秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

今度の土日の予定教えて

ごめーん
今週は女子中高生と援助交際
今度修学旅行だから買い出しー

はーい




素直に引き下がったのは大人の私。たかしのお穣さん達に勝てる訳も無い。勝つつもりもない。


だけど私の中にある子供の部分は彼女達に焼きもちを焼いて泣き叫んでいる。

イヤだイヤだ!
あたしのことだって見て
あたしのことだって甘やかして
あたしを抱きしめて受け止めて

小さな女の子に判断は無い。ただ要求が在るだけ。
そんな女の子を抱きしめ、受け止めようとする大人の私。


だけど女の子は泣き叫ぶ。

パパが良いの
パパじゃなくちゃダメなのパパ、パパ、早く来て!
早く抱きしめて!

パパ、パパ、なんで来てくれないの?
あたしと遊んで!
あたしを抱きしめて!




大人の私は暫し途方に暮れる。傷の深さにおののきながら、すべもなく立ち尽くす。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

読みさしの本も忘れて電車に乗り込んだから、暇つぶしにたかしとのメールを読みかえした。

「ちゃんとご飯食べたかー」

「早起きでびっくりだ」

「二度寝してないかー」

「裸で寝るなよー」

そんな字づらがぞろぞろ出てきた。

クスリと笑ってしまう。まるで父親と娘の関係だ。どうしてだか分からないが、たかしには甘えられる。

まるで小さな女の子のような駄々をあやして受け止めてもらっている。

父をはじめとして、過去誰にもこんな風に甘えられなかった。

一つ前の記事では確信していなかった。

でも今日ならはっきり分かる。


私の頑なさがここにきてようやく取れたのか、それとも初めて受け止めてくれるだけの器を持つ人に出会ったのか、もしくは家族ではないという距離感からのことなのか、それは分からない。


私を甘やかし慈しんでくれる。それが心地良い。

私が求めていたのはこういう関係だったとは気が付かなかった。

やっぱりファザコンだったのだ、私は。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。