Aprendem fazendo em activa participacao com os outros

Aprendem fazendo em activa participacao com os outros

Scoutingの魅力は、他と交じり合う活動の中で、『Learning by Doing~行うことによって学ぶ』ことです・・・。
英国ではじまった世界最大の青少年教育運動Scoutingは、2007年に創始100周年を迎えました。

第22回世界スカウトジャンボリー(四年毎に開催されるスカウトの世界的な野営大会)は、2011年7月27日から8月7日までの日程で、スウェーデンのリンカビー(Rinkaby)において開催されます。

Aprendem fazendo em activa participacao com os outros
URL : http://www.worldscoutjamboree.se/
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
 昨晩どっかりと降った雪も昼間のうちにすっかり融けて、今宵は足下軽く、毎度の止まり木「地酒屋R停」であります。
 ちょうど今だけの山形は村山の蔵元、高木酒造の「十四代 本丸 特別本醸造 生詰」をいただきました。いつもながら、マダガスカル・バニラのような穏やかな香りは健在で、「十四代」特別本醸造ならではの柔和で上品な甘味が、とても素敵です。飲み進むうちに、やおら伊予柑だったり、はたまたスウィティーの果汁かと錯覚してしまう、綺麗な味わいの変化が面白いものですね。
 ところで、「十四代 本丸 特別本醸造」の『秘伝玉返し』というのは、蔵元独自の純米粕とり焼酎を使ってアルコール添加をすることで名づけられたものだとか。もともと、絞りたての原酒に加水したものを「玉」もしくは「玉酒」と呼ぶそうで、その「加水された酒=玉」にアルコールを加えることで戻す、つまり「返す」という意味があるのだそうです。さすが、老舗蔵元の伝承技法というのは、奥が深いものなんですね。

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 さて、芳醇な「十四代 本丸」のお供にと、今宵、ご亭主が用意してくれたのが、蕩けるようなアボカドと生ハムの組み合わせでした。それも、アボカドには自家製の味噌だれがかけられていて、伸びしろがある「十四代 本丸」の甘い巧味にぴったりで、驚くほどお見事です。
 旨い酒に美味なる一皿が、なんとも幸せであります。ごちそうさまでした。m(_ _)m

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-20101225_000622_478.jpg

テーマ:
iPhoneiPhoneからの投稿

またしても、早朝から震度4の地震に二度も襲われた当地です。おまけに昨晩降った大雪で、道はどこもかしこも渋滞しています。いやはや、これぞ踏んだり蹴ったりですね。f^_^;)

どうにか、朝一での本業仕事もひと段落で、一人こっそり、朝マック中であります。お気に入りのマックグリドル~ベーコン&エッグにかぶりつき…、堪りませんねぇ~♪

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 お昼前、あれ?ちょっと様子が変だな…、と思った途端、激しい揺れに襲われた当地です。かなり大きな地震で、間髪をいれず、余震が何度も続きました。幸いなことに、たいした被害もなく、撫でられたぐらいで済みました。なにはともあれ、良かったです。いずれは来るだろうと、言われて久しい、宮城県沖地震の序章でないことを願うばかりです。ここ十年ばかり、結構、大きな地震が何回も起きていますし、油断ならないところなのでしょうね。(゚o゚;;
$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 今回も、二階の書斎で独りパニックになったらしい雄佐武郎は、パパを見かけると直ぐ様、跳び上がって抱きつき離れません。相当に吃驚したんでしょうね、虚ろな目つきで身体を震わす愛息が可哀そうになってしまいます。
 震度5弱もあったそうですし、その後も強い余震が何度かありましたから、雄佐武郎もよっぽど怖かったに違いありません。それでも、しばらく抱いているうちに、甘えた声で頬を擦りつけてきましたから、落ち着いてきたのでしょうね。そんな仕草が堪らなく可愛いものです。(#^.^#)

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 それにしても、よそ様で、大きな被害などなければ良いのですが…。

テーマ:
 今日は、朝から陽射しが柔らかく、ちょっぴり暖かな一日でした。暦の上では、啓蟄も過ぎたことですし、そろそろ春遠からじなのかもしれませんね。
 あまり気温も下がらず、風もない今宵は、秋田県深山の山ぶどう果汁がたっぷりの「深山ぶどう羹」をいただきつつ、女房殿との緑茶タイムです。せつない甘酸っぱさが青春の味わいだとすれば、どこまでも深く澄み切ったような山ぶどうの味わいは、中年の夫婦にとっては禁忌すべきものかもしれませんね。
 実は、この「菜菓庵 重菓堂」謹製の「深山ぶどう羹」は、先日、泉のMD君が秋田土産にと拙宅に、わざわざお届け下さったものです。彼の日頃からの細やかな気遣いからすれば、恐らく、山ぶどう羹をはじかみながら、夫婦で若かりし頃に思いを馳せてみるのも、宜しかろうとの事だったのでしょうか。有難いことですね。f^_^;)

