アイドルライブカフェZOOstage公式ブログ

アイドルライブカフェZOOstage公式ブログ

2014年7月に池袋西口にオープンしたアイドルライブカフェ「ZOOstage」の公式ブログです!
ZOOstageの営業日程やカフェスタッフの日替わりブログを載せていきます。


テーマ:

 2019127 ズーステ卒業しました。


今まで何回か節目にブログを書いてきたけれど、このブログも最後です。


ぼくは中学生の頃からアイドルという職業に憧れがあって、高校生の時に物販スタッフとして活動してる間で出会った 当時のズーステスタッフひめあ から誘われて2016年4月30日にズーステに入りました。




最初のズーステは先輩後輩の差があってなかなか馴染むのは難しかったけど、ちょっとずつ自分の中でも早く追いついていきたいって気持ちでやりつづけてきました。その結果が最初の生誕祭で自分の中ではとても大切な1日になりました。前のブログにかいた先輩からの言葉は今でもずっとずっと忘れないようにしてきたつもりです。



それからゆきちゃんの生誕祭、ひとりぼっちにさせたくない。必死に励ましあって成功できた日です。心強い友達ができてとても嬉しかった。だから2017年4月30日のゆきちゃんの卒業は自分の1周年と重ねてとても意味のあるものだって感じました。でも、同時にこんなにいい場所いいステージを作り上げきたものをぼくが壊しちゃうんじゃないか不安で仕方がなかった。それくらいぼくの中で水無瀬ゆきさんという存在はズーステにとっても大きなものだと感じています。




スタッフがほとんど新しくなって、ぼくが先頭になにかをし始めた時、いろんな人に調子に乗ってるだのたくさん叩かれることが多くて何度もなんども心が折れそうになった時もあったけれど今のスタッフが必死についてきてくれる姿を見てこの子達は大切にしていきたいと思いました。

イベントを企画したり、なるべくみんなの生誕祭をしたり、その度に練習することや準備の負担も増えちゃったけどそれぞれみんなの中で自分の思い出を作ってもらえたかなって思います。ぼくの中での2年目はそんな感じで、どこかで先輩の影を探しながら後輩と新しいズーステを作りたい思いで、そして新しいメンバーでの屑宮みんと生誕祭はぼくの中で一番の思い出になりました。



ぼくは前から人に何かを伝えるのがとても下手くそで日本語がうまく使えないからよく勘違いやすれ違いをしてしまうんだけど、だからたくさんぶつかってしまうこともあって自分が苦しくなったら逃げるっていう選択をしがちでした。でも、誰かじゃなくて自分しかできないこともズーステの中にはあったから頑張れました。


最初はこの子達、JK..心配だな..って思っていたすみれちゃん、ひいろちゃん、ぽむちゃん、ねねちゃんが1周年を迎えた時、お客さんに彼女たちが1周年だからケーキの用意をお願いして協力してもらっていろいろおめでとうを言えたことも本当はとても嬉しかったです。ありがとうございました。


その中でも、すみれちゃんにはたくさんの可能性があったからぼくの中では贔屓してるくらい可愛がってしまった気がします。

すみれちゃんやひいろちゃんは暇人だからってのもあったかもしれないけどたくさんズーステに出勤してくれて、本当に感謝しかないです。誰かが出てくれないとお店は続かないからね。時には、自分たちの予定は潰したり変更してもらって出てもらった時もあったから少なからず、ズーステを卒業した今、自分たちのために時間を使ってほしいかなって思います。


2年目になって、日に日に人からの嫌な部分がたくさん見えるようになって自分の中では苦しい時期がたくさんありました。環境を変えたらきっと自分が楽になるんじゃないかと、ズーステを辞めようと本気で思うようになりました。自分のために。

連絡を断ち切ってとぼうとしたことも何回かあります。あの時、必死に止めてくれた南山さんや連絡くれたすみれちゃんに本当に迷惑かけまくってわがまま言って本当に本当にごめんなさい。

何にせよいつだって自分勝手だからいろんな人から叩かれてしまうんだよね。


紆余曲折、なんだかんだで結局ぼくは自分の理想のためにアイドルっていう職業を最後に選んでしまったから、このズーステラストまではすみれちゃんが一人で急にいろいろを抱える立場になってしまったこととても申し訳ないって思っています。それと同時にズーステにあまり出勤できなくなったことに後悔もあります。どっちもは選べない世の中がとても憎いです。それが人生。


特にすみれちゃんにはたくさん迷惑をかけてきたからさらに重荷になってしまったこともあるだろうし、口うるさく注意したりまとめたりするのはとても簡単ではないこと、頑張っているのに損な役目をさせてしまったこと、ぼくも経験してきたことだからそれが時には苦しく感じることがあったと思うけれど、お客さんはきちんとそれを分かってくれていたから助けてくれるから負けずに耐えられた部分だったし、みんながすみれちゃんがいなかったらズーステはダメだったって言ってくれるような世界でとても嬉しかったです。限りなくMVP賞です。おめでとう。でも、本当に最後まで頑張ってくれてありがとう。意思を引き継いでくれて本当に感謝しています。



それからひいろちゃんにはたくさん謝らないといけないことがあって、甘ちょろく考えてた自分をひいろちゃんが気づかせてくれた部分もあるので本当にあの時ぶつかっといて良かったと思います。ひいろちゃんの生誕祭ですみれちゃんの力になれるのはひいろちゃんだと思うから支えてあげてほしいって言ったのも全部ひいろちゃんが受け止めてくれてぼくがいないズーステを少しずつ自分の力で頑張ろうとしてくれたのがひいろちゃんだった。ぼくとひいろちゃんはあんまり真剣な話はしないことが多かったからたくさん我慢してきた部分があったと思うけれどズーステを好きでいてくれてありがとうございます。



