いつものパターン”からちょっと変化がありました。医療機関として当たり前の対応なのでしょうが、受診科で診察の手続きをした時に問診表と体温計を渡されて、検温&コロナ感染疑いの有無を問診されました。どこの科で何時に提出した問診表か?も記入するところがありましたので、万一の時に濃厚接触者を絞る事が出来るようにしているんですね。それと、次の受診日(およそ3ヵ月後ぐらい)を決めた時に主治医から「コロナウイルスの状況が3ヵ月後にどのような状況になっているかわからないけど、場合によっては診察を受けられないような状況も想定されるので、その場合は、当日の朝に病院に電話をしてもらえれば、処方箋を院外の薬局にFAXするので、診察無しで、一切、病院内に入ることなく、抗HIV薬を院外薬局で受け取るっていうシチュエーションもありうるって思っていてください」って話がありました。どのような事態を想定しての話しなのかまでは聞かなかったですけど、一つの考えうる事としては「病院内でコロナウイルス感染が拡がって、病院内に一定期間立ち入りできなくなってしまう(外来診察がストップする)」ってことでしょうかねぇ。診察なしで処方箋を出すのは医師法違反ですし、処方箋の原本がなければ調剤した薬は渡せないのが決まりですけど、非常事態の特例として国が許可するってことですかね。薬がもらえなくて困る(場合によっては症状の悪化、死亡に繋がる)のは患者さんですからね。まあ、そのような事にならずに、一日も早く収束することを願うばかりです。でも。。。長期戦になりそうですけどね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 07Mar
    • この話題ばかり Part2

      全国の全員がこの瞬間から一斉に冷静になるだけで解決する「マスクや紙製品の品薄問題」ですが相変わらず、世の中は冷静になれない人たちで溢れ返っているようですね。今日、コンビニに行ったらレジの下に「配送車の後ろを追って走らないでください」との貼り紙がありました。配送車の後ろを追って走って、次の配送先のコンビニでマスクや紙製品を降ろすのを狙って買い溜めしようと言う魂胆なのでしょうか。。。もしそうなのであれば、こんなバカが増えない事を祈ります。。。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 01Mar
    • 世間はこの話題ばかりですが。。。

      Yahooニュースに載っていたとある薬局の店員さんのTwitterの内容で「ペーパー類なんてデマ情報に流され、買い込むから品薄になるんです。自分たちの首を自分たちでしめてるだけです」って書かれていましたけど、まさにその通りですよね。使い捨てのマスクはともかくとして、その他の紙製品の品薄を解消するのは凄く簡単で、今すぐ、日本中の皆が冷静になれば、明日から紙製品の品薄は解消しますからね。インターネットのおかげで周りに聞きにくいような事(このHIVに関してもその一つですが)の情報や意見をたくさん集めたり、今すぐ知りたい事を今すぐに調べて解決できたりできて、本当に有益で便利な世の中ですが、その情報から本当に正しい情報を見極める力は必要ですよね。何よりも、本当に必要な人が手に入れられないという状況は解消しないといけないですから、本当に皆が今すぐにでも冷静になってもらいたいですね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 15Feb
    • 12年が過ぎました。。。

      HIV感染を宣告されたのが2008年2月(検査を受けたのは1月ですが、結果が出たのが2月なので)あれからもう12年です。まあ、HIV感染者でも健常者とあまり変わらないぐらい生きる事が出来ると言われていますから、これから先の方がまだまだ長いでしょうけどね。私に出来る事は、ただひたすら服薬を忘れずに決められた時間に飲み続けることだけですから、これからもキッチリを服薬できるように気を緩めずにやっていきます。抗HIV薬もこの先、まだ進化するでしょうし、通院先のドクターも変更になることもあるでしょうね。これから、何度の服薬変更と担当ドクターの変更があるんでしょうかねぇ。。。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 10Feb
    • 結局、医療体制や医療レベルの差なんですね。。。

      毎日、テレビや新聞でも繰り返しコロナウィルスの話題ばかりですね。武漢から政府のチャーター機で帰国した日本人からも一定数のコロナウィルス感染者が出ていますが、今のところ重症化したとか、ましてや死亡という状態にはなっていなくて何よりです。感染者の死亡率が2%とか、中国 武漢では5%だとかという話だったので、どうなることかと心配していましたけど、冷静に見ていると、適切な治療環境で適切に治療を受ければ、極度に恐れる必要はないように感じます。もちろん、出来る限りの感染予防対策は必要ですけど。決して甘く見れるウィルスではないでしょうが、医療体制が貧弱でまともな治療が受けられないことが、恐れてしまうような死亡率になってしまっているだけで、武漢周辺でコロナウィルス感染によって亡くなった方も、まともな治療を受けていれば亡くならずに済んでいたんでしょうね。今回のようなことが発生すると、改めて「日本に生まれてよかった」と思います。HIVに感染していてもこうして健常者と変わらない生活を送る事が出来るのは、日本で生まれ、日本で治療を受け、日本の福祉支援を受けることができるおかげだと思いますからね。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 10Jan
    • 今更ながらのお話。。。

      今更ながらの話題ですが。。。【今更1】先日の定例の通院時の診療明細を見ていて、今服薬をしているテビケイ錠50mg(黄色)とデシコピ配合錠HT(青色)の薬価の365日分の金額と、3ヶ月ごとの通院時の診察料を足して、計算したら、およそ280万円/年自分に命はこれだけの金額をかけて命を保っているんだと。。。【今更2】昨年の途中から抗HIV薬も院外処方になりましたが、薬を受け取るときに「次回の通院の予定はいつですか?決まっていたら教えてください」と言われます。抗HIV薬なんて、かなり限定された人にしか処方されない薬ですから、当然のことながら処方箋薬局でも常時ストックを置いている訳じゃないんでしょうね。なので、次回の通院日を確認して、その直前に処方される予定の抗HIV薬を準備しておくために聞かれます。私の通院している病院に何人のHIV感染者が通院しているのかはわからないですが、地方の病院ですので、数えるほどの人数なんでしょうねぇ。。。下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)

  • 03Jan
    • リンク先が更新されたようです

      少しでも情報発信できればと思い、「HIV陽性者のための総合情報サイト」https://futures-japan.jp/blogs/に私のブログも登録していただいていたのですが、昨年の12/15に今まで利用していたYahooブログが閉鎖したので、登録ブログのリンク先をAmebaに変更依頼をしていました。変更手続きにちょっとお時間がかかったようで、ようやく年明けにリンク先の更新がされていました。HIVに感染した方やHIV感染の疑いで不安になっている方、色んな方が情報を求めてネット検索をしていく中で、私含め、HIV感染者の方たちのブログから、何か情報を得ることが出来れば良いかなって思っています。私もHIV感染が確定したときには、ずっとネットでアレコレと調べましたからね。でも、本当なら心配事や気になる事は主治医やソーシャルワーカーさん等の医療従事者に相談してアドバイスを貰うのが一番なんですけどね。 下の文字部分↓↓↓をポチッとクリックしてもらえればうれしいです。 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ(文字をクリック)