忘年会に出たくない

のニュースが出ていて、人は口々に

あんなの無駄だ、意味がない
仕事の関係なんて仕事だけの付き合いだ
プライベートを邪魔するな

と忘年会の否定に走っている


私が思ったのは、

そんなにイヤで、そんなに出たくないなら
断ればいいんじゃない?
断り続ければ誘われなくなると思うし


出たくない人が無理して出て、それでヘイトが高まって忘年会自体が悪、みたいな風潮で社会通念を否定したいのかな?


飲み会の良し悪しは別として
文化を壊していった先って何も残らないよね


みんな自由、みんな縛られない
個人の尊重はわかるけど、最近そればかり叫ばれてて、いろんなことが離散していって、今の何も残らない消費とコスパだけの虚しい世の中が出来てるんじゃない?と思う




自由だけど、寂しい
寂しいから、寄り添いたい
寄り添いたいけど、人との距離がわからない
わからないから諦める

そんなちぐはぐな訴求、アンバランスさ
承認欲求だけムクムクして、現実には相手と目も合わせられない


会社は仕事する場だから、仕事だけしてたらいい
これも世代間の価値観の差かもしれない

終身雇用の意識が強かった世代は、ずっと働いていくのに人間関係の構築は必要だった

でも終身雇用? いや、転職するし
な感覚だったら、人間関係も必要だと思わないかも


価値観が違えば意見も違うし、理解しあえない部分は必ずあるよね

そもそも理解しあえる人と必ず一緒になるわけではないのが職場なのだし、それでも仕事で関わらないといけなくなる場面も出てくる

この人、話しにくいな
この人、接しやすいな

ではそれをお互いに過ごしやすくするものにするには?が、宴会の席なのかな、とも思います


宴会以外にコミニュケーション出来るやろ!

って訴え、たぶん、それ以外に出来ていたら、宴会も楽しい時間が過ごしやすくなっているはず…(親しい同僚いたら、楽しいでしょ)



私は基本人と話すことは好きだし、みんなが笑っている場にいることで自分も幸せを感じます

職場もいろんな人がいるし、イヤな人はイヤ
嫌いな上司も、話したくない上司もいた
でも、面白い人ももちろんいた


自分が一日の大半を過ごす場所だからこそ、必要ない必要ないと削ぎ落とす前に、拾い上げたいなって思います