皆さま、こんにちは。

夏、真っ盛りという暑さですね。



今回は、

「保湿ケアに、わらべうたベビーマッサージが役立つ!」という話題です。



赤ちゃんの肌は、大人に比べて薄く、デリケートです 。


わらべうたベビーマッサージのレッスンに参加してくれた
赤ちゃんの中にも、お肌が弱かったり、
赤い湿疹が出来ていたり、


 皮膚科や小児科から塗り薬が出されているお子さんも
いらっしゃいましたね。



わらべうたベビーマッサージは、

 

保湿剤を塗るときなどにも使えますよ(^-^)




=☆=☆=☆=


我が子たちは皆、乾燥肌なのですが、
その中でも末っ子は、ドライスキンと医師から言われています。


数年前までは、
皮膚科でもらった保湿剤を、毎日塗っていました。



6歳頃から、肌の調子が改善してきて、

保湿剤は冬の時期のみ使用しています。


処方されていたのは、ローションや軟膏の保湿薬です。



あの頃は、肌のケアを怠ると、かゆいかゆい~の連発。




私が、わらべうたベビーマッサージを知ったのは、
末っ子が生後半年くらいのとき。


そして、保湿剤を塗るとき、
ベビーマッサージの手技が役に立つことに気づきました。


というのは、
(1)ベビーマッサージをする順番に保湿剤を塗ると、

全身に塗ることが出来る。

 

 

(2)ベビーマッサージで教わった、

力の入れ方(塗るときの手の圧力)が役に立つ。

 

 

 

(3)ベビーマッサージの手技を利用すると、
保湿剤を塗る時間を子どもが楽しみにしてくれる。

 


 

 

塗り薬を塗ることを嫌がるどころか、

楽しみにしていてくれるので、ママはとっても助かります。



補足をしますと、
(1)について、

 

ベビーマッサージは、全身をマッサージ出来るように作られている。

 

 

 

(2)保湿薬を塗る場合の、手の圧のかけ方は、
弱めの圧力でそっと行うことが望ましい。

 

 

月齢の小さいお子さんには、特に、そっとなでるように行う。

 


 

 

(3)「塗り薬を嫌がるお子さんが多い」とお聞きしますが、

ベビーマッサージを経験したことのあるお子さんは、
触れられることの気持ちよさに慣れているので、

塗り薬タイムのときも、大丈夫なお子さんが多いです。

 




保湿ケアを、

わらべうたベビーマッサージのうたに合わせて行い、

親子の楽しい時間に変えてみませんか。




秋、冬の乾燥した季節を迎える前に、


是非、わらべうたベビーマッサージを覚えてくださいね♪







【どーなつ丸ベビーマッサージ 世田谷区 

わらべうたベビーマッサージ・産後ダンス、わらべうた胎教マッサージ♪】



★当教室への

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://ws.formzu.net/fgen/S44433249/



















AD