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 いつも楽しみに拝見させていただく、Kashiwan様のブログ「世界の食卓 グルメ探求の旅」で、アンゴラ航空の記事がアップされておりました。
 実は、かなり昔に、ポルトガルのリスボンから首都ルアンダまで、このアンゴラ航空~TAAG(Transportes Aéreos de Angola)で飛んだことがありました。航空機は、当時でも既にお古のボーイング707型で、それでも欧米の航空会社に負けまいと、独立まもないアンゴラの意気込みを感じるサービスが懐かしく思い出されます。
 思い立って、アンゴラ関係の書類をひっくり返してみたところ、1982年当時の『Horário(ポルトガル語で時刻表のこと)』が出てきました。欧文タイプライターを使って作成したと思しき印刷が、そういえば…と妙に懐かしいものです。アフリカの航空会社らしいレトロなデザインと色使いが、今もっても、なかなか素敵ですね。(#^.^#)
$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 おはようございます。鈍よりと曇って、寒々しい朝になった週明けです。この雲行きだと、今日は雪が降るかもしれませんね。
 さて、今日、三月七日は祖母の命日ゆえ、仏壇に「かわりごはん」をお供えしました。「かわりごはん」とは、当地で言う「炊き込みごはん」のことです。油揚げや人参などの具材を入れて、醤油で味をつけてあります。お供えをした仏壇に手を合わせ、御念佛をお唱えしてから、今朝は、この「かわりごはん」をいただきました。男孫には、優しかった祖母の笑顔が、妙に懐かしく思い出されてしまいます。
 当たり前のことですが、亡き祖母を始め、ご先祖様あっての熊ゴリラ親爺の今があるわけで、本当に有難いものですね。しみじみと、そう思います。

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 昨夜は、神戸牛の焼肉を鱈腹食べて、結局のところは午前様でありました。それでも、羆兄貴は朝風呂を浴びて、早朝から日曜日というのにご出勤でした。柔道部の稽古だそうで、部活の顧問も大変そうです。羆兄貴をお見送りの後は、再び朝寝を決めこんで、起きたのがお昼前という体たらくな熊ゴリラ親爺でありました。お休み日とはいえ、夫婦揃って怠け者というのが、なんとも、お恥ずかしい限りです。f^_^;)
 ですが、がっつり喰った旨い焼肉のせいか、腹も重たく、ただただ畳の上でゴロゴロとするのが心地よく、無気力で無節操というのも背徳的な快楽と嘯きたくもなっちゃいますね。時折、スカウト仕事の資料や書類をめくってみたり、愛息の雄佐武郎と戯れてみたりと、のんびりとマイペースで過ごす休日の午後も良いもんですね。まあ、そんな旦那の安息も一瞬にして吹き飛ばしてくれる女房殿は、まったくもって凄腕の調教師でありましょう。有無を言わさず、散歩に連れ出され、おまけに遅い昼飯まで奢らせる辣腕ぶりには、いつも以上に怒りを通り越して感心するのみです。ヽ(´o`;

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 そんな具合で、午後三時過ぎ、散歩がてらの遅いお昼に立ち寄った「おおもりや」です。然して食欲もない旦那に比べ、色気より食い気を標榜される女房殿は、かけ蕎麦とお稲荷さんに、茶碗蒸しとサラダが付いてくる豪華な「レディースセット」なんぞをお召し上がりで、吃驚です。「鴨南蛮そば」一杯だけの旦那とは、雲泥の差であります。極細打ちの更科ですし、あっさりとした極旨の鴨汁も風味抜群で、文句なしに美味しいのが救いでしょうね。
 まあ、毎日が退屈せず、女房殿との凸凹があることが、ある意味、幸せなのかもしれません。文句を言わず、ひたすらの修行も、険しく厳しいものなりけりであります。(#^.^#)

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 本日、女房殿の実家から焼き肉でどうぞと、神戸牛のロース肉がたくさん届きました。それも、どどんと1キロも、有り難くて、嬉しくて、涙がちょちょぎれんばかりの熊ゴリラ親爺であります。
 となれば、今夜は、超贅沢な焼肉パーティで決まりでしょう。早速、羆兄貴を呼んで、土曜の夜の豪華な厄払いの始まりです。ψ(`∇´)ψ