他スタッフのみんなにも最後までズーステスタッフとして働いてくれたこと、素敵な場所にしてくれたことにとてもありがとうの気持ちでいっぱいで、最後にみんなでズーステオフ会ができたこともとても嬉しいです。ズーステを選んでくれて本当にありがとう。



お客さんのみんなも、きっとなんだこのコンカフェは!!!って思う部分たくさんあったかもしれないけど、これがズーステなんだって思ってもらえればいいかなと思います(U⌒▽⌒U)

いろんな意味で唯一無二のコンカフェだったと思う!ズーステとそして全スタッフを愛してくれてありがとうございました。 




ぼくはここで28ヶ月働いてきて、いろんな人に出会いました嫌いな人もたくさんいたけどそれ以上に好きな人にも出会えたし大切な人もたくさんできた。対人関係がとても苦手で人と食事に行くことが出来なかったぼくが今ではみんなでご飯行ったりすることが大好きでプライベートでもみんなと過ごすことができるようになって自分の中でもたくさんの成長がありました。

歌もダンスも下手くそだったけど、みんなに上手くなったよねって褒められるようになったりステージは一番良いねって言われるようになったりして、自信がなくてずっと諦めていたアイドルも、もう一度目指すっていう勇気をもらえました。



それも全部このズーステという場所にいたからつづけてこれました。

続けてこれた大きな理由は南山さんだと思う。

南山さんはスタッフにいつもバカにされてはいるけどそれ以上にとてもぼくたちのことを愛してくれて可愛がってくれたのでいつどんな時でも相談に乗ってくれて真剣に一生懸命考えてくれました。

ズーステは家族って意味で本当に南山さんはビックダディです笑。感謝してもしきれないくらい恩があるから絶対に忘れません。死ぬまでありがとう言い続ける。いや、墓の中でもいい続けます。本当に本当にありがとうございます。



ここまで読んできてみんなが疲れていないかとても心配。


ズーステの最後が決まった時、すみれちゃんと呼び出されて 南山さん辞めるのかなって話くらいだったのがズーステが無くなります。って言われて本当に頭が真っ白になったのを覚えてる。涙が出るとかじゃなくて、何も出てこなくなった。その発表はすぐにあってクリスマスのイベントだったのに悲しいプレゼントになってしまったのとても悔しいです。

自分たちの口からズーステ無くなりますっていうのはとてもつらかった。

残り1ヶ月たくさん出勤したかったけど結局あまり出勤できなくて、最後にやりたかった曲たくさんあったけど出来ずに終わったものが多かったな。みんなでいろいろやりたかった。最終日が近づくにつれてみんながエモいねエモいねって泣きながらライブをする姿をみて、本当にあと少しでズーステ終わっちゃうんだなって思って。


ズーステが終わるってことに悔しい気持ちと寂しい気持ちとたくさんの気持ちがあったけど、いうなれば一番はズーステを守りきれなかった自分に、守ることを折れてしまった自分に限りなく恨みたいです。


迎えた最後の日は、あまり実感がなくて普段通りにライブしてしまった!でもみんなでライブやるのも最後だったんかなと感じました。いろんな曲やってきてその中でも楽しかった曲や伝えたい曲やいろんな思い出があるからどれにしようどれにしようって悩んだ。泣いたら頭痛くなるし、笑ってたかったから涙はこぼさないようにした。最後のSTART DASH SENSATION チラッとみたらぽむちゃんねねちゃんが前でめっちゃ泣いてて、もらい泣きしそうになった。この曲は、本当にいい曲で、その中でも大好きな部分。...全部です。



ズーステのこと思い出したら絶対聞いてね。


それからメドレー最後のショコラ・ラブ。

この曲はぼくがズーステの面接で歌った曲で、先輩スタッフ含めて、たくさん歌ってきた曲だなって思ったからいれました。今のズーステには浸透してないかもだけど落ちサビ座るのもチューをするのも恒例だったから最後にすみれちゃんと合理的にちゅっちゅできてとても幸せでした。最後だけじゃなくてズーステでフルでやった日もチューしてくれた時は泣きそうになってしまった..。大好きだ。初のチューは水無瀬ゆきさんです。ゆきちゃんファンの方ごめんね。





ズーステのステージでやることに意味ある曲もたくさんあったな、ライブ1日中やりたかった。みんなとお話しすることも楽しかったけど、ライブもめちゃくちゃ楽しかったから。深夜練習も寝てばっかりだったけどふざけあって楽しい日でした。ぼくは閉店後にみんなと絡む機会がなかったから深夜練習でたくさん話せて嬉しかった。



そしてズーステで出会ってくれた方々、ズーステ通ってくれた方々、どっかでズーステのフライヤーもらってくれた方々、ズーステでライブしてくれた方々、ズーステに関わって来てくれた方々みんな本当にありがとうございました。

ズーステの歴史、みんなの中の日本史にズーステのこと書き加えておいてください。

最後まで本当にズーステを愛してくれてありがとう。


屑宮みんとは死語になっちゃうけれど、みんなの中で屑宮みんとってやべえコンカフェキャストがいたことだけ覚えててくれたらいいな。たくさん屑宮のことも愛してくれてありがとう。



ダラダラと長くなったから終わる!

また不意にTwitterとかで書き連ねるかもしれません。

大好きなZOOstage またみんなで集まれるように頑張る。


最後まで読んでくれてありがとうございました。





2016年4月30日−2019年1月27日

屑の民代表 屑宮みんと

Ameba人気のブログ