こんばんは。

ラグビーW杯始まりました。

こっちは時差があるため(今のところ7時間)、平日は試合はほぼ見れず、週末も朝早起きして街中のIrish pubに出ていって観に行かなければならないという状態です。

来週末(28日)は日本はアイルランドと試合ですね。

そんな試合をIrish pubに観に行くってのは、敵陣に乗り込んでいくみたいなもんだと思われるかもしれませんが、フツーのテレビじゃみれないんだからしょうがない。

きっと、あちらさんはおおらかな気持ちで迎えてくれるよと私は思ってます。

ちなみにドイツではラグビーは全く話題とはなってません。てゆーか、プレーしてる人に会ったこともない。

体格良いんだから、やったらそこそこいいところまで行けそうなのに、なんでやらへんねやろ。

 

さて、9月中旬からプレーをするというのは賢い時期設定です。

というか、おそらくRugby Unionの方針でいつも9月始まりで、別に開催国の意向とは全く関係ないのかもしれませんが。(前回のW杯もこの9月のこの時期だった)

なぜ時期の話かというと、お察しの通り、来年の東京オリンピックまじどうすんの?という私の根本的な疑問があるからです。

なぜ8月。

8月といえば、「日本に行きたいんだけどいつがいいかな?」と聞いてくる友人たちに絶対薦めない月です。

そもそも、国際オリンピック委員会だか誰だか決定権のある人たちはなぜ8月東京を選んだんだ。

なんで前のオリンピックとおんなじで10月にしなかったのか。

この開催時期というのも開催国の意向とは関係なく決められてるのか?

8月だと観光客も多くなるしーみたいな商業的な理由からこの時期になったのか?

どう考えても暑いやろうと、決まった当時から私は既に醒めた目で見ていたんですが。

案の定開催都市は今になってあたふたと暑さ対策をしているようです。

 

何か月か前、BBC Worldもこの問題を取り上げており、そこでインタビューされていた日本の某競技の某協会に属する某エライ人は、

 

「暑さにも負けず精神力でメダルを取りに行きたい」

 

と、堂々とおっしゃっていました。

本気でそう思ってるのか、もしくは開催側として海外メディアを前にそう言わざるを得なかっただけなのか。

もし本気でで言ってたんだとしたら、第二次世界大戦で敗戦に向かって突っ走っていたあの時代をとっても感じさせる発言だと言わざるを得ないですね。

精神力だけで勝てるんやったら戦略も練習もいらんで、ホンマに。

少し優しい見方をすれば、「みんな練習してきた上でおんなじ条件で試合するんやから、集中して勝つぞと思った方が勝つ」ということを言いたかっただけなのもしれませんがね。

まあ、あの競技だったら屋内なんで、エアコン入れればええだけやと思いますが。

 

来年のオリンピック開催まであと1年弱。

色々問題のあり且つ利権にがんじがらめになっているオリンピックという最大のスポーツの祭典ですが、スポーツ観戦大好きな私は無視することはできません。

なんだかんだで時差にも負けず結局テレビで観るんでしょうか。

選手の皆さん、観客の皆さん、暑さに負けずにどうか無事で・・・と祈ることしか私にはできません。

 

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00037/

 

 

今、女子W杯(ふっぼーです)の準決勝オランダVSスウェーデン見てますが、どちらも譲らず、Nail-bitingな時間が過ぎていっております。

あのオランダの7番誰やろう。すごい人気あるみたいですが。

 

さて、欧州議会選挙も終わり、次の5年に向けてEUが着々とトップ人事を行っています。

POLITICOが色々書いており、ちょっと前は各会派のSpitzenkandidatがテレビ討論なんかを行っていたものの、蓋を開ければ、あれ?っていう。

Von der Leyen氏 - 医師免許を持ち、子ども7人も持つ政治家であることから私はThe Superwomanと呼んでますが、本国ドイツではWunderfrau(Wonder woman)と呼ばれてるそうで -の名前、どっかの記事でだーーーーいぶ前に候補になるかな?みたいなタッチで書かれていたと記憶していますが、ご本人に(その時は)やる気がなかったのか、ドイツ首相の座を虎視眈々と狙っているのか、しばらくは全く名前すら浮かんできませんでした。

(個人的にはEPPが推していたWeber氏なんかと比べると、知名度が高いと思っていましたが)

それが今朝起きたら、「え?あれ?なんで?」ってなことになっておりました。

 

一体どこから飛び出してきたんや・・・。

 

・・・と、競馬場の正面スタンド最後の3ハロンくらいで、いきなり観客席から別の馬が現れてあっちゅー間にゴール、てなかんじですかね。

全く予想外でしたわ。

これがVisegrad 4が出してきた対案だったとはねえ。

これまでのテレビ討論やら何やらは一体なんやってん(笑)。

まあお役人じゃなくて政治家なんで、ある程度この辺透明じゃなくても仕方がないかなとは個人的には思いますが(役所レベルの人間がこそこそ勝手に密室で正規の手続きを無視して物事を決めている方がむしろ問題)、それにしても「妥協の産物」とは・・・というか政治的な決定って往々にして妥協の産物ですが、今回のこの人事に最後まで反対していたのがドイツだったというのが何とも皮肉なことで。

 

この5年間、我々を(というか少なくとも私を)楽しませてくれたJunker氏ともこの秋でお別れです。

色々と面白いネタをありがとう。

年明けてもう2か月も過ぎようかとしておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こっちは日に日に明るくなり、また暖かくなってきており、私はいつもの花粉症が始まりました。

春だというのに嫌だねえっていう。

 

さて、昨年にこっちの自動車免許の筆記が難しすぎるという話をしたかと思います。

あれから結局期限切れでしばらく放置していたのですが、夏休みにOrkneyとShetland(どちらもスコットランドの北の島)に行った際に同行した友人ばかりに運転をさせることになってしまい、やはり何とか免許を取ろう、そして引退してこういう島に住むことになったら絶対免許いると自分に言い聞かせ、夏休み終わってから自動車教習所との契約を延長し、お役所に再度免許取得申請を致しました。

(というか彼の運転が若干やばかったのと、駐車するときにガガガと車を擦ってしまい、レンタカーの弁償代を割り勘することになったのです・・・)

我ながら素早い動きだったと思いますが。

それでもやはり模擬試験の段階になったら中々前に進めずイライラしつつ根気よく勉強していましたが、ようやく先月末にオンラインでの勉強を修了して教習所のお墨付きを得て、今月初めの月曜日に筆記試験を受けてきました。。。

久々にウン十年前の受験生並みに週末最後の詰め込みをしましたねえ・・・結果は全問正解でパス。

てゆーか、実際の試験のが簡単だったとは一体どういうことだ、なんでこんなの通るのに2年近くもかかったと密かに怒りも覚えていたりして。

 

そう、そしてようやく「人生で一度くらい運転してみる」という夢をかなえることができたのです。。。

感動したか?

いや、なんか普通でしたけど。

 

ってそれで終わりじゃないですけどね。

この国では実技はいきなり路上で運転なんで、びびるかな自分と思っていたのですが、まあ隣にプロの教官も乗ってるしってことで、何とかやってます。

てゆーか、今までの人生で運転したことがないのにマニュアル車を運転するドイツ語の不便な日本人の生徒に、色々世間話仕掛けるってどうよ。

しかも乗ってるのは大概午後の帰宅ラッシュの時間帯なんで車は多いし、歩行者やらトラムやらに気をつけなきゃいけないし・・・とろとろ走る私の後ろに運悪く走ることになってしまった方々、ご愁傷様です。

しかしこんな調子で本当に実技の試験受けられるんやろうか、と今からちょっと不安になってたりします。

 

乞うご期待。

 

(OrkneyとShetlandの話はまた日を改めて書きます)

2018年がもうすぐ終わります。

ヨーロッパでは、第一次世界大戦が終わって100年、という年。

Brexitはますます混迷を極め(産業界側はほぼ諦めの境地)、その他の国の政治的な風景も変わりつつあり(変わるというか益々一方向に走って行っている国もありますが)、来年はどうなるかというのが私には見えにくくなっています。

来年は英国のEU離脱(←英国が気を変えなければ、ですが)、欧州議会選挙もあり、EU内の小さな内紛が徐々に本当に目に見える形での亀裂として表れてくるような気がします。

右、左、中道、という政治的スタンスの違いだけではなく、それぞれの国の歴史、慣習、考え方の違いが悪い方向に働いていくという可能性は否めません。

 

Diversityというアイデアは私は好きです。

私がヨーロッパにいる理由は、電車で2-3時間走れば違う国に入って違う文化、食べ物、歴史、言葉に出会えるから。(日本でもそうですよ。別の土地に行けばその土地の方言に出会って、食べ物に出会える。みんな標準語でしゃべってたらつまらない)

社会科学の見地から言えば、国それぞれが違うにも関わらずなんとかして拡大し且つ固まろうとしている、EUという壮大な実験場を中から「外国人」の視点で観察するのが面白いから。

 

しかしこのDiversityというのは裏を返せばDivisionになります。

最初に第一次世界大戦が終わってから100年というのに言及したのは、中東欧の国々(チェコ、スロヴァキア、ポーランド等)にとっては独立して100年という節目の年であり、これが何等かの感情的な働きかけをその国の国民に行っていることは否定はできないと思えるからです。

東からやってくる人々の存在を脅威に感じている人もいる。

私はヨーロッパ人なのか、それとも? - こういう問いかけがあってもおかしくないと思います。

それぞれの国の政策、選挙結果がブリュッセルによっていちゃもんを付けられると人は益々反発する(←これがBrexiteersのRethoricの一つだったわけですが)、そして「お宅の国がやろうとしていることはEUの基盤にある思想に反する」と警告を受けても益々自国の政策に固執しようとする。

そしてそのうちEUから離脱するぞと脅しをかけるかもしれない。

(・・・まあそれもどのように「うまく」UKがEUから出ていくか、にかかっているかと思いますが。)

 

英国がEUから出て行って益々ドイツ強しになるかと思われたものの、現首相は2022年(か2021年だったか?)まで首相の座にいるとは多くのドイツ人は思っておらず、リーダーの交代がEU内の力のバランスに何等かの効果をもたらすかもしれないこと、そして欧州議会選挙・欧州委員会交代を考えると、2019年は色んなことがゆっくり動きつつ将来の予測が若干しにくくなる難しい年になるかもしれません。

 

そうそう、日欧EPAが2月に発効しますので、フランス産のワイン、オランダ産のチーズ等が今より安い価格で手に入ると思いますよー。

私はそれが嬉しい(笑)。

 

では皆さん、良いお年をお迎え下さい。

 

EU離脱まであと1年切ってるというのに、何も合意されていないことだけが合意されてる状態のUKのEU離脱交渉。

ようやくFrameworkがイギリスの首相官邸から出たと思ったら、離脱交渉担当のDavid Davis氏が辞任するし、なんか知らんが続いて外相のBoris Johnson氏も辞めるって。

どんなもんかと内容を見てみたら・・・いや、別にこれって現実的なんじゃないの?という内容なんですが、企業で働いている者からしてみたら。

EU離脱派の離脱賛成の理由の一つとなっていた、移民規制は行う予定らしいし、一応イギリス議会と裁判所に権限を取り戻すとは言ってるし。

かと思えば、一応EUの法律やルールに則った基準で今後モノとサービスを提供していくとは言ってる・・・まあ、実務にどうやって落とし込むかは更に考察が必要だけど、これはスイスと同じようなモデルですよね。

これが現実的な路線じゃないのかなあと私のような外国人は思うのですが、Brexiteersには気に食わないらしい。

何がそんなに気に食わないのか私には理解できない。

挙句の果てにやめちゃうって・・・でもかえってやめてくれてよかったと首相なんかは思ってるかも。

 

さて、離脱交渉担当の後任は誰になるのやら。