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 それにしても、旨そうな牛肉ですね。A5ランクの神戸牛とはいかないまでも、見事な色艶が高級感を醸し出していて、思わず生唾ごっくんです。
 もちろん、野菜もたっぷり摂らねば、栄養効果も片手落ちです。焼肉のお供には欠かせない、玉葱、人参、ピーマン、椎茸に、ちょうど近くのスーパーで特売中だったグリーンアスパラガスとエリンギ茸も一緒に焼いちゃいましょう。そうそう、冬の味覚で忘れちゃならない、蕩ける甘さの曲がり葱もブツ切りにしての登場です。この仙台白葱は、じっくり火を通すと抜群な美味しさなんですねぇ~♪

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 さてさて、第一陣が焼きあがるまで、ビールなんぞで喉を潤して、しばし我慢であります。獲物を前に涎を垂らす獣みたいだと、女房殿に笑われようとも、今夜は、ひたすら馬耳東風とまいります。なにしろ、こんな豪勢な神戸牛にありつけるのは、いつにも増して小憎たらしい女房殿あっての事です。それに、なにをぬかすかっ、このうつけ者!などと罵声を浴びせたところで、焼肉が美味くなる訳でもなし、ここは引きつり笑いで誤魔化すが得策でしょう。(*゚ー゚)ゞ
$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG $Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 鉄板に滴り落ちる牛脂が、小気味良い音色を奏で始めました。そして、芳しい牛肉の焼ける匂いが舞いたって、まさに直情的な快感そのものです。あぁぁ~堪りませんねぇ~。(#^.^#)
 さあさあ、お待ちかねの爆喰い開始であります。まずは、おろしポン酢でさっくりと…であります。至福の旨さに、兎にも角にも幸せです。(^ー^)ノ

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
iPhoneiPhoneからの投稿

明日からの週末を前にして、今宵は、久々に女房殿を連れて「地酒屋R停」中であります。やっとこさ、どうにか普段どおりの暮らし?と言いますか、以前の行動に戻りつつあって、嬉しいものです。♪( ´θ`)ノ

青森の男酒「田酒」の冷やをコップ酒でいただきながら、これまた同じ青森県の東通村特産「ビフテキ・ジャーキー」がお供であります。津軽海峡越しに北海道が見渡せる東通村は、肉質、味とも絶品と隠れた人気のある「ひがしどおり和牛」の産地としても知られていますね。その良質の牛肉を使った「ビフテキ・ジャーキー」は、噛むほどに旨味が増して、なかなかの美味しさです。

野趣味あふれる武骨な男酒「田酒」にも負けない、力強い風味と味わいに、女房殿ともども吃驚です。さすが、「地酒屋R停」のご亭主ですね、今宵の組み合わせもお見事です。(#^.^#)

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG

テーマ:
 何を隠そう当地は、烏賊の水揚げ量では全国第2位を誇る北国の港町であります。風も冷たく真冬のように寒々しい昨今ですが、三陸沖には確実に春の兆しが現れてきたようで、「神頭烏賊(じんとういか)」の水揚げが始まったそうです。「神頭烏賊」は、当地で「ヒイカ」と俗に呼ばれる小さな烏賊で、日本海の「ホタルイカ」より体長が15から20センチほど大きく、柔らかい食感とはっきりした旨味に特徴があります。
 有難いことに、今日、本業仕事のお取引先から水揚げしたばかりの「ヒイカ」をたくさん頂戴しました。烏賊そうめんにして、熱燗で一杯と目論んだ熊ゴリラ親爺でありましたが、婦人連合のお二人から、あったかいものが食べたいとの要求が出されてしまいました。国連決議など、どこ吹く風のリビアのカダフィ大佐とは違って、婦人連合に抗えるはずもない気弱な旦那であります。これってきっと、あの帝政ロシアの農奴なみかもです。(-"-;A

