GUCCI(グッチ)のドライビングシューズ。 革あて補修 | Door  靴修理ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

Door  靴修理ブログ

主に修理した靴を紹介させていただきます。

しばらく投稿ができていませんでしたが

コロナウィルスの感染対策に気をつけながら

営業をしております。

 

本年も

宜しくお願いいたします。

 

 

 

さて

今回は

 

 

 

 

GUCCI(グッチ)のパンプスのお直しになります。

 

 

 

 

 

 

履くとどうしても

磨耗してしまう靴底。

 

 

 

 

 

気づいたら

いつの間にか

削れてしまっている

かかと部分。

 

 

 

諦めてしまいがちですが

大丈夫です

 

キレイにお直しができます。

 

 

 

 

 

かかと部分は

削れてしまったところを

平らにして

両足、高さをそろえて

お仕上げができます。

 

 

 

 

 

 

靴底前部分は

靴底の磨耗を防ぐために

ゴム材でお仕上げしています。

 

 

お靴を購入されてす

ぐに取り付ける方もみえますが

 

 

ある程度、履かれた状態でも

お仕上げはできますので

ご安心くださいね。

 

 

 

 

お手持ちのお靴で

傷んでしまったとき、、、

捨ててしまう前にどうぞ、ご相談ください!

 

m(_ _ )m

 

 

気に入っているお靴を

より長く履いていただけるお手伝いができればと

日々思いながらお直しいています。

 

 

履きにくくなったお靴や

もう少し長く履けれたらな、、と思っていましたら

お気軽に

ご相談だけでもいかがですか?