こんにちは爆笑

3歳女の子ワーママのひよこですヒヨコ

夫の駐在で4年間台湾に住み、台湾で出産も経験。
帰国後は時短勤務でワーママしてます。
身長153cm/普通体型(産後ダイエット進まず(笑))のおちびママです。

クローバー3歳娘の子供服、おもちゃ、知育の紹介
クローバープチプラでも高見えする低身長向きなワーママ&休日コーデ
クローバーマンションですっきり暮らしやすい収納の工夫
クローバー簡単&時短料理とつくりおき



年度末、企業は新年度に向けて、組織変更があったり、
昇格が発表される時期ですね。


私の職場でも大幅な組織変更があって、
引き継ぎなんかもあるので、先週内々示を受けたりして、
ちょっと腑に落ちない組織変更で不安を抱えていたり、
モヤモヤした気持ちのある1週間だったんですが、
今日発表された人事に明るいニュースが爆笑

私には直接は関係ないんですけど…
職場の先輩ママさんが昇格したんです。





完全ワンオペで3児の保育園ママ

その先輩ママは、私より10歳ほど年上の方で、
私が今の会社を一度辞める前も数年間同じ職場でご一緒しました。


ちょうどその頃、育児休暇から復帰されたときで、
3歳の女の子と2歳の双子ちゃんを抱え、
旦那さんは忙しく、両実家は遠方という、
完全ワンオペで時短勤務されていました。


私はちょうど結婚したばかりで、毎日夕方になると、
物凄いスピードで退社してお迎えへ向かう姿や、
ランチしながら聞く子育ての話に、
働くお母さんってなんてパワフルで大変なんだとビビったものです(笑)




数年後、私もママとして職場復帰

それから数年経って、再入社した私が配属されたのが、
その先輩ママさんと同じ職場だったのです。

会社を離れている間も時々やり取りしていて、
会社に戻ることが決まったときも連絡し、
入社する少し前から話を聞かせてもらっていました。


お子さんたちはもう小学生になっていましたが、
完全ワンオペは変わらず、時短勤務も継続されていました。

そして、職位も5年前から変わらず。

「時短ママだし、昇進はやはりなかったのか」
とどこか残念な気持ちと当たり前なのかもという気持ちのどちらも浮かびました。


その先輩は元々はエンジニア。

育休から復帰された当時は、エンジニア関係の業務もありながらも、
事務的な業務が多く割り振られていて、
そのことに悩んでらっしゃる話もざっくばらんにしてくれていました。


それが、私が再入社する少し前から事務的な業務を専任で担当する方がアサインされて、
より付加価値を生み出す業務に比重がかけられるようになったそうなんです。


私が再入社したときも、職場の女性上司から、
「時短だからといって事務やサポート的な業務に終始するのではなく、
付加価値を生み出す業務を積極的に取りに行ってほしいし、
こちらからもアサインしたい」と言われていて、
それまでなんとなく会社の中に根付いていた、
「時短ママ=事務作業やサポート業務」
という考え方が変わってきているんだなと感じました。

※もちろん昔からそうでない人もいれば、
今もそういう考え方の人もしくは実態がそうというところもある。
 特にこの上司が女性だったというところも大きいと思うけど。



復帰後10年目、時短でも昇格

そんな中で、その先輩ママさんの昇格。

管理職ではないですが、これも今まで私が見てきた周りでは、
時短ママが昇格するには難しい職位。

その職位とママを両立している人もいるが、
それは妊娠出産する前にその職位に昇格した人で、
ママになってから、かつ時短しながら昇格というのは、
少なくとも私の周りではあまり聞いたことがありませんでした。


だから私もなんとなく今のままでは昇格ってないんだろうな〜と、
心の何処かで最初から半分諦めているような気持ちがあったのです。




「昇格したくないと思っていた」

これは昇格を聞いてから、その先輩ママと立ち話したときに聞いた話ですが、
先輩も正直なところ、同じように感じていた、
むしろ昇格して責任が出て、家庭に犠牲が出るなら昇格なんてしなくてもいいと思っていた時期もあったそうです。

これは私にとっては意外でした、
少なくとも先輩は、仕事に対して決して消極的なタイプではなく、
環境が許せば、バリバリ出世したいタイプかと思っていたからです。




人生のステージが変われば、仕事の仕方も変わる

でも、子供が小学生になって、昔ほど手がかからなくてなってきた数年前から、
自分のキャリア形成に目を向ける余裕が出てきて、
少し考え方が変わってきたそうなんです。


でも、そう思ったとき、どうすれば昇格できるのか、
10年近く時短を使って、今も時短中、
残業や出張もできるわけではない自分に昇格なんてできるのか、
そう思って上司に相談したところ、
人事部に社員のキャリアアドバイザーがいることを教えてもらったそうです。