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-__.JPG
 そんなわけで、男子厨房に立つ金曜日になった次第です。当地の地酒、墨之江の「酒のみの酒」の熱燗が夢と消えてしまった今夜は、入院騒ぎで正月飲みがぶっ飛んでしまった、あの箱買いして置いたポルトガルの赤ワイン「モンサラーシュ(Monsaraz)」で決まりです。ほくそ笑みつつ、作戦開始とまいりましょう。(^ー^)ノ
 微塵したブラックオリーブと大蒜をEXVオリーブオイルBaroccoで軽く炒めて香りをだして、お次に玉葱、椎茸、白葱、トマトを加え、Y嬢ご推薦のカゴメ「トマトつゆ」で炒め煮です。旬の「ヒイカ」は、下拵えしておいたものを輪切りに、別鍋でレモン汁をふりかけながら、軽くオリーブオイルで炒めておきます。そして、スパゲッティが茹で上がって、皿に盛り付ける直前に、トマトソースに投げ込むようにします。少しばかり面倒な二段構えになりますが、「ヒイカ」ならではの柔らかな食感と旨みを楽しむには、どうしても外せません。レモン汁の代わりに白ワインも可ですが、烏賊の生臭さが若干残ってしまいます。
 皿に取り分けた茹でたてのスパゲッティに、烏賊のトマトソースをたんまりとかけて、香りづけのEXVオリーブオイルBaroccoを回しかけ、淡い味わいのチーズ、グラノパダーノを振りかけて、激旨スパゲッティの盛りつけ完了です。

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-20110225_160410_920.jpg
 幸いなことに、口煩い婦人連合もお気に召したようで、「ヒイカもこうして食べると美味しいねんねぇ~♪」とは、ざまぁみさらせ!ってなもんです。しかるに、ポルトガル・アレンテージョの赤ワイン「モンサラーシュ」まで、婦人連合お二人が揃ってのがぶ飲みには久々に吃驚しました。トマト味の玉葱と白葱のコンビは、タンニンが柔らかく、ブーケの軽い「モンサラーシュ」には、なにしろぴったりですからねぇ~。してやったり顔の熊ゴリラ親爺です。(≧∇≦)
 今夜の付け合わせは、頑張って二種類を用意しましたが、どちらも豪華そうにみえて、実は相当に手抜きの品々であります。もちろん、ブーケの軽い赤ワイン「モンサラーシュ」に合わせたのは言うまでもありません。なにしろ、それだけが楽しみで厨房に立ったようなものですから。
 まず一つ目が、ベビーリーフやサラダ菜と糸もずくのサラダであります。アンチョビと青黴のスティルトンで風味をつけた、さっぱり系りんご酢ドレッシングで和えたものです。辛味のアクセントには、青唐辛子のハバロネを使いました。黒すぐりのような軽いブーケの「モンサラーシュ」には、面白いほどに合うサラダで、図らずも婦人連合の大満足には嬉しいものの、当てがはずれちゃったみたいです。(^^;;

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-20110225_160555_849.jpg
 二つ目は、熱々に湯通した木綿豆腐に、しめじ茸とパプリカいりの葛餡をかけた、変わり湯豆腐です。鰹節と昆布の出汁をつかった和風味の葛餡ですが、ちょっと遊んで、モンゴル産の蕎麦蜂蜜と岩塩で味付けをしてあります。本来、三温糖で甘みをつけた方が優しく仕上がりますが、烏賊のトマトソース・スパゲッティに負けない味わいにと思って、蕎麦蜂蜜いりの葛餡にしました。初めてでしたが、意外に合いますね。実験成功です。(#^.^#)
 さてさて、今宵の主役、ポルトガルの赤ワイン「モンサラーシュ(Monsaraz)」は、テージョ河の中流、スペインとの国境にほど近い城壁都市の名前を冠したアレンテージョ地方の美味しい葡萄酒です。アレンテージョ地方は、このモンサラーシュを始め、ボルバ、エーヴォラなどそれぞれ特色があって良質なワインの産地が連なることから、ポルトガルの東ワイン街道とも呼ばれています。歴史的な建造物も多く、美しい町や村ばかりですし、観光するのにも魅力的です。
 同様に、今宵の赤ワイン(Tinto)の「モンサラーシュ」も、極めて魅力的な味わいで、きれいなルビーそっくりの色合いといい、熟した黒すぐりなどのベリー系を思わせる複雑なアロマと軽いブーケが一番の特徴でしょう。そして、軽く柔らかなタンニンと、美味しい余韻が長く続きます。とても美味しい赤ワインだと思います。

$Aprendem fazendo em activa participacao com os outros-20110215_182256_471.jpg
 今年の正月にと、箱買いしていたワインを念願叶って、存分に愉しむことができた今宵です。婦人連合を相手に、しっかり務めも果たしましたし、酔いも手伝って心さやかな熊ゴリラ親爺であります。
 これにて、本日も、旦那業がめでたく終了いたしました。( ̄^ ̄)ゞ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス