アサド Book1攻略『千夜一夜の恋物語~ランプに導かれし運命~』 | 乙女ゲーム、はじめました

乙女ゲーム、はじめました

冷やし中華(早い)が始まるように乙女ゲームを!
日常を排除した乙女ゲームの乙女ゲームによる乙女ゲームのためだけの空間!

※2018年アーカイブ開設!
シークレットアクトレス、ビーストハーレム、ダイヤモンドガール、変貌カレシ、愛しのショコラティエなど!

どれを選択しても物語には影響はないようです。
 

Chapter1

素敵な人だと思う
とんでもないことをしてしまった←
 
男性から離れる←
男性の胸板に触れてしまう
 
「違います」←
「そうなのかも・・・・・・?」
「そうです」
 
ひどい扱いに怒る
ここまで怒る理由を不思議がる←
 
ほっとする←
警戒する
 
この世界について←
自分の国への帰り方について
 

Chapter2

確かに仕方がない←
あまりにも理不尽だ
 
気持ちはわかる
言いすぎだと思う←
 
ただものじゃないと思う←
治安の悪さに不安になる
 
「いい天気ですね」
「困っていることはありますか?」←
「昨日のことなんですけど・・・・・・」
 
「でも、お金が」←
「ちょっと派手」
 
エクストラシナリオ(ハニーストーン20)
 

Chapter3

元の世界に帰るためにがんばらなきゃ←

アサド様をほうってはおけない

 

想定外だった←

想像以上に厳重だ

 

「やっと会えたからです」←

「別に、していません」

「顔が見れたからです

 
エクストラシナリオ(ハニーストーン20)
 
きっと誤解がある←
真実を確かめたい

 

Chapter4

困る
楽しい←
 
悪い人じゃなさそう←
すべて警戒してたら疲れる
 
やっぱり危ない人・・・?
変なことじゃないよね・・・?←
 
訳ありっぽい←
ハッタリかも
 
アサドについてもっと知りたい(ハニーストーン20)←
ここでの情報収集は諦める
 
「がんばります」
「少し怖いだけです」
「ありえません」←
 

Chapter5

躊躇する
はっきり告げる←
 
どうして女性になったんですか?
巻き込んでしまって、すみません
なぜ気にかけてくれるんですか?←
 
「今までお世話になりました」
「心配しないで」←
 
後ろをついていく
アサドに手を引かれていく(ハニーストーン20)←
 
一安心する
警戒を緩めない←
 

Chapter6

逃げたほうがいい
まだ様子見でいい←
 
「話をそらすべき」
「前に進むしかない」←
「理由をたずねる」
 
それにしても・・・
この子、何者だろう←
 
賢い子だと思う←
変わった子だと思う
 
正体を隠したい←
女として危機を感じる
 
否定する
触って確かめさせる(ハニーストーン20)←
 

Chapter7

それなら仕方ない
本当にそうなの?←
 
(・・・意外だな)
(やっぱりちゃんとした人なんだ)←
 
彼の手を握る(ハニーストーン20)←
否定しようと試みる
 
あなたにとっては?←
それはいいことなの?
 
「もちろんです」←
「わかりません」
「・・・・・・きっと」
 
(助けてくれた?)
(助かった・・・)←
 

Chapter8

「そんな大それたことはできません」←
「ここに来たばかりで・・・」
 
「・・・・・・」
「・・・・・・うまく話せません」
「信じてもらえないと思います」←
 
この人も普通じゃない
シンドバッドの過去が気になる←
 
ハーディーの顔の広さに驚く
シンドバッドに同情する←
 
エクストラシナリオ(ハニーストーン20)
 
(アサド様に会いたい)←
(かわいそうなアミン・・・)
 

Chapter9

鋭い←
失礼
 
「アサド様の許すかぎりは」←
「毎日ではないですけど」
「そうなんでしょうか」
 
(アサド様にも食べてほしい)←
(アミン、喜んでくれるかな)
 
(聞いてない!)←
(誤解があった)
 
状況を整理しよう←
とにかくついていこう
 
エクストラシナリオ(ハニーストーン20)