うちの会社のキャリアアドバイザーは、外部の人ではなく、
会社の社員で元々人事部とは違う部署から異動してきた人が多く、
自身もキャリア形成を模索し、実行してきた人たち。


その中でも、先輩が相談したのは、やはり働くママのアドバイザーさんで、
これまでに何度も面談に行ったそうです。


面談内容までは聞いていませんが、そんな面談を通して、
これまでの「昇格しなくてもいい、自分には関係ない」という考え方が、

「人生のステージはどんどん変わる、
ステージが変われば家庭と仕事にかけられる比重も変わる、
その時々のステージに合わせて優先度付もキャリアも変えていけばいいんだ」

という考え方に変わったそうです。


↑の考え方と実際に先輩ママが昇格したことは、
私の考え方にも大きな変革を起こしてくれた気がします。



具体的には再入社もできて、これからキャリア形成していきたい気持ちもある、
時短で昇格できないなら、フルタイムに変えて昇格を目指そうか、
というキャリア上層志向

一方で二人目もほしいし、そもそもフルタイムになればまだ3歳の娘と過ごす時間も減るし、
生活リズムという点で娘にかける負担が大きくなるのは間違いなく、
それはしたくないという家庭優先志向



もちろん、今もこれからも家庭優先でいることには変わりないと思うんです。
どちら極端に二分される必要もないと思ってる、
でもこの2つの志向の間を揺れ動くんですよね…。


もし二人目を授かって育休でまた職場を離れ、
時短もしばらく継続ということになれば、
これから5年くらいは仕事にかけられるエネルギーは、
どうしても家庭より少なくなるし、
その頃にはもう会社の中では、キャリアアップしない側の人間になるんじゃないかと、
勝手に自分で思い描いて決めつけているところが、
なんとなくあったんです。


そんな考え方が、
「あ、二人目を授かろうが、まだまだ時短を続けようが、
何年先になろうが、それからキャリアアップを考えたって遅くないんだ」
と気付かされました。


それが当たり前だと考えている人もいるかもしれないけど、
始めからなんとなく育児が落ち着いた後では、もう遅いと諦めのような気持ちがどこかでありました。




時短ママが実力を認めてもらうには

とはいえ、その昇格もその先輩ママの実力が認められたからです。


アサインされてるチームが違うので、
細かく先輩の仕事を追っているわけではないのですが、
私が見た限り、先輩が評価されたポイントは、
積極的な情報発信でした。


部内に限らず、グループ外や海外支社への情報発信を、
様々な形で根気よく実施されていました。


これは部内では自分個人の活動を理解してもらうことにもなるし、
外から見ても組織としての価値を高めていくことになります。


情報発信の仕方も、
Webポータルや一斉メール、定期的なオンライン会議形式の共有会でブロードキャストに発信する方法と、
メールや電話で個別にフォローする方法を駆使して、
独りよがりではない情報発信をされているなと思いました。


出張に行って現地で詰めてやる仕事の仕方や、
残業で夜遅くまで時差のある国とやり取りする仕事の仕方もあるかもしれないし、
そうした方がスピードアップできることもあるかもしれない、
でも、出張に行けなくても残業できなくても、
コミュニケーションツールをうまく活用して、
自分や組織の価値を高めていくことってできるんですよね。


実はその先輩は4月から他の部署に異動してしまうんですが、
この半年強の間、そういった先輩の仕事を近くで見ることができたのは、
私にとってすごく有り難いことだったし、
私も自分なりのやり方を見つけて、
諦めずに家庭と仕事を両立させていきたいと思えた年度末でした。


写真は近所の公園の桜




ではではウインク


帰国してからゆるーく始めたポイ活コイン

↓登録やWebのお買い物でポイントが貯まるPOM
またまた3/31まで.moneyへの交換が20%増量中
新規登録の方はこちらのバナーからどうぞ


↓アメブロユーザにおすすめのポイぷる
.moneyへのポイント交換が出来て、
時々交換レートupのキャンペーンしてるので、
貯めておくとお得に交換できるかも!


↓楽天からのお買い物やその他ネットショッピングは、
こちらのポイントサイトを経由でポイントGET
ポイ活初心者な私が今のところ一番ポイント貯めやすいなぁと思っているポイントサイト。
アンケートも豊富だし、毎日歩くだけでポイント貯まりますウインク


新規登録&アンケート回答で40ポイント必ずもらえる‼

 

 

楽天roomもやってますラブラブ

 

子供服や子育てグッズ、ママコーデ服、雑貨類で、

気になるものや購入品をまとめてますウインク



↓低身長コーデ満載
にほんブログ村 ファッションブログ 小さいサイズへ