日本国を再生不可能にするTPPの方が自衛隊員の命よりも大事!

欧州でTTIPがひっくりかえりそうになっているのに、

米国でもTPP反対の渦なのに、

なぜ日本だけが一生懸命なのか?

自民党は国民は馬鹿だと思ってるのか?

ジャパンハンドラーズに早くしろとせっつかれてるのか?

ユダ金の候補クリントンの大統領不正選挙当選と歩調を合わせたいのか?w

【おかしいだろ、これ】防衛省幹部「TPP審議」に影響が出るかも知れないから「駆け付け警護」判断先送り

image_12930rr

TPP審議への影響回避=駆け付け警護、判断先送り

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する自衛隊部隊に、政府が「駆け付け警護」などの新たな任務を付与するかの判断を先送りしたのは、現地の治安情勢への懸念が残る中で進めれば、批判を浴びかねないとの判断がある。政府は今国会最大の焦点である環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議への影響を回避する考えだ。
 「TPP審議に影響が生じるようなことはしない」。防衛省幹部は12日、こう明言した。
 政府は当初、南スーダンPKOに関する実施計画について、現在の自衛隊部隊の派遣期限が切れる今月末までに、新たな任務を付与するか判断する方向で検討していた。
 しかし、南スーダンでは7月に内戦が再燃。政府は、自衛隊部隊が活動する首都ジュバの治安は「落ち着いている」(菅義偉官房長官)と強調するが、折しも稲田朋美防衛相が南スーダンを視察した8日には、ジュバ近郊で襲撃を受けた市民21人が死亡する事案が発生した。
 現地の治安が安定しない中、離れた場所で他国部隊などが襲われた場合に、武器を携行して救援する駆け付け警護を新任務として追加すれば、「拙速」との批判を浴びかねない。野党は「自衛隊のリスクが高まる」と指摘しており、政府対応について追及を続ける方針だ。
 政府は11月8日の米大統領選までにTPP承認案を衆院通過させる日程を描くが、南スーダンPKOに関する審議が割り込めば、TPP審議が停滞する可能性がある。「国会審議の足を引っ張れない」。防衛省幹部は国会の情勢を見極める考えを示した。(2016/10/12-20:10)

 

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101200843&g=pol

 

自民党に所属しているとユダ金の都合で自分の信念を曲げざるを得ません。これって信念のない政治家が多いということですよね。

 

「TPP反対で信念貫け!」 社民・福島瑞穂氏が稲田朋美防衛相にかみつく

社民党の福島瑞穂参院議員が13日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相に対し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に反対していた過去の言動を取り上げて「TPP反対で信念貫きなさいよ!」と声を荒らげる場面があった。

 福島氏は、稲田氏がかつて日本の核保有検討を主張いていたことも挙げ、「防衛相としての資格はない。辞めるべきだ」とも訴えた。稲田氏は「野党時代の発言だ」などと釈明した。

 

http://www.sankei.com/politics/news/161013/plt1610130032-n1.html