直感を大事にしたい

人からしたら、くだらなくてつまらんもの、だとしても(◡ ω ◡)


なんとなく、自分も「なにやってるのかなこれ」という習慣がひとつあって

朝ドラの感想をウォッチすること
昼ごはんを食べながら、職場のデスクで見てる
(だいたいYahoo!のニュースに連動してる)


もともと朝ドラ好きな友達と実況することや、家族で朝ドラを話題にすることはあって

今猛烈に面白いよね、とか、ちょっと時代考証おかしくない?とか、この会話の流れ違和感ない?とか
内々の感想はあった


面白さの理由を共感したい
自分の感動を、他の人の具体的な言葉を借りて重ねたい
と思っていたのはあったのだけど

なんか、、
ちょっと、ん?と思う展開になると、それからネガティブがずっと抜けなくなる
ネガティブが盛られていく


いや、これに関しては、自分の中の確実な疑問が元になっているから、払拭出来る出来ないは、一番は自分のジャッジに拠るのだけど…


そういう状態で他の人の感想を見ていると

矛盾や違和感そのものを否定したがる輩
絶対的な肯定しかしない輩
はなから作品への感情に偏重があって、感想に公平もくそもない輩

否定や肯定と戦う人々がいて
面白いもつまらないも扇動される世界があるだけだった、、


私、何してるんだろ?
面白いもつまらないも、自分の価値観や感性が決めることなのに?

自分の中の面白いを盛り上げたい
疑問は疑問で曖昧にしたくない、なかったことにしたくない

これを確認する意味ってあるのかな?
たぶんないよね…


自分の感情や感覚を確認する作業をいつから始めたんだろう

いつから自分の価値観に他人をのせるようになったんだろう


人と意見が一致すれば安心で、一致しないと間違いなのか?
意見が同じだと多数派で、一致しないと少数派なのか?
それが分かったところで、何の得があるんだろう

こんなことを考えたのは、面白いことが失われていくこと、好きだったものが好きでなくなること、この境ってなんなんだろ

と思ってからなんだよね( ・ั﹏・ั)



自分の面白いや楽しい!を無駄に無くしたくないな

楽しい時間を感じられるモノを持っていられるというのは、何にも興味が持てない状態よりとても尊いと思う

だから、この時間をどう扱うか?
要らん詮索はせずに、自分の価値観を信じて過ごして行きたいなと思ったんだよね



(・ω・)つ⊂(・ω・)

DDONはクソゲーという評価の原因は分かっていたけど、私はとても好きだったし、でもクソゲークソ運営は認める
自分にとって価値があればそれだけで良かった


ドーントレスも、世間的にはモンハンのパクりでしかないのかもしれないけど

少なくとも私は、かなりきちんと遊べる“アクションゲーム”だと思ったよウインク


この要素がクソ、あれがクソ

それはさておき無知で上等、ぐらいのゆるい関わり方で遊んでいきたいと思ってます(๑•﹏•)

幼少の時はクソゲーでもクソゲーと知らず遊んでたし、後にクソゲーと知っても良い思い出だったものですw


知る自由もあるけど、知らない自由もあると思うんだよね

360度ネットばっかりの世の中になってるけど、改めて、ネットとの距離を考えながら、一年過ごして行きたいなと思ってます

ブログは辺境として、10年前から変わらずある趣味の場として、いられたらなと╰(*´︶`*)╯