【台湾で育児】無料の室内遊び場(友善園) | ひよこゴト*台湾で育児&153cmプチプラコーデ♡

ひよこゴト*台湾で育児&153cmプチプラコーデ♡

2013年5月5日 入籍。秋にハワイ挙式・ICONIC銀座にて国内披露宴。
2015年9月に夫の転勤で台湾へ移住。
2017年1月1日に台湾で出産しました。

153cmのプチプラSサイズコーデ、おうちごはん、美味しい&可愛い台湾情報などをご紹介♡


テーマ:
こんにちは。
 
前回の記事からまた少し空いてしまいましたが、
以前よりいいペースで書けているかな?
 
 
さて、こちらで出会うママ友の中で、
有難いことに私のブログを見てくださっている方が想像以上に多く、
特に、台湾での妊娠・出産記録を検索で見つけてくださる方が多いので、
台湾での育児情報も少しずつ残しておきたいと思っています。
 
以前、台湾には(主に台北市内ですが)、
日本で言うところの児童館?対象年齢的には支援センターなのかな?
(台北)市政府が運営している、無料の室内の遊び場「親子館」があることを記事にしました。
 
 
台湾は夏は長く、冬は雨が多いのでなかなか公園遊びさせられないんですよね。
無料、有料含めて室内の遊び場が充実しているので、助かります。


 

親子館は少なくとも総面積100平米以上あるような広い遊び場なんですが、

台北及び周辺市内には、もう1種類小規模な無料の遊び場があります。

 

友善園と言って、これも市が運営している施設です。

 

あまり親子館も友善園もあまり新設しているイメージが無かったのと、

友善園自体はあまり台北中心地にはなかったので、

行く機会が少なかったのですが、

昨年12月に南京三民駅のすぐ近くに新設されたので、

雨の日に2歳の娘と遊びに行ってみました。

 

 

入り口。

 

 
今まで行ったことのある友善園は、地域の市民センターの中のワンフロアの一部とか、
エレベーターで入っていくようなところでしたが、
こちらは道路に面していて入りやすい。
 
外の入り口から覗くと、すぐに服務員の方が出てきて、
初めてか?とか、ベビーカーを置く場所、下駄箱などを案内してくれました。
 
ベビーカー置き場と下駄箱は、いわゆるガレージのようなところにあって、
ガレージでは車のおもちゃに乗って遊んだり、
植木や花に水をあげる学びができるそうです。
 
早速、車に乗る娘。
 
中に入ると思ったよりも広く、そして綺麗。
 
上の写真の奥に写っているのが入り口で、ガラス張りになっているので、
開放感もあるし、そのお陰で外の入り口から覗いた時に、気づいてもらえました。
 
 
写真を撮っている位置と反対側に、トイレやオムツ替えスペース、
飲食できる子供用のローテーブルと椅子もあって、
お昼とかおやつとか持ってきて、遊んだついでに食べさせていくにも便利そうです。
 
 
置いてあるおもちゃは、絵本や知育玩具系、ドールハウスなど、
体を動かすようなものはありませんが、
2歳になっていろいろ興味を持って遊べるようになった娘には、
すごく楽しかったみたいです。
 
 
 
 
 
おもちゃも新しいものばかりで、HapeやDjecoなどの可愛い海外ブランドのものもあり、
遊ばせているママも楽しい(笑)
 
 
おもちゃの他に工作できる材料なども置いてありました。
 
 
写真の奥に、ちらりと見えてますが、
ねんね赤ちゃんが遊べるスペースもあって、
ずっとお家じゃ息の詰まるねんね期のママさんたちにもオススメです。
 
 
こちらでもあるみたいですが、
他の友善園ではいろんなクラスを開講してるところもあるみたいで、
各友善園の場所や開館時間など、詳しくはこちらのHPをご確認ください。
 
 
 
上は親子館を利用登録や予約ができるHPで、
友善園についても、こちらのページに記載されています。
 
 
親子館は利用者が多いので、人気の場所は予約するのがオススメで、
予約するために利用登録が必要ですが、
友善園も予約できるところもあるみたいですが、
上記でご紹介したところは予約は要りませんでした。
 
友善園でクラスの開講をしているところは、
ウェブ予約できるようになっているみたいです。
 
 
 
 

日々の生活や台湾情報をUPしている、
インスタグラムのアカウントです↓
Instagram

ブログよりタイムリーに簡易情報をUPしてることが多いです(笑)




↓ぽちっとしていただけると、更新の励みになります!!


にほんブログ村

↑台湾在住の方発信の台湾情報が満載!

ひよこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