ミニチュア・ドールハウスランキング

国難の時代にSayのブログのご購読及びイイネをいつも、有難うございます。
日頃の感謝を込め、更新してまいりますのでどうぞ、宜しくお願い致します。
 
皆様、こんにちは!ニコニコパー
今日はちょっと、真面目な事を書くので興味の無い方は軽くスルーして下さいませ。
 

*ミンネ晴(SAY)のギャラリーには?! *

コチラから右矢印 晴(SAY)のギャラリー

 

 ミニチュアとインテリアのMOMIES 

アップ ココ・クリックでホームページへ飛べます♪ 

是非、一度は遊びに来てね。

 
の、前に簡単に現在、制作しております!
”軽食の出来る喫茶店”の制作作業のご紹介です。
上矢印私ってば、猫の置物がシャムなのを忘れ汗
口元を茶色にするのをうっかり忘れていたのでビックリマーク 改め茶にした市販の型猫です。
その他、ショコラケーキやウィンドディスプレイのコップも追加しました。w
 本の方も、多量に配置する棚があるのでビックリマーク
只今、量産しつつ仮配置で様子をみているところです。
 
 
下矢印ここは花と小物配置箇所。
 
下矢印下は本棚上も小物置きと本棚です。
(その他の小物でも良いんだけどね。)
 下矢印洗濯ばさみで挟む事で両面ニスを乾かしつつ、作業しとります。
 ところで、皆さんは『スティグマ』という心理用語をご存じでしょうか?
古くは古代ギリシャにおいての奴隷制度や魔女裁判など、犯罪を犯した者に対しビックリマーク
腕や首に焼き印を押して社会的階級の差を明確化させた「焼き印」を示す言葉です。 
現在は「社会心理学用語」としての言葉で、ハンディキャップを持つ者に対しての差別!
他者を劣等視する事で差別や偏見といった気持ちを正当化する現象の事を示してそう、呼ぶのだそうです。
 
 この、現象の裏に潜む人の思いは、生物学的に大きく捉えればビックリマーク
生存本能かもしれない。
何故なら、他者を劣等視することで己がこの、社会に存在するに値する価値のある人なのだからと
安心感を得ている部分がある事も否めないからです。
 
 それほど、人の暮らしぶりは自然のサイクルからかけ離れた不自然な競争社会となってしまったのだろうか?
 
 現在、感染症が流行る中にあって、医療従事者たちが偏見や差別に合っているとよく、目にするようになり!
庇護する声も増えたけれど。
この問題は加害者や被害者といった、白黒の問題ではなく・・・・。
人はそれほど、不安定な心を持つ生き物だといえるのかも。
 
生きて 幸せでいたいし。
大切なものを守りたいし。
そのためには危害を与えそうな人は排除しなきゃとなる。
実は、そんな弱い心も私には判る。
 
偏見や差別を受け、貴方たちは自分とは異なる感染源なのだと烙印を押され・・・。
 
私たちは感染症と向き合い、人を救ってきたのに。
自身の健康を犠牲にして向き合ってきたのに。
もしかしたら、生き残っていけないのではないだろうか?
必要な存在じゃないんだろうか?
 
そんな想いにかられ、心の奥深くに傷をおっていく感覚も私には解る気がします。
 
 誰の存在も、誰かの大切な命を引き継いでいく唯一無二の存在なのだと!
変わりは居ないのだと皆が思う事が出来れば良いのだけれど。
もし、その根本が現実として究極、生存本能なのだとしたら? 
解決策、抜け道は何処にあるのだろう。
 
 その、人の心の弱さをありのままに見つめて・・・・。
その弱さは自分にもある弱さなのだと長い月日をかけてありのままに見つめ続けて。
その結果のその先には、同じ”ヒト”なのだと思い合える関係になれるのならば良いのだけれど。
 
 目の前に、存在する人(他者)の条件が何であれ、その人は誰かがこの世に生まれてくる事を強く願って、生まれてきた大切な命です。
 
例え、望まれて生まれてこれなかった背景を持っていたとしても!
その存在は宇宙に歓迎され、抱擁されたこの世に生かされた存在なんだと思う。
 
三毛猫 みんな同じ、生きてるんだニャ~♪三毛猫
 しいて言うなら、皆弱いのも同じなんだニャ~♪
 
貴方は同じ弱さを持ったヒトにどう、接しますか?
 
 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村