三味一体

テーマ:

本日は、かの三島由紀夫が最後の晩餐を食したことでも知られる、


明治42年創業の老舗、「新橋 末げん」でランチ。


鳥割烹と銘打つように、夜のコースは8000円~とそれなりの設定の


高級店にもかかわらず、ランチはグッと庶民的なんですよね。


昼メニューの中でも一押しは、写真の「かま定食」1000円。


軍鶏、地養鶏、鴨のたたき身と3種類の挽き肉をブレンドし、玉子で


ふんわりとじた一風変わった親子丼なんですね~


これがまた、甘すぎず、辛すぎず、実に品のいい甘さのダシも割烹店


ならではで、玉子かけごはんを思わせる、とろりと柔らかい玉子のとじ


加減も絶妙の一品。


挽き肉ともども、ワシワシと一気にかっこめば、口中で、ごはん、挽き肉、


玉子が、「三味一体」の絶妙なハーモニーを奏でるわけです!


幸せな気分になりますよ、マジでw


定食に付く、生姜を効かせた熱々の鶏スープがまた滋味深く、心和みます。


何度食べても飽きない味だなぁ