あれから2週間経ちました

テーマ:

 こんにちはどんぐりの家リフォーム館です。

 

 まず遅くなりましたが、この度の大雨・洪水などで被災されました方々にお見舞い申し上げます。

 

 今回鬼怒川が決壊したニュースはとても衝撃的でした。

 というのも、私の家は川一本隔てた所にあり、普段生活や通勤に使う道路が水没してしまったり、テレビで何度の放送していた常総市(旧石下町)は、約3年間働いていた事もありよく知っているエリアだったからです。

 やっと通行止めが解除されたり、娘の学校も再開されましたが、あの辺りを通るとたくさんの廃棄物があったり、建物や垣根に水位のあとが残っていたりと災害の爪痕が残っている状態です。

 

  自然災害や雨量などで何十年に一度の○○という言葉を最近よく聞きますが、以前の基準では何十年に一回でももしかすると、これからは頻繁に起こりうることなのかもしれません。

 ※火災保険の中で水災や風災などのリスクが年々高まっているため、長期の火災保険が最長の加入期間が36年から10年に、来月から改定されます。

 また、昨年は地震保険の料率の見直しがあったばかりです。


 先日、お付き合いしている職人さんから現調してくれと依頼があり、常総市内のお家を見てきましたが、お庭から約1m30cm位に水の跡がありました。(床上浸水していました)

 これを(水災の)保険加入がない方が治すとなると、その大変さたるや想像がつきません。


 決壊の当日、娘は学校が休校でしたが、もし登下校中だったら・・・、自宅が浸水してしまったら、

※私の家には水災のプランをつけておりません。

 また非常食や燃料の備蓄など、今まで以上に災害に関して考えて、準備して行かなくてはと、とても考えさせられました。

 

 最後に、あの日の後、お客様や職人さんから心配頂くお電話を何件か頂きました。

 お気持ちありがとうございました。

 以上、どんぐりの家リフォーム館でした。