久しぶりにM-1見ましたが

テーマ:

※辛口です





言っていいですか?

途中のファミマ漫才してたフットボールアワーのネタが一番キレがあって、完成度が高かったです(真顔)

岩尾と後藤の温度は完璧



久しぶりに見て、自分が老いて感性が鈍ったのか、笑いの流行りについていけなくなってたのか、何にしても「これ決勝なんです?」って感想でした

上沼恵美子も言ってたね
松ちゃんや中川弟の表情を見て、察するものはありました


笑い飯が取る前までのM-1といったら、本物の漫才の掛け合いだけでしか勝てなかったし、勢いで取り繕って笑わすのはその場だけで、漫才の真価はネタの練り方と完成度がすべてだったなと思う

会場の空気まで味方につける、追い風というか
漫才に怒濤の流れが出来るあの感じ波


中川家も、チュートリアルもフットも、ブラマヨもサンドイッチマンも、みんな神がかった笑いが降りてきてたなーって思い出すサーフィン

それが、今回は全くなかったなぁ



ジャルジャルの天丼、一回目は面白い、でも決勝に持ってくるのはちょっとなぁ…
ツッコミの彼のリアクションが穏和でクスッときたw


和牛、申し訳ない、笑うところが一瞬もなかった。笑いではない、話術なだけだと思った
そんな高度な話が聞きたいわけではない

実直というか、真面目というか、誠実なお二人なんだろうけど…

クイズ番組で存在感が光るロザン宇治原が、漫才してもあまり…みたいな感じに、和牛の料理うまい側の方も料理においては器用で、漫才となると堅いなという印象で…


霜降りに関しては、唯一、過去のM-1としての笑いを取りに行っていたように思う
でも、他に勝てるコンビがいたら勝ってないと思う…ネタは粗かった


個人的には、タイムマシーン3号や流れ星なんかはもっと評価されてもいいのかなぁと思ってたりしますが、機会がないのかなぁ…