ドイツ警察が小児性愛犯罪ネットワークを突き止め87000人の逮捕者が出る見込み

小児性愛犯罪ネットワークに対する捜査が世界のあちこちで行われています。今回はドイツです。ドイツ警察が闇サイトのアクセスに成功し、小児性愛犯罪に関与している87000人を逮捕する見込みです。
次はオランダ警察が突き止める番らしいのですが、日本はどうなのでしょう。これから世界中でさらに多くの逮捕者が出るのでしょうか。一日も早くこのような恐ろしいネットワークは解体すべきですし、世界中の子供たちをキチ害から守るべきです。
現在、小児性愛犯罪に対抗しているリーダーは、トランプ、ドゥトルテ、プーチンしかいないようです。
ですから残りのリーダーは単に腰抜け或は見て見ぬふりか、自分もそれに関わっている。かのどれかでしょうね。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/07/87000-child-sex-traffickers-busted-in-germany-us-media-silent-2482319.html
(概要)
7月9日付け

 
 
 

CSS-Offical-New-Logo2

children_in_prison 3
 

世界中で小児性愛犯罪(児童ポルノ、性的暴行、人身売買、殺人など)が横行しています。

 

ドイツ警察もまた、アリシアムと呼ばれるプットフォーム(2016年に開設された闇サイト)を介した小児性愛犯罪ネットワークの存在を突き止めました。この闇サイトを介して暗殺依頼も行われていました。この闇サイトには一般人がアクセスすることはできません。

 

ドイツ警察は昨年末から小児性愛犯罪ネットワークを運営する世界的な闇サイトを捜査していました。

 

この闇サイトを利用するには暗号化されたソフトウェアが必要です。闇サイトで共有されていた映像で、登録者らが児童に対して残虐な性的暴行や暴力を加えていたことが分かりました。

 

オランダ警察も小児性愛犯罪ネットワークの捜査を行っており、今後、世界的な事態に発展するでしょう。

 

ドイツ警察は、FBIは犯罪ネットワークに対する捜査に協力的ではなく、ドイツ政府が犯罪ネットワークを捜査し解体するために闇サイトにアクセスしようとするとFBIがブロックしてきた、と言っています。FBIはなぜ闇サイトの存在を隠そうとしていたのでしょうか。

 

我々が入手した大量の証拠資料によると、FBIは彼等の活動資金を増額するためにテロリストを創出しています。

 

この闇サイトには87000人のメンバーが登録されており、小児性愛犯罪における史上最大の逮捕者が出る見込みです。ドイツのメディアはこのことについて隠さず報道していますが、アメリカのメディアは一切報道しません。

 

アメリカの国務省のパンフレットにも小児性愛犯罪を思わせるような写真を掲載していますから、アメリカ国内で小児性愛犯罪が横行していることを物語っています。

 

トランプ大統領、ドゥトルテ大統領、プーチン大統領のみが世界的な小児性愛犯罪(性的暴行、人身売買、殺人)に厳しく対応しようとしているリーダーです。G20開催中にこのようなことが明らかになったのは単なる偶然ではありません。

 

 

 

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52011033